春は昔 徳川宗家に生まれて (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.80
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (357ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167838348

作品紹介・あらすじ

徳川宗家から会津松平家に嫁いだ女性の大正昭和の記録音楽やスポーツが得意で、社交界のスターに。戦中は一転、家事と育児に追われ辛苦をなめるがくじけない。ある徳川家の女性の回想記。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 松平豊子(1913~1999 享年86)著「春は昔」、2012.12発行(文庫)。徳川宗家17代家正の長女、会津松平分家の松平一郎と結婚、次男恒孝(つねなり)は養子として徳川宗家を継いだ。今は「家柄」という言葉も実態も薄れてきたものと思いますが、江戸時代の大名で明治に華族となった超上流階級の家に生まれた女性の家系の説明、家族の説明、本人の回顧録です。今様に言うと、エンディングノートといえるのかもしれません。私にとっては汎用性は少なくそれほど面白い話ではなかったです。さっと一読しました。この種の本は、書き手の人柄によって色合いが大きく変わりますね。

  • 著者は、徳川慶喜の曾孫で、会津・松平容保の孫に嫁いだ人物。1913(大正2)年生まれで、昭和30年代までを振り返る。
    父親が島津から妻を迎えたのは天璋院篤姫の主張に添った、とか明治・大正の話は興味深い。
    かつて(実家である徳川)家で使っていた言葉として、「追加する」ではなく「御加増する」と言っていたというのは、これもしかして将軍家ジョークの一種なのだろうか?
     
    しかしまあ、家柄のよろしい方々は戦中戦後も何とかなった様子がうかがえる。
    昭和20年8月9日に「ついこの間まで夜はともかくごはんに何かお魚か肉に切れ端でもつけられたが、その形式は崩れ、明日も朝からおじゃがを食べる」と記している。とはいえ、御殿場に疎開していて、近所に住んでいる秩父宮妃(義妹)との縁であれこれ貰い物をしていることを書き記している。

  • 徳川宗家に生まれた筆者が子孫のために日記をまとめたもの。戦争などで徐々に庶民化していく話は元将軍家ということを考えると侘しさも感じる。また、逞しさも感じる。それでも戦中は庶民より良い生活を送っておられたことがよく分かる。女中がいて、御殿場に疎開して近所の人から食べ物をもらったり、近くに住む皇族にご挨拶にいってご馳走になったり。

全3件中 1 - 3件を表示

松平豊子の作品

ツイートする