円卓 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.87
  • (215)
  • (283)
  • (217)
  • (37)
  • (8)
本棚登録 : 2399
レビュー : 302
  • Amazon.co.jp ・本 (201ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167861018

作品紹介・あらすじ

二〇一四年、芦田愛菜主演で映画公開決定!三つ子の姉をもつ琴子は、口が悪く偏屈な小学三年生。周りの価値観とぶつかり、悩み考え成長する姿をユーモラスに温かく描く感動作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 私が読む小説の中の人たちは、グレーだったり、パステルカラーだったり、透明だったりする人が多い。けれど、これは読んで数ページで頭の中にビビッドな色が次々と飛び交う。なんか....いきなり道頓堀に放り出されたような。

    こっこの世界と関西弁のテンポに引き込まれて、半日で読み切ってしまった。

    近頃は、自分の大学留学当初の英語が話せない、カッコ悪い記憶さえ忘れてるのに。ずっと、ずーっと忘れていた小学校のことまで思い出してしまった。孤独や、人からかわいそうと思われることに憧れること。集会の時に貧血で倒れる人がなんだか羨ましかったな(結局一度も倒れることはなかったですが。) .

    ウオークインクロゼットは、入ってゆくタンスやで.

    と、ジャポニカ学習帳に筆圧高く書くこっこが愛おしすぎる。どんなにいきがっても、孤独がっても、結局周りの人には「かわいー」と言われてしまう、そのイラつきも。

    なんだかいろんな感情を思い出してしまう小説だった。でもとても好きだった(あと中学生にして姑と言われる玉坂部長も。)

  • 「地下の鳩」「通天閣」に続いて西加奈子さん3冊目。
    ぜんぜん違う趣でびっくりした。すごいなあ西さん。いや西さま。
    だけど共通して、答えの出ない感情や矛盾しているようでど真中な心と行動の一致や、悪そうに見えて実は哀しみを感じている登場人物の表現がベースに流れている。
    大笑いしながら読んでたのに、じわじわと考えさせられ、そしてほろりと涙が流れてしまった。心を点で刺すような作品ではなく、ほっぺたを両手ではさまれ口がとんがるまでぎゅう~とされたような作品だった。

  • 楽しかったわーー。
    映画も観たいので探してみよう。

  • 西加奈子作品で良くある、子ども目線世界観。相性が良くないときもあるんだけど、本作はばっちり嵌った。オモロい!

    津村記久子の解説に書かれていることが、まんま「それ、それな!」なんやけど、ほんまいつの間にやら遠い昔に失ってしもた子供ならではの視点感性が、この作品には溢れていて、「こう見えたよな」「そう感じたよな」「世の中ってそうやった」みたいな気付きがいっぱい詰まっている。

    薄い本やのに密度が濃いのは、これぐらい濃くて、でも分量としては少ないのが、こどもの感性であり生きてる世界だからなんだと思う。

    そういや、大人になってから「遊ぼう」と誘うと、呑みだったりスポーツだったり観劇やアミューズメントだったり、なにがしか明確な目的が伴う。子供の時って明確な何かが無くても「遊ぼう」が出来たよな。あれができなくなったってのも、子供の感性を失ってしまったからなんやろなぁ。
    え、お前が大人を語るなって?

    うるさいぼけ

  • これまた西加奈子ワールド
    解説にもあるがキャラがほんと個性的でいい
    主人公のこっこがまたいい
    この物語が200ページくらいのボリュームで
    終わってしまうのがほんとに惜しいです
    三つ子のひとりだけ名前のバランスが違うって
    いうのもまたなんかよかった

  • 3年と年長の子供育てながら
    読んだから!うちの子の頭の中
    にもいっぱい色々浮かんでるん
    やろなぁ!「うっさいぼけ」
    そんな事言うてきたら
    泣くまで「うっさいぼけやと」
    ってせめてやる。負けへんど

  • おもしろくてテンポよく読めた。ことこ達が大人になった話も読んでみたい。

  • さすが西先生!

  • 西加奈子さんの書く小学生はすごくいい。

    私にもあんな頃があったんだろうか。どうだったのだろうか。すっかり忘れてしまったけど、あんなんだったら、よいな。

    限りなくゴシック体に近い力強い字体、そのままのこっこちゃんがいい。

    彼女を見守るナイト役が、ハンサムだけど好色なハーフの男の子ではなく、優等生で人望もある学級委員の子でもなく、寿老人をこよなく愛する幼馴染のぽっさんであるのもいい。

    とにかく、西加奈子さんの書く小学生は、私にはNo1。
    次点は、万城目学さんの「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」

  •  初めて西加奈子を読んだ。面白かった。
     個性的な子どもたちと彼らを育てる大人たち。
     ぽっさんは素敵やな。月夜のシーンは感動的。

     うるさいぼけ。

全302件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

西加奈子(にし かなこ)
1977年、イランのテヘラン生まれ。エジプトのカイロ、大阪府堺市で育つ。関西大学法学部卒業。雑誌「ぴあ」のライターを経て、2004年『あおい』でデビュー。
2007年『通天閣』で織田作之助賞大賞、2011年咲くやこの花賞、2013年『ふくわらい』で第1回河合隼雄物語賞、2015年『サラバ!』で第152回直木三十五賞を受賞。
その他代表作として、宮崎あおい・向井理出演で映画化された絵本『きいろいゾウ』、同じく映画化された『円卓』、20万部を超えるベストセラー『さくら』、本屋大賞ノミネート作『i』など。2020年初夏、『さくら』が映画化決定。プロレス好きとして知られる。お気に入りの本は『アントニオ猪木詩集』。

円卓 (文春文庫)のその他の作品

円卓 単行本 円卓 西加奈子

西加奈子の作品

円卓 (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする