月を鏡に―樽屋三四郎言上帳 (文春文庫)

著者 : 井川香四郎
  • 文藝春秋 (2011年11月10日発売)
3.58
  • (1)
  • (5)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :44
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (295ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167807047

作品紹介・あらすじ

借金を返せない武士が連れて行かれたのは寺子屋。「子どもたちを教えろ」という貸主の裏には幾重もの計画が蠢いて-町年寄・樽屋には今日も、江戸中から庶民同士の揉め事が持ち込まれる。若き当主・三四郎は『人は善なるもの』と信じて行動するが…。闇の町人組織・百眼と三四郎が江戸を守る!ますます熱いシリーズ第四弾。

月を鏡に―樽屋三四郎言上帳 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 樽屋三四郎言上帳4作目

    「五分の神」
    どんな悪人でも、教えられれば、天命が変じて善人となる
    勘助のは活躍が心地よく

    「阿弥陀の光」
    夫殺しで捕まった女が女牢に入ってから字を覚え、自分のアリバイを証明できる屋号の人を思い出し…

    無学故に罪を犯したものの学んだことで新たな生活を得て…

    良かった良かった

  • 町年寄 三四郎が信じる善根がわかる
    良い作品です

全2件中 1 - 2件を表示

月を鏡に―樽屋三四郎言上帳 (文春文庫)のその他の作品

井川香四郎の作品

月を鏡に―樽屋三四郎言上帳 (文春文庫)はこんな本です

ツイートする