凍る炎 アナザーフェイス 5 (文春文庫)

著者 : 堂場瞬一
  • 文藝春秋 (2013年12月4日発売)
3.56
  • (24)
  • (75)
  • (97)
  • (7)
  • (1)
  • 本棚登録 :616
  • レビュー :64
  • Amazon.co.jp ・本 (433ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167787066

作品紹介・あらすじ

大友鉄、最大の危機――「燃える氷」メタンハイドレートをめぐる連続殺人事件。「追跡捜査係」シリーズの名コンビが大友鉄と共闘する特別コラボ小説!

凍る炎 アナザーフェイス 5 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 別シリーズの「刑事の絆」を読もうとしたら、本書の続編のような扱いなので、こちらを急遽手に取る。
    シングルファーザーで、刑事らしからぬユニークなキャラクターの刑事大友鉄のシリーズ。
    事件の解決が遅々として進まない状況のためか、著者らしくない、スピード感のないストーリーに興が乗らないまま終わるのかと思いきや、解決したかに見える最後の場面でがぜん思わぬ事態が勃発し、いやがうえにも「刑事の絆」に手が伸びる。

  • アナザーフェイスシリーズの第5弾ですが、今回は主人公の大友鉄が別々に発生した強盗未遂爆破事件と殺人事件が徐々に絡んでいき、背景に中国とロシアの組織が資源の利権を巡って絡むと言った壮大な事件でした。
    この事件を機に大友鉄は捜査一課に戻る決意を固めるのですが、最後のオチにとんでもない事件が待っていて、意味深な形へ次巻へ続くとなってしまいました。
    もう待ちきれないので次巻へ早速いきます!

  • コラボ作品だと聞いて期待して読み始めたのだが、多少リンクする場面もある・・・といった程度だった。
    何となく肩透かしをくらった気分だ。
    大友と一人息子・優斗との関係も、優斗の成長にしたがい徐々に変化してきている。
    少しずつだが自分の世界を持ち始めている優斗。
    相変わらず子離れができない大友。
    しかし、今回の事件を通して、大友は刑事としての本来の自分を取り戻していく。
    これまではやや強制されて捜査に参加していた姿勢が、自ら望んで捜査に取り組んでいく描写が何度かあった。
    本格的に復帰するのも近いのでは?と期待したくなる。
    そして、これも相変わらずだけれど女性記者が本当にイラッとする。
    ここまで強烈なキャラクターにする必要があるのかとも思うけれど、これまでの経緯を考えるとやはり彼女も必要な人物なのかもしれない。
    好きにはなれないけれど。
    ふたつの事件が互いに交錯し、捜査は次第に核心へと迫っていく。
    一応の決着を見届けたあとの大友に心境の変があったことは、読者としては単純にうれしかった。
    最後の1行には愕然とした。
    いったいこれはどうなっているんだろう?
    何が起きたのか?
    どうやら「警視庁追跡捜査係 刑事の絆」を読めばその後の大友を知ることができるらしい。
    「アナザーフェイス」ファンとしては読まないわけにはいかない。

  • テツさんがだんだん、父親だったり、妻を失って悲しい夫という立場から、ひとりの刑事として、男として、目覚めはじめてる。

    物語の内容的には難しかったな。。

    メタンハイドレートについてあまり詳しくなかったので勉強にはなったけどちょっと頭疲れた(^^)

    事件は思わぬスケールで大きくなり、その大きさの顛末には驚かされる

    いつものアナザーフェイスでは見られない、銃撃戦は手に汗握ったぜ

  • いつ読んだのか忘れちゃった…。期待を裏切ることなく面白かった、ということしか覚えてない。

  • 堂場さんファンにはたまらない、別シリーズとのコラボ。
    大友鉄の危機を追跡調査係でお馴染みの沖田、西川コンビが手助けする。

    私の場合、読む順番が前後してしまっていて、面白さが半減…

    2017.8.17

  • 何なんですか?この終わり方は?
    追跡調査係とのコラボという話だったので、あわててそのシリーズを読んだので、沖田さんや三輪さんのことが分かっててその点は良かったのだけれど。
    今回は大掛かりでしたね。そして冒頭にも書いたけどこの終わり方…
    大友さんは再婚するのか?とも匂わせてるし。
    刑事の絆を早く読みたいです。

  • ロシアンマフィア、中国人が経営している会社など海外の組織が事件に絡んでくる。
    どんどん事件の範囲が広がってきて、無事解決できるのか心配?していたら、後半であっさり解決。
    このシリーズは、家庭との両立という大友の所帯染みた姿が好きなのに、事件自体に現実味があまりなくて残念。

  • 面白くない!事件が面白くない!捜査も面白くない!種明かし急すぎるし、一課に戻ります、撃たれました、つづく、じゃひどいだろー。

  • 第5弾

全64件中 1 - 10件を表示

凍る炎 アナザーフェイス 5 (文春文庫)のその他の作品

堂場瞬一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
堂場 瞬一
有効な右矢印 無効な右矢印

凍る炎 アナザーフェイス 5 (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする