花の鎖 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.67
  • (310)
  • (708)
  • (595)
  • (125)
  • (16)
本棚登録 : 5915
レビュー : 575
  • Amazon.co.jp ・本 (357ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167860011

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 泣けました。
    湊かなえさんの作品は、後味悪かったりモヤモヤ系が多いので、まさか泣くとは思わなかった。
    途中、頭の中で関係図がごちゃごちゃになるけど、それもまた面白い。
    湊かなえさんの作品の中で1番好きかも。

  • 注意:この本のネットでの検索は必ず読後に!
     途中でついしたくなっちゃうけど、ネタバレすると勿体ない。読み終わると3つの話が全て腑に落ちます。
     途中で微妙にヒントも散りばめられているので、2度読みにも向いてます。相変わらず上手いし大好きな作家です。
     ところで焼きたての’’きんつば’’とか見たことない

  • 素敵なお話だった。
    一言一言に色彩を感じました。
    湊かなえの描く物語は、書き方が面白いなと「告白」を読んだときに思いましたが、今回好きな作家さんになりました。
    思えば、一緒に生活してきたけれど、親子•家族って知らない事柄が多いのかもしれない。色々考えさせられるお話だった。
    何年か経ったらまた再読したいです。

  • すっかり湊ワールドにハマりました。途中から「ん?」といくつか伏線に気づいたけど、最後まで飽きさせずに、読ませます!!
    おすすめで~す!!

  • 頭が悪いのでなんどもちょっとずつ前に戻りながら読んでいました。最後に全てが繋がった時は、こういうことか!と感嘆しました。全てを知った今もう一度読みたい。湊かなえさんにはいつも驚かされます。

  • 3人の繋がりが途中まで分からず、雪月花の言葉でやっと繋がりがわかった時にはいろんな発見があり前後を思わず読み返させずにはいられませんでした。美雪、紗月、梨花の想いが確実に感じ取れ、感動的ではあるが、複雑な気持ちで読み終えました。果たして紗月のような決断ができるのだろうか、と。以前の湊さんの作品のテーマでもあった、因果応報。ここでも最後にはそのような事が起こるので、改めて自身の行動に身が引き締まる思いでした。

  • 「花」「雪」「月」の異なった三つの話かと思いながら読み始める。
    中盤から
    ん?
    えっ?
    あら?
    あららら?
    と全ての話が気持ち良いくらいに繋がっていく。
    「K」の正体よりもそういう形で繋がったという事の方が衝撃&感動しました。
    読んですごく良かった本の一冊です。おすすめです。

  • 湊かなえ著の中で1番面白かった。
    相関図を書きながら読んだ本は初めて。
    読み進めるごとにどんどん結末が気になってきて
    ハイスピードで読んでしまった一冊。

  • 湊さんの小説は暗い、というイメージがありましたが、これはそうでもなく、辛くなることなく読めました。一番好きです。
    最後に至る、あー、そっか!そっか!の連続と構造に感動しました。タイトルも秀逸。
    二度目読みたくなる本です。

  • 今日ご紹介するのは湊かなえさんの「花の鎖」という一冊。

    [あらすじ]
    物語の舞台は地方都市から在来線で30分の田舎町。
    有名な画家がひところ生活をしていた事があるというのが有名なぐらいで、
    それ以外には際立って目立つような特徴があるわけではない町。
    そんな静かな町にあるアカシア商店街は駅前から住宅街に抜ける場所に位置しているため、
    昼間でも買い物をする人でそこそこ賑わっている商店街だった。
    そこで生活しているのが両親を亡くし仕事も失った矢先に祖母がガンで入院した梨花。
    優しく有能な夫と職場結婚したものの子供ができず悩む美雪。
    母一人子一人ながら水彩画の講師をしつつ和菓子屋でバイトする紗月。
    三人がそれぞれに花と和菓子に縁を持ちながら、
    それぞれの悩みや苦悩に向かって行く中で、
    彼女たちの三人の人生に大なり小なり関わってくる謎の男「K」。
    三人が謎の男「K」の招待を知る時に驚きと感動に包まれた真実が明らかになる。

    この物語は三人の女性がそれぞれ主人公として登場し、
    同じ商店街を中心としてそれぞれの苦悩を解決するために行動します。
    彼女たちに共通しているのは花と芸術と和菓子、
    そして商店街で彼女たちを見守ってくれる人々。

    彼女たちそれぞれの物語が終結を迎える時に、
    読者は思いがけない伏線と意外な事実を知る事になりますが、
    それも読み終わってからもう一度読み返したくなるような素晴らしい伏線です。

    秋の夜長に読みふけるにはピッタリの一冊。
    そして読後の感動もまた最高の一冊です。
    オススメですよ。

著者プロフィール

湊かなえ(みなと かなえ)
1973年、広島県生まれ。武庫川女子大学家政学部卒。
2005年に第2回BS-i新人脚本賞で佳作入選。2007年には第35回創作ラジオドラマ大賞受賞、「聖職者」で第29回小説推理新人賞を受賞し小説家デビュー。読んだ後に嫌な気分になるミステリー「イヤミス」の優れた書き手として著名。
「聖職者」から続く連作集『告白』は、2008年、「週刊文春ミステリーベスト10」で第1位、「このミステリーがすごい!」では第4位に選ばれ、2009年、第6回本屋大賞を受賞。デビュー作でのノミネート・受賞は、共に史上初。2012年「望郷、海の星」で第65回日本推理作家協会賞(短編部門)、2016年『ユートピア』で第29回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。ほか、直木賞で度々候補になっており、2018年『未来』で第159回直木賞に3度目のノミネート。同年『贖罪』でエドガー賞候補となった。
映画化・ドラマ化された作品多数。特に映画では、2010年『告白』、2014年『白ゆき姫殺人事件』、2016年『少女』、2017年『望郷』と話題作が多い。

花の鎖 (文春文庫)のその他の作品

花の鎖 単行本 花の鎖 湊かなえ

湊かなえの作品

ツイートする