終点のあの子 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.77
  • (117)
  • (287)
  • (193)
  • (24)
  • (6)
本棚登録 : 1932
レビュー : 239
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167832018

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • フォーゲットミー、ノットブルー…急行に飛び乗って遠くに行きたくなる気持ちが伝わってきた。どこか歯がゆい想いが残る。
    甘夏…評価はこの作品。急いだって時が来なければ空回りする。
    ふたりでいるのに無言で読書…人は中身が大切で、見かけはどうにでもなるし、すぐ飽きるのだ。
    オイスターベイビー…人と自分を比較しても無意味だし、ましてや人を見下すなんて傲慢な人間はいずれ人から見下される。

  • 2014.11.12.

著者プロフィール

柚木麻子(ゆづき あさこ)
1981年、東京都生まれの小説家。立教大学文学部フランス文学科卒業。2008年に「フォーゲットミー、ノットブルー」で第88回オール讀物新人賞を受賞し、2010念二同作を含む初の単行本『終点のあの子』を刊行。2014年に『本屋さんのダイアナ』で第3回静岡書店大賞小説部門受賞。2015年『ナイルパーチの女子会』で第28回山本周五郎賞受賞、直木賞候補に。2017年『BUTTER』で直木賞候補。2019年、『マジカルグランマ』が第161回直木賞候補となる。

終点のあの子 (文春文庫)のその他の作品

終点のあの子 (文春文庫) Kindle版 終点のあの子 (文春文庫) 柚木麻子
終点のあの子 単行本 終点のあの子 柚木麻子

柚木麻子の作品

ツイートする