くすぶれ! モテない系 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.42
  • (36)
  • (71)
  • (82)
  • (31)
  • (8)
本棚登録 : 659
レビュー : 91
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167801236

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 鋭い女性の視点

  • この本を読むまで、
    自分はマイノリティだと思ってました。
    思いっきり私のことが書いてあって
    びっくりこきまろ。
    (モテナイ系では最年長の部類だわ)

  • う〜ん。作者は自身を含めた「モテない系」を卑下しているようで、実はモテるために努力している「モテ子」を見下しているとしか思えなかった。

  • 最近よく目にする「能町みね子」という名前。
    ピンクの髪をした人がその人だということはなんとなーくわかっていました。
    そして「オカマだけどOLやってます。」という本。
    これもなんとなく知っていました。だけど誰が書いたかは知らず。

    つい先日、テレビに能町さんが出ていて、著作として「オカマだけど…」が紹介されていて、やっと能町さんとその本がイコールでつながりました。
    能町さんがとても魅力的な人に見えたので、早速この本を買ってきました。

    な、なるほどなるほど。
    ブライス、そして岡田あーみん。
    当てはまる……当てはまりますぞ!
    能町さんが言う、他のマンガのセリフは忘れても、あーみんのマンガのセリフは覚えてしまってる、というのもすごく納得。
    私、今でも北野くんのセリフ、時々使うし…。

    あと、モテない系の人の好む色の話や、二都が東京と大阪でなく東京と京都だということも、わかるなあ、でした。

    「モテ人口ピラミッドとお互いの「狙い」の関係」はなるほどーでした。
    確かに、モテない系の男子はモテ系女子を狙うよなあ、それに対してモテない系女子は、まんべんなく狙うよなあ……。

    余談ですが驚いたのは久保ミツロウさんが女性だということ。

    私が行った本屋には能町さんの本がこれしかなかったのが残念。
    他のもの読みたいです。

  • いろいろ覚悟はしていたけれど、あまりにも当てはまる要素が多すぎて辛い…。辛すぎて★3

  • 2014/4/13読了

  • (285P)

  • 表紙に引かれて読んでみましたが、
    まさかのドクダミ(岡田あーみん氏へのオマージュ)だったとは!!
    冷静な分析にドキドキ、とりあえず
    「くるり・松本大洋・ラーメンズ」は覚えました。

  • モテない系!の定義わかりました。なるほど、なるほど。

    くるり、聞いてみました。良い感じです。スピッツ?系統ですか?

    私の周りにもいますね。モテない系。

    自分は圏外と言うこともわかりました~!

    どうりで!

  • モテない系代表として言わせてもらうと、この本のモテない系の甘さやばい。圏外系ではないのに、本当のモテない系女子とは、溢れまくる自意識とかがもつれにもつれた結果、なんか色々難義で厄介なことになって拗らせまくっている状態であり、こんな服装とか趣味とか軽い自意識とかそんな簡単な問題じゃない。

全91件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

北海道出身、茨城県育ち。文章やイラストの仕事のほうが多い漫画家。他称好角家。雑誌やネット媒体でコラムなどの連載多数。2006年、イラストエッセイ『オカマだけどOLやってます。』(竹書房)でデビュー。著書に『くすぶれ!モテない系』(文春文庫)、『ドリカム層とモテない系』(ブックマン社)、『逃北〜つかれた時は北へ逃げます』(文春文庫)、『「能町みね子のときめきデートスポット」略して能スポ』(講談社文庫)、『雑誌の人格 2冊目』(文化出版局)、『うっかり鉄道』(幻冬者文庫)など。『「能町みね子のときめきサッカーうどんサポーター」、略して能スポ』(講談社文庫)がサッカー本大賞2017の大賞を受賞。ラジオやテレビなどでも活躍している。

「2018年 『中野の森BAND』 で使われていた紹介文から引用しています。」

くすぶれ! モテない系 (文春文庫)のその他の作品

くすぶれ!モテない系 単行本 くすぶれ!モテない系 能町みね子

能町みね子の作品

ツイートする