花の鎖 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.67
  • (310)
  • (708)
  • (595)
  • (125)
  • (16)
本棚登録 : 5915
レビュー : 575
  • Amazon.co.jp ・本 (357ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167860011

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 湊かなえさんの話は、怖いミステリーというイメージやったけども、これはちょっと違う感じ。
    いや、十分怖いですけどね。人間のエゴがなし得るところが。。
    けれど、それよりも三代続く祖母母子の愛情が迫ってきます。
    それと前田さん!!
    前田さんについてもっと書いてほしい!!

    読まれる方は一気読みをおすすめします。
    その方が人間関係が分かりやすくなりそう。。途中で関係図書きたくなりました。

  • 雪、月、花の3つの話の主人公の女性からなる物語。
    最初はどうつながるのかなーと思いながら読んで途中からメモをつくりながら待てよ待てよと考えて自分の中で仮の相関図を作成してきっとたぶんこうだ、と考えてみた。
    読み進めるとやはりそうなっていき3つの物語は時代が変わっていて3人の主人公は祖母、母、娘であることがわかりました。
    様々なヒント(娘の話ではケータイがあるがそれ以前はケータイが出てこない、きんつば、登山が好き、等)が散りばめられていて綺麗に伏線が回収されている話と感じました。
    また読みたいと思える本でした。

  • 「花」「雪」「月」の異なった三つの話かと思いながら読み始める。
    中盤から
    ん?
    えっ?
    あら?
    あららら?
    と全ての話が気持ち良いくらいに繋がっていく。
    「K」の正体よりもそういう形で繋がったという事の方が衝撃&感動しました。
    読んですごく良かった本の一冊です。おすすめです。

  • 湊かなえ著の中で1番面白かった。
    相関図を書きながら読んだ本は初めて。
    読み進めるごとにどんどん結末が気になってきて
    ハイスピードで読んでしまった一冊。

  • どういうことなんだろう、誰なんだ、と思いながら読み進めて、途中で少しぼやっと全体像が見えてくる感じでした。
    久しぶりに湊かなえさん作品を読みましたが、やはり面白いなと思いました。
    ただ、過去に読んだ作品に比べると湊かなえさんの定番というか、イメージにある人間の心のどす黒い感じは薄かったな、という印象でした。

  • 時系列の違う物語が同時に進行していくので、最初は少し戸惑ってしまった。
    けれど、登場人物をしっかりと把握した後は混乱することなく読むことができた。
    人とはなんて哀しい存在なんだろう。
    誰かの幸せを妬み、誰かの成功を羨み、どこかで失敗することを望んでいる。
    どんなに上手く取り繕って他人の成し遂げたものを奪ったとしても、それで自分に才能が生まれるわけじゃない。
    結局は奪ったもののレベルに到達することなく、才能の差を実感しながら生きていくしかない。
    老いてなお後悔の日々を送るような人生はごめんだ。
    平凡でもいい。自分の人生を歩きたいものだ。
    湊作品にはよく身勝手な人間が登場する。
    絶対に共感できないような、言葉の通じない人間が・・・。
    人の痛みには鈍感なのに、自分の不幸にはひどく敏感な人たち。
    紗月の決断は正しかったのだと思う。
    助けても助けなくても後悔するなら、助けて後悔するほうがいい。
    例えどんなに許せない相手だとしても、助けようと思えば助けられるのに見殺しにしてしまったら、今度は自分自身を許せなくなってしまいそうだから。
    美雪、紗月、梨花。三世代の女性が抱えてきた哀しい記憶は、真実が明らかになったことで少しは薄らいだのだろうか。
    卑怯な手段で成功を手にした人たちには一生わからないであろう苦しみは、1枚の絵によって浄化されたのだと信じたくなる。
    人はひとりでは強く生きられない。
    傍で寄り添ってくれる人がいてこそ強くなれるのでは?と思う。
    記憶の中にいる大切な人は、いつどんなときでも、美雪を支え続けていたのだろう。
    湊作品なのに毒はほとんどない。
    それでも、引き込まれる何かがある物語だった。
    構成がやや複雑で読みにくい人もいるだろうけれど、1枚の絵に託した思いを見届けてほしい気がする。

  • 3人の女性の話が交互に出てくるので、どこでこの3人は交わるんだろう…と思っていたら、まさかの繋がりでした。

    湊かなえさんの作品は面白いんだけど、読後がどうしてもモヤモヤするので最近は避けていましたが、やっぱり面白いですね。

  • 3.5
    きんつばか食べたくなる話。

    一見バラバラに見える3つの物語が次第につながっていくのが心地よかった。主人公と周囲の人の関係性があたたかいのが好き。

    結末は完全なハッピーエンドとはいえないが、きれいにまとまってて爽やかな気分になった。

  • 読み始めは3人の女性の個々のドラマだったが、きんつば、抽象画家の香西路夫といったキーワードで、しだいに繋がっていく。ついつい物語のトリックに心奪われて読み進めてしまうが、描かれているのは3人の女性の強い生きる覚悟、生き様であった。八ヶ岳の最高峰赤岳に登る道中での告白や、「コマクサ」を見つけたときの場面、最後に香西の絵を見つめる場面が心に残った。

  • 世代や環境の異なる3人の女性の物語が、最後につながっていく。
    共通するのは、母と娘、登山、花、きんつば。
    ちりばめられたヒントをたぐれば、なるほど。

全575件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

湊かなえ(みなと かなえ)
1973年、広島県生まれ。武庫川女子大学家政学部卒。
2005年に第2回BS-i新人脚本賞で佳作入選。2007年には第35回創作ラジオドラマ大賞受賞、「聖職者」で第29回小説推理新人賞を受賞し小説家デビュー。読んだ後に嫌な気分になるミステリー「イヤミス」の優れた書き手として著名。
「聖職者」から続く連作集『告白』は、2008年、「週刊文春ミステリーベスト10」で第1位、「このミステリーがすごい!」では第4位に選ばれ、2009年、第6回本屋大賞を受賞。デビュー作でのノミネート・受賞は、共に史上初。2012年「望郷、海の星」で第65回日本推理作家協会賞(短編部門)、2016年『ユートピア』で第29回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。ほか、直木賞で度々候補になっており、2018年『未来』で第159回直木賞に3度目のノミネート。同年『贖罪』でエドガー賞候補となった。
映画化・ドラマ化された作品多数。特に映画では、2010年『告白』、2014年『白ゆき姫殺人事件』、2016年『少女』、2017年『望郷』と話題作が多い。

花の鎖 (文春文庫)のその他の作品

花の鎖 単行本 花の鎖 湊かなえ

湊かなえの作品

ツイートする