小銭をかぞえる (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.65
  • (44)
  • (98)
  • (79)
  • (18)
  • (5)
本棚登録 : 633
レビュー : 102
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167815011

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 変わった雰囲気の本

  • 相変わらずのクズっぷり。長く付き合った女性の気が知れない。笑

  • ろくでもない。圧倒的にろくでもない男の話。西村賢太のろくでもなさが良質の文体で描かれる。なんだこの私小説は!?面白かったじゃないか!

  • 西村賢太の文章を読むと自分の中の嫌な部分に似たものを見せつけられて吐きそうになる。でも読むのを止められない。彼の怒りが爆発してしまうまでのプロセスが理解できてしまって辛い。ごめんって言ってくれたら、って部分が痛いほど理解できてしまって辛い。

  • 相変わらずの西村節。人が不快に思うこと、嫌がることをわかっていながら同居人に試していく底意地の悪さにドキドキしながら読むのがこの著者の小説の醍醐味か。

  • 他愛もないクズ男の話という意味合いで面白い。
    私小説ということもあり著者の顔を思い浮かべながらだとより楽しめる。
    解説を町田康が書いてるんだが、解説文読んでいたらまた町田作品が読みたくなった。

  • 同棲した女性が、ぬいぐるみ心酔し、徐々にそれが煩わしくなり主人公と口論、暴力へと発展し最終的には女性が大事にしていたぬいぐるみを引き裂き無残な結末を遂げる「焼却炉行き赤ん坊」と、自費出版の経費が必要となり、同棲した女性の父から金を借り、更には旧友からも金をせびる「小銭を数える」。両作とも無残な結末を迎えることになるが、女性への暴力、そして自分の描いている通りに行かず、苛立つ主人公の描写は素晴らしい。人間だれしも、暴力的な要素を持っているだろう。それを包み隠さず綴れる作者の敬意を表したい。

  • 二編続けて同棲中の恋人を攻撃(口撃)していたのでちょっと食傷気味です。

    あまりに身勝手な動機(自己中心的な思考)は滑稽でもあるものの、ただの未成熟なオヤジの文学的な日記になっているのが残念かな。

  • 町田康の推薦文に惹かれて
    初、西村賢太。
    さいてーの男すぎて
    むかつくけど 笑えてくせになりそう
    ほかのも読んでみよう

  • 犬のぬいぐるみを猫かわいがりする女へのいらだちと、不妊。
    金策に駆け回る。

全102件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

1967(昭和42)年7月12日、東京都江戸川区生まれ。中卒。新潮文庫版『根津権現裏』『藤澤清造短篇集』角川文庫版『田中英光傑作選 オリンポスの果実/さようなら他』を編集、校訂、解題。著書に『どうで死ぬ身の一踊り』『暗渠の宿』『二度はゆけぬ町の地図』『小銭をかぞえる』『随筆集 一私小説書きの弁』『人もいない春』『寒灯・腐泥の果実』『西村賢太対話集』『一私小説書きの日乗』(既刊六冊)『棺に跨がる』『形影相弔・歪んだ忌日』『けがれなき酒のへど 西村賢太自薦短篇集』『薄明鬼語 西村賢太対談集』『随筆集 一私小説書きの独語』『やまいだれの歌』『下手に居丈高』『無銭横町』『夢魔去りぬ』『風来鬼語 西村賢太対談集3』『蠕動で渉れ、汚泥の川を』『芝公園六角堂跡』『夜更けの川に落葉は流れて』『藤澤清造追影』などがある。

「2019年 『狼の吐息/愛憎一念 藤澤清造 負の小説集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小銭をかぞえる (文春文庫)のその他の作品

小銭をかぞえる 単行本 小銭をかぞえる 西村賢太

西村賢太の作品

ツイートする