いとしいたべもの (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
4.09
  • (67)
  • (62)
  • (34)
  • (4)
  • (3)
本棚登録 : 1003
レビュー : 93
  • Amazon.co.jp ・本 (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167901080

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「あぁ〜っ!」
    幸せである。深夜、仕事机ですする〈どん兵衛〉は、なんておいしいのだろう!


    森下さんによる美味しそうなイラストに美味しそうな表現。正統派のオムライス、たい焼きの「みみ」、どん兵衛のおあげの最後の一口、カステラと牛乳…どれも身近な食べ物ばかりだから余計に想像できるし、お腹が空いてくる。

  • たべものに関するエッセイ。

    たべものの味には、思い出という薬味がたっぷりついています。という言葉は読んで納得。

    確かに食べるたびに思い出す記憶があるたべものがたくさんあるなぁ…。

    特に胸がキュンとなったのは「七歳の得意料理」。親の視点も子供の視点も今だから理解できる。

    たべものの描写がみずみずしくて、湯気や食感まで迫ってきます。うっかりサッポロ味噌ラーメンを買ってしまいました。

    食欲はとどまることなく、今年の夏はエロスを感じるたねやの本生水羊羹をいただいてみたいと思っているところです。

  • 森下さんの豊かな人生が垣間見れます。

    わたしにとってのいとしいたべものってなんだろうと考えたとき思い浮かんだのは(あまり料理の得意でない)母が作ってくれていた炊き込みご飯でした。

    ということは、子ども時代の食べ物が、そのひとにとってのいとしいたべものということなのだな。わたしが作るごはんのなにかが、わたしの子どもたちにとってもいとしいたべものになってくれるといいなぁ。

  • この本を知ったのは、前回読んだ日日是好日の本を読んでとても良かったので、この本を手にして読みました。
    普段、感心しない食べ物や食べたことない食べ物が出てきたりして、森下典子さんの例え方がとても面白く1日読んでしまいました。この食べ物は、かなり昔からあるんだとか、パン(メロンパン)の話では、共感したりして、楽しく読めました。一話一話に絵が書いてあり、私も食べてみたいと思うところがたくさんあり、これは、お腹が空いている時は、あかんなぁと思いながらスラスラ読めました。
    普段は、スラスラって言うか、私はかなり飽き性なのでバラバラと読みますが、この話は、ドンドン次が気になり、止まらなくなりました。
    森下典子さんの作品は、小説って言うか、エッセイみたいで良かったです。
    新しい小説が出たら買いたいですねー

  • 食べ物への愛が溢れ出ている最高の読み物でした!
    「ううん、噛まなくて結構よ。あたくしの方から参ります。」という羊羹の口触りの表現に惚れました。エロス。
    たべものっていとしい

  • これはまた懐かしい昭和の香り…
    私は、こんなに子供の頃の舌の記憶を文章に描けない。
    味や、鼻孔に染みわたる風味、食感、あるいは、食物を刻む擬音まで、秀逸だ。

    あと、味わいのあるイラスト…
    とりわけ、液体の“照り”が素晴しい。
    皿のちょっとしたゆがみの手書きイラストっぽさもいい。
    …こんな絵が描きたいな。

  • 思い出の味っていいな。
    挿絵がやさしい色合いで文章によく合っている。
    森下さんにこの仕事を依頼した会社は素敵だ。

  • 食べ物が本当に美味しそう。
    同世代なので、食べ物の思い出が重なる。
    そうそう、我が家もカレーはハウスのバーモントだった、ラーメンはサッポロ一番だったと美味しさも蘇る。
    挿絵も懐かしを三割増しにする。
    もう一度片っ端から食べてみたい。

  • 美味しそうなイラストも著者が描いて『前世への冒険 ルネサンスの天才彫刻家を追って』を読んでいると、前世の記憶なのかなと思ってしまう。著者と同じ関東育ちなので、紹介している食べ物もそうそうと頷くことが多くて楽しかった。横浜在住の伯父のお土産は崎陽軒のシウマイで、東京で購入の同商品より美味しかった。感想を書いていても唾液腺を刺激。

  • すき。
    どれもこれもおいしそうで身近な、
    グルメでもなく健康食でもない食べ物たち。
    これはこれで、落ち着くんだよなあ。
    本ができあがるまでのストーリーもすてき
    (あとがきにあり)

著者プロフィール

森下典子(もりした のりこ)
1956年生まれのエッセイスト。『週刊朝日』のコラム執筆を経て、1987年その体験を記した『典奴(のりやっこ)どすえ』を出版。代表作『日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ』は、大森立嗣監督・脚本、黒木華主演により2018年10月13日映画化され、樹木希林の遺作ともなり、大きな話題となった。他に、『いとしいたべもの (文春文庫)』『猫といっしょにいるだけで』などの作品がある。

いとしいたべもの (文春文庫)のその他の作品

いとしいたべもの 単行本 いとしいたべもの 森下典子
いとしいたべもの Kindle版 いとしいたべもの 森下典子

森下典子の作品

ツイートする