いとしいたべもの (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
4.09
  • (67)
  • (63)
  • (35)
  • (4)
  • (3)
本棚登録 : 1018
レビュー : 94
  • Amazon.co.jp ・本 (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167901080

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「あぁ〜っ!」
    幸せである。深夜、仕事机ですする〈どん兵衛〉は、なんておいしいのだろう!


    森下さんによる美味しそうなイラストに美味しそうな表現。正統派のオムライス、たい焼きの「みみ」、どん兵衛のおあげの最後の一口、カステラと牛乳…どれも身近な食べ物ばかりだから余計に想像できるし、お腹が空いてくる。

  • たべものに関するエッセイ。

    たべものの味には、思い出という薬味がたっぷりついています。という言葉は読んで納得。

    確かに食べるたびに思い出す記憶があるたべものがたくさんあるなぁ…。

    特に胸がキュンとなったのは「七歳の得意料理」。親の視点も子供の視点も今だから理解できる。

    たべものの描写がみずみずしくて、湯気や食感まで迫ってきます。うっかりサッポロ味噌ラーメンを買ってしまいました。

    食欲はとどまることなく、今年の夏はエロスを感じるたねやの本生水羊羹をいただいてみたいと思っているところです。

  • 森下さんの豊かな人生が垣間見れます。

    わたしにとってのいとしいたべものってなんだろうと考えたとき思い浮かんだのは(あまり料理の得意でない)母が作ってくれていた炊き込みご飯でした。

    ということは、子ども時代の食べ物が、そのひとにとってのいとしいたべものということなのだな。わたしが作るごはんのなにかが、わたしの子どもたちにとってもいとしいたべものになってくれるといいなぁ。

  • この本を知ったのは、前回読んだ日日是好日の本を読んでとても良かったので、この本を手にして読みました。
    普段、感心しない食べ物や食べたことない食べ物が出てきたりして、森下典子さんの例え方がとても面白く1日読んでしまいました。この食べ物は、かなり昔からあるんだとか、パン(メロンパン)の話では、共感したりして、楽しく読めました。一話一話に絵が書いてあり、私も食べてみたいと思うところがたくさんあり、これは、お腹が空いている時は、あかんなぁと思いながらスラスラ読めました。
    普段は、スラスラって言うか、私はかなり飽き性なのでバラバラと読みますが、この話は、ドンドン次が気になり、止まらなくなりました。
    森下典子さんの作品は、小説って言うか、エッセイみたいで良かったです。
    新しい小説が出たら買いたいですねー

  • 食べ物への愛が溢れ出ている最高の読み物でした!
    「ううん、噛まなくて結構よ。あたくしの方から参ります。」という羊羹の口触りの表現に惚れました。エロス。
    たべものっていとしい

  • これはまた懐かしい昭和の香り…
    私は、こんなに子供の頃の舌の記憶を文章に描けない。
    味や、鼻孔に染みわたる風味、食感、あるいは、食物を刻む擬音まで、秀逸だ。

    あと、味わいのあるイラスト…
    とりわけ、液体の“照り”が素晴しい。
    皿のちょっとしたゆがみの手書きイラストっぽさもいい。
    …こんな絵が描きたいな。

  • 思い出の味っていいな。
    挿絵がやさしい色合いで文章によく合っている。
    森下さんにこの仕事を依頼した会社は素敵だ。

  • 食べ物が本当に美味しそう。
    同世代なので、食べ物の思い出が重なる。
    そうそう、我が家もカレーはハウスのバーモントだった、ラーメンはサッポロ一番だったと美味しさも蘇る。
    挿絵も懐かしを三割増しにする。
    もう一度片っ端から食べてみたい。

  • 美味しそうなイラストも著者が描いて『前世への冒険 ルネサンスの天才彫刻家を追って』を読んでいると、前世の記憶なのかなと思ってしまう。著者と同じ関東育ちなので、紹介している食べ物もそうそうと頷くことが多くて楽しかった。横浜在住の伯父のお土産は崎陽軒のシウマイで、東京で購入の同商品より美味しかった。感想を書いていても唾液腺を刺激。

  • すき。
    どれもこれもおいしそうで身近な、
    グルメでもなく健康食でもない食べ物たち。
    これはこれで、落ち着くんだよなあ。
    本ができあがるまでのストーリーもすてき
    (あとがきにあり)

  • 箸休めに。とてもお腹が空きました。
    美味しそうなたべものの思い出と、素敵なイラスト。
    森下さんとは生まれた年代は違えど、懐かしい気持ちになります。
    ごはんやおやつを食べることが、愛しくなる一冊です。

  • 初めてエッセイを読んだ。短い話の中で言いたいことがはっきりと詰まっていて、共感できるものが多かった。
    特にメロンパン、カレーパン、崎陽軒のシュウマイ弁当の話は印象深かった。

  • イラストとエッセイで綴るおいしそうな食べものと思い出の数々。
    この人の描く食べものは本当においしそうで、本当に好きなんだなと実感できる。

  • 食べ物エッセイです。
    挿絵付ですぐにでも食べたくなるものばかりでした。
    個人的には新宿中村屋の揚げたてカレーパンが食べたい
    です。

  • 面白かった!ではなく、美味しかった!が正しい感想であると思います。食べ物のそのものの味だけでなく、その場の雰囲気、誰と食べているか、などの思い出が調味料になって味が表現されます。この作品では著者の食べ物にまつわる思い出がエッセイとして書かれています。文字だけで料理する時の音、食感、匂い、味などが伝わることには驚きです。オムライスのとろとろ感は凄まじかった・・・唾液が止まりません。この本に出会えて良かったです。ご馳走様でした。

  • 初めての森下さんのエッセイ。
    物凄く良かった。読んでいるだけで一緒に食べているような幸せな気分になる。分かる分かるって思ったりふふふって笑っちゃったり。無性に塩鮭が食べたくなった。南アメリカ大陸が美味しそうだなんてはじめて思ったよ。一番美味しいところはホーン岬ね。ふふふ。
    そして、一言添えられたイラストが何とも食欲をそそる。しかもご本人が書かれているなんて。素敵すぎる。
    ご馳走様でした。
    森下さんの他の物も読みたいと思います。

  • 森下さんの味覚の表現はすごくわかりやすくて共感しやすかった。絵もかわいくてほっこりできて和んだ。食べ物エッセイは阿川さんのばかり読んで来たけど森下さんの方がより近い感じがして読んでいてお話しているみたいで楽しかった。また森下さんの話を読んでみたい。

  • 読み終わりました!

    読んでいて、とっても楽しかったです♪
    お腹がすきそうになりますね(〃゚σ¬゚)ジュルリン..笑

    味は味わえないけど…
    目で文章を読んで、想像を膨らまし
    目でイラストを楽しむ。。という要素が
    詰まっているのがイイですね♡♡


    どの食べ物も見ていて美味しそうでワクワクしました!
    懐かしいものや知っている食べ物
    知らない食べ物まであって楽しかった(〃^^〃)

    こういうエッセイ大好きです!!
    ほっこりしますね。。

    メロンパンのお話切なかったな…


    崎陽軒のシウマイ弁当。。美味しそう(〃’σ`ゴクッッ..

    タヌキのような土鍋かわいかったです////
    こういうお鍋本当にあるのかな…
    あったらぜひ!買いたいものです♡



    私も『半殺し』『皆殺し』と書いてある
    おはぎを見たことあるけど、
    こういう意味だったんだなと分かったり
    知恵とか発見…色んなことが分かる本でした!^^




    あとがきに「おいしさ さ・え・ら」は現在も連載中で…と。。
    【現在も】と書いてあったので
    読んでみたくなりましたo((〃∇〃))o








    本文にこんな言葉がありました。
    『たべものの味にはいつも、思い出という薬味がついている……。』


    本当にそのとおりだなぁ~~と
    私も色々と思い出してしまいました゚+.(*ノωヾ*)♪+
    苦い思い出、楽しかった思い出。。

    食べた瞬間に思い出す感覚が好きです
    あの味だ~
    あの時食べた味に似ている…そして思い出す


    そんな感覚。。

  • できたてオムライスにケチャップをかける鮮やかな一瞬、あつあつの鯛焼きの香ばしい香り・・・ひと口食べた瞬間、心の片隅に眠っていた懐かしい思い出が甦る――だれもが覚えのある体験を、ユーモアに満ちた視点と、心あたたまる絵でお届けする、23品のおいしいエッセイ集。
    普段エッセイはあまり読まないんですが、やはり食べ物をおいしく描ける人ってすごいですよねえ。小説も書いてくれないかなーなんて。絵もご本人としては初めてらしいのですがびっくりするくらい温かみのある素敵な挿絵になってます。まず表紙絵にほっこりした気持ちになりますね。様々な食べ物について思うままに語る内容も、ああ分かるなぁと思うこと多々ありで懐かしさがつまってます。ああ、メロンパン食べたくなってきた。

  • 味わうこと、つくること、そして、成熟すること。じーんときて。また、わんわん泣いてみたくもなり。最後にはしーんとした心を味わうことができる素敵なエッセイ。たべもの以外で置き換えることはできない、またとない感情の数々。『日々是好日』もそうであったが、美しく、楽しく、端正な日本語。挿絵も森下さんのものと知って嬉しい。なにせ絵にも釘付けだったものですから。

