小銭をかぞえる (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.65
  • (44)
  • (98)
  • (79)
  • (18)
  • (5)
本棚登録 : 633
レビュー : 102
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167815011

作品紹介・あらすじ

女にもてない「私」がようやくめぐりあい、相思相愛になった女。しかし、「私」の生来の暴言、暴力によって、女との同棲生活は緊張をはらんだものになっていく。金をめぐる女との掛け合いが絶妙な表題作に、女が溺愛するぬいぐるみが悲惨な結末をむかえる「焼却炉行き赤ん坊」を併録。新しい私小説の誕生。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  第4創作集。表題作と「焼却炉行き赤ん坊」という2つの中編を収めている。

     内容は、相変わらず。『どうで死ぬ身の一踊り』『暗渠の宿』同様、絵に描いたようなサイテー男である主人公(作者の分身)と、同棲中の恋人(「女」とだけ表記される)とのすさんだ暮らしの一コマがスケッチされたもの。
     そしてその中に、いつもの「清造キ印」ぶり(著者が「没後弟子」をもって任ずる大正期の私小説作家・藤澤清造の全集制作に傾ける、異様な情熱)がちりばめられていく。

     もはや、西村賢太の小説は『水戸黄門』のごとき味わいに達している。マンネリ上等。『水戸黄門』のファンが十年一日の「いつもの展開」を求めて番組を観るように、読者の多くも「いつもの展開」を期待しているのだ。

     黄門様が印籠を出す瞬間に相当するのは、主人公がブチキレて「女」を罵倒しまくる瞬間である。本書の収録作2編とも、期待どおり、主人公がキレる瞬間がクライマックスに置かれている。
     そんな場面に「カタルシスを感じる」といったら私の人格を誤解されそうだが、読みながら、「カタルシス」としか言いようのない感情が湧き上がる。

     「こんな陰惨な私小説が、なぜこんなに面白いのだろう?」と自分でも不思議になるくらい、本書も相変わらず面白く、一気読みしてしまった。

  • クズ男視点の生活の話。
    やってることはめちゃくちゃなのにそのロジックは妙な筋が通っていて余計に胸糞。
    朝の通勤時間に読むもんじゃなかった。それくらいリアル。

  • 文学

  • <blockquote>つまり、西村氏の小説は、体裁を整えないよい小説、という稀な小説なのである。</blockquote>という町田康(NOT 町蔵)の解説には「うん」と唸ってしまった。

    まったく体裁の悪い、ダメを抉らせた男の私小説。

  • どうしようもない屑男のどうしようもない話なのに、絶妙な可笑しさがある。屑男の思考の流れの中に、ごくごくたまに愛おしさを見出だしてしまうのも、なんだか癪だけど認めざるを得ない。

  • 変わった雰囲気の本

  • 相変わらずのクズっぷり。長く付き合った女性の気が知れない。笑

  • ろくでもない。圧倒的にろくでもない男の話。西村賢太のろくでもなさが良質の文体で描かれる。なんだこの私小説は!?面白かったじゃないか!

  • 西村賢太の文章を読むと自分の中の嫌な部分に似たものを見せつけられて吐きそうになる。でも読むのを止められない。彼の怒りが爆発してしまうまでのプロセスが理解できてしまって辛い。ごめんって言ってくれたら、って部分が痛いほど理解できてしまって辛い。

  • 相変わらずの西村節。人が不快に思うこと、嫌がることをわかっていながら同居人に試していく底意地の悪さにドキドキしながら読むのがこの著者の小説の醍醐味か。

全102件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1967(昭和42)年7月12日、東京都江戸川区生まれ。中卒。新潮文庫版『根津権現裏』『藤澤清造短篇集』角川文庫版『田中英光傑作選 オリンポスの果実/さようなら他』を編集、校訂、解題。著書に『どうで死ぬ身の一踊り』『暗渠の宿』『二度はゆけぬ町の地図』『小銭をかぞえる』『随筆集 一私小説書きの弁』『人もいない春』『寒灯・腐泥の果実』『西村賢太対話集』『一私小説書きの日乗』(既刊六冊)『棺に跨がる』『形影相弔・歪んだ忌日』『けがれなき酒のへど 西村賢太自薦短篇集』『薄明鬼語 西村賢太対談集』『随筆集 一私小説書きの独語』『やまいだれの歌』『下手に居丈高』『無銭横町』『夢魔去りぬ』『風来鬼語 西村賢太対談集3』『蠕動で渉れ、汚泥の川を』『芝公園六角堂跡』『夜更けの川に落葉は流れて』『藤澤清造追影』などがある。

「2019年 『狼の吐息/愛憎一念 藤澤清造 負の小説集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小銭をかぞえる (文春文庫)のその他の作品

小銭をかぞえる 単行本 小銭をかぞえる 西村賢太

西村賢太の作品

小銭をかぞえる (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする