いざ志願! おひとりさま自衛隊 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.74
  • (15)
  • (37)
  • (22)
  • (7)
  • (0)
本棚登録 : 230
感想 : 24
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (330ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167838430

作品紹介・あらすじ

酔った勢いで応募した「よびじほ(予備自衛官補)」。全身あざだらけの戦闘訓練、土砂降りのなかの匍匐前進、おまけに催涙ガスの実体験もしてしまう、女子による驚きと笑いの体当たり体験記。文庫版では予備自衛官にはじめて招集のかかった東日本大震災など、勤続6年を越えた著者によるスペシャル2章追加。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 予備自衛官補(ヨビジボ) 34歳未満
    自衛隊 27歳未満

    軍隊の階級
    将、佐、尉、曹、兵
     大、中、少
     曹長、軍曹
     准尉
     伍長、兵長、上等兵

    自衛隊の階級 16階級
    将、佐、尉、曹、士
    (将、将補、1佐、2佐、3佐、1尉、2尉
    3尉、准尉、曹長、1曹、2曹、3曹、士長、1士、2士

  • 知名度の低い予備自衛官補について実際に入隊した体験、50日間の過酷な訓練を描く。自衛隊に対する暖かな視点が何よりの魅力。

    27歳、酔った勢いで応募した予備自衛官補の試験。まさかの合格から過酷な訓練。普段体験できない自衛隊の過酷な訓練について面白おかしく描く。あまり顧みられることのない自衛隊員の日々の努力について、実際の体験から肯定的に語る。マニアでない一般人の視点が良い。

    発砲から25キロ行進など、厳しい40日の訓練を通じて筆者の心も成長していく過程は感動的。

    災害派遣など自衛隊の話題を見た多くの人に自衛隊の姿を本書を通じてもっと知ってもらいたい。

  • 今まで知らなかった「予備自衛官補」についてだったり自衛隊についてだったり、とても読みやすかった。
    ただ、ちょっと文章のクセが強いなって…。

  • 作家?の女性がひとりで自衛隊に潜入するルポ。
    現在、災害等に対して守っている自衛隊だが内部の事はまったく分からなかったが、
    本書では分かり易くしかもユーモア感ありで記されている。現在の安保の問題でも自衛隊は板挟みになってしまっているが、戦争はしない・抑止力としての安保という考え方は大賛成だ。自分の国及び大切な人を守るためのの武力は必要ではないか。

  • 表紙のイラストとご本人が・・

  • 普段あまり意識することのない自衛隊を女性目線でやわらかく紹介。男が気付かないところに目が行き届いていて女性のしたたかさを感じる。自衛隊というどこかお堅いイメージをまるで感じさせないのが狙いなのだとしたら大成功。脱線した話の方が面白かったりして、でもしっかり中身は詰まっていた。
    新入社員の研修で自衛隊に体験入隊した記憶が蘇った。自衛隊は平時は遠い存在だったりするけれど、実は災害発生時に一番に駆けつけてくれる重要な存在。常に人命と結びついているのだから相当なストレスだと思うのに、縁の下の力持ちに徹する姿に脱帽します。

  • 予備自衛官のことが解る 一冊。
    空砲の威力にびっくりした……。SDFヌードル、美味しそう。

  • 酔った勢いで資料請求し、30手前にして予備自衛官補になってしまった著者。そこから50日間の訓練を受け、予備自衛官になるまでの体験と、自衛隊への熱い想いが詰まっている。文章が軽妙でわかりやすいし、押し付けがましくないのが良い。一冊一気に読んでしまった。

    宿舎での生活から実弾射撃まで、実際にどのような訓練が行われているのか知ることができる。自衛官や予備自衛官の心構えには頭が下がる思いがする。そして戦争に絶対反対だからこそ、過酷な訓練が必要だし、それが全く無駄になることを心から願っているという気持ちが伝わってくる。

    文庫版では東日本大震災で初めて現実になった、予備自衛官招集についても触れられている。

  • しょうもな・・

  • 文章は読みやすくて軽い感じですが、予備自衛官という一般的には知られていない制度ががよくわかります。というか私もこの本を読むまで知らなかった。
    著者は酔った勢いで申し込みをして受験し合格→採用→予備自衛官補→訓練→予備自衛官となり毎年所定の日数の訓練を続けているそうです。
    自衛隊内でしか買えないカップラーメンや年度末になると各自トイレットペーパー持参でトイレに行くなどコミカルな話から東日本大震災での初の予備自衛官召集など真面目な話も取り扱っていて最後まで楽しく読めました。
    著者の自衛隊への愛のあふれる文章もよかったです。

全24件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

フリーライター/陸上自衛隊予備官/防衛省オピニオンリーダー。
1977年、福岡県生まれ。同志社大学工学部中退。陸上自衛隊予備自衛官補(一般)に志願し、50日間の教育訓練を経て予備自衛官に任官。全国の陸海空自衛隊各部隊を取材し「女子高生にも分かる国防」をモットーに執筆活動を行う。著書に『いざ志願!おひとりさま自衛隊』(文春文庫)、『誰も知らない自衛隊のおしごと~地味だけれど大切。そんな任務に光あれ』(扶桑社)がある。

「2020年 『自衛官になるには』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岡田真理の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×