くすぶれ! モテない系 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.42
  • (36)
  • (71)
  • (82)
  • (31)
  • (8)
本棚登録 : 659
レビュー : 91
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167801236

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 帯の「CanCamやViViを読めないすべての女子たちに捧ぐ」というコピーに惹かれて購入。
    モテない系の定義が自分に全て当てはまるわけじゃなかったけど、分かる分かる~な部分や、特定の個人が思い当たりすぎて笑えるところなど多数。
    「モテるために何かをする」ということにものすごく抵抗があるというのには、ものすごく共感した。

  • モテないふつうの女子たちについてのエッセイ、と思いきや、どう読んでもこれは「ある特定の文科系女子」しか指していない。後の対談でもそれを著者が明らかにしている。だからふつうのモテない女子については特に触れられていない、同じ立場の人なら共感して読めるのかな?

  • これ、私の取扱説明書といっても過言ではない!!!同じモテない系友人に強くオススメしたい一冊☆

  • モテない系としてあるあるネタを楽しむつもりだったけど、自分が「圏外ちゃん」なことに気づかされたっていう。

全91件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

北海道出身、茨城県育ち。文章やイラストの仕事のほうが多い漫画家。他称好角家。雑誌やネット媒体でコラムなどの連載多数。2006年、イラストエッセイ『オカマだけどOLやってます。』(竹書房)でデビュー。著書に『くすぶれ!モテない系』(文春文庫)、『ドリカム層とモテない系』(ブックマン社)、『逃北〜つかれた時は北へ逃げます』(文春文庫)、『「能町みね子のときめきデートスポット」略して能スポ』(講談社文庫)、『雑誌の人格 2冊目』(文化出版局)、『うっかり鉄道』(幻冬者文庫)など。『「能町みね子のときめきサッカーうどんサポーター」、略して能スポ』(講談社文庫)がサッカー本大賞2017の大賞を受賞。ラジオやテレビなどでも活躍している。

「2018年 『中野の森BAND』 で使われていた紹介文から引用しています。」

くすぶれ! モテない系 (文春文庫)のその他の作品

くすぶれ!モテない系 単行本 くすぶれ!モテない系 能町みね子

能町みね子の作品

ツイートする