    ラーメン
    水羊羹
    芋ようかん
    茄子
    シウマイ弁当
    おはぎ
    ……あーん、この人生をかみしめる。

  • おいしそうで、あたたかくて、素敵な本だった。
    身近で誰もが食べたことのあるモノは味を思い出しながら、まだ食べたことないモノは味を想像しながら、ニヤニヤ読みました。

  • あ~わかるぅ~。って感じで読みました。
    大人になったらすきなだけ 食べようと思ったり。
    夜中の誘惑だったり。
    食べ物に対する思いっていろいろありますよね。
    同じ年代なだけに時代風景もうかんできて わかる!わかる! わたしもそうだった。と とてもお腹がすきました(@0@)
    メロンパンは今では中にクリームが入っているんですよね。
    イラストもとってもすてきでした。

  • 著者の食品に対する愛というのが凄い。私は食べる事も作る事も大好きでこの本を読んでいるだけで食べたい!作りたい!という衝動に駆られてしまった。エッセイで紹介されている食べ物たちは昔は食べていたが現在は食物アレルギーで食べる事ができない。サッポロ一番味噌ラーメンの味が口の中で広がった時、懐かしさと悔しさで半泣き状態。著者の描き方がリアルという事もあり、味を思い出しては涙目になる。著者は幼少期から舌が肥えており、このように味を説明できるのだろう。表紙のメロンパンを眺めていたら食べたくなってきたので作ろう。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「食べたくなってきたので作ろう。 」
      メロンパン、、、買って帰ろう(食べたくなっちゃった)。そして貰い泣き。。。
      「食べたくなってきたので作ろう。 」
      メロンパン、、、買って帰ろう(食べたくなっちゃった)。そして貰い泣き。。。
      2014/05/22
    • 610@活字中毒さん
      この本を読むと食欲が湧いてきます
      これも食べたい!あれも食べたいといった感じになってしまいました
      この本を読むと食欲が湧いてきます
      これも食べたい!あれも食べたいといった感じになってしまいました
      2014/05/22
  • 食べものと共に蘇る思い出の数々を自筆のイラスト付きで描いた面白エッセイ。著者の名前に見覚えがあると思ったら、なんと『典奴どすえ』を書いた方だった。

    オムライス、サッポロ一番、カレー、おはぎ、などなど、庶民的な食べものを題材に悲しい思い出、楽しかった思い出が描かれている。イラストもなかなか良い。

    『はじめに』を読み、これは心して読まねばならぬエッセイだなと感じた。読みながら、自分自身の思い出も蘇り、懐かしさと切なさを覚えた。

  • 面白くて、共感できて、たまに泣ける、おいしいお話が23品。カステラのお話が一番好きで、私が抱くカステラの気持ちを代弁してくれていて、一文読む度に「そうそう!私もそう思っていたの!」と。舟和のいもようかん、たねやの本生水羊羹を食べたい、2015年。

  • 食べ物にまつわる筆者の思い出が、心地よく伝わるエッセイ。素直に素敵な文章が紡がれていると思う。
    筆者自身によるイラストも「たべもの」の思い出を感じさせる雰囲気がよく出ていて、本文と合わせた一体の作品として欠かせない。色使いも含めて、素敵なセンスを感じた。
    昨今の孤食が増える環境では、このような体験が少なくなっていくと思うと、とても悲しい。

  • 食べ物を口に入れるとき、きっと人は、その日その時の気分や印象も一緒に食べている。

    わたしにも食べると記憶が蘇る食べ物、というのがある。それはだいたい小さな時の記憶で、これから先、ずっと忘れることはないだろうと思う。

    食べ物を本当に愛しそうに書かれている本作も読んで、これからも食べ物とその時の記憶を大切に生きて行こうと思えたし、自分の生んだ子供にも、小さな時の食べ物の記憶を大切にしてほしいと思った。

  • くさやをアントニオ・バンデラスにたとえるだなんて、失礼やけど、言い得て妙!水羊羹食べたい。
    ごちそうさまでした。

  • 懐かしい記憶が蘇った。栗まろ食べたい〜。

著者プロフィール

森下典子(もりした のりこ)
1956年生まれのエッセイスト。『週刊朝日』のコラム執筆を経て、1987年その体験を記した『典奴(のりやっこ)どすえ』を出版。代表作『日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ』は、大森立嗣監督・脚本、黒木華主演により2018年10月13日映画化され、樹木希林の遺作ともなり、大きな話題となった。他に、『いとしいたべもの (文春文庫)』『猫といっしょにいるだけで』などの作品がある。

いとしいたべもの (文春文庫)のその他の作品

いとしいたべもの 単行本 いとしいたべもの 森下典子
いとしいたべもの Kindle版 いとしいたべもの 森下典子

森下典子の作品

ツイートする