ヤクザと原発 福島第一潜入記 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.15
  • (4)
  • (14)
  • (18)
  • (5)
  • (5)
本棚登録 : 150
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167901264

作品紹介・あらすじ

原発はヤクザにとって「最大のシノギ」暴力団専門ライターが作業員として福島第一原発に潜入したルポ。そして用地買収や作業員派遣で原発に食い込むヤクザの実態を暴く。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ヤクザ記者が原発作業に従事した(するまでの記述も多いが)先入ルポ。

    比婆山麓旅行中に一気に読了。

    寝屋川事件の容疑者といい、訳あり従業員が多い印象あり、またこういったスキマに入り込むのがヤクザなので、驚きは無かった。

  • 原発と暴力団の関係を追ったルポ。周辺と1F潜入取材。原発村が地域共同体を丸呑みすることで彼らは原発をシノギにできている。地方は同族意識が強いから丸抱えしやすく都合が悪いことを隠蔽しやすい利点もある。土地や箱物、人夫を通じて稼ぐのは土木業と同じ。現場作業員の情報弱者っぷりが怖かった。

  • 「闇営業」という言葉でヤクザさんの本が目につき再読。
    ヤクザさん、なくならないよ。必要悪だもん。
    しかし、終章読むとため息しかない。
    最近、福島第一の報道、見かけません。

    汚染されている事に、私達は気づかされたとしても、何もできない。化学の技術の発展を祈るのみです。

    潜入ルポしてくれたから読めましたが、お身体大丈夫何でしょうかね?

  • まさに体を張った原発潜入ルポです。

    最近、トンと汚染水処理の話を聞きませんが、凍土壁が無駄になって以降、海に流し放題が続いているのでしょうか?
    その一方で、疎開者が放射線汚染でいじめられたり、福島沖周辺の魚介類への危険性などをあおったりという問題は散発的に耳にしますが・・
    これだけの大事故が起きながら、結局だれも責任を取らず、従って第2第3の福島事故が起こりうる可能性は消えず、原発行政の無責任体質だけは温存されています。
    原発もそうですが、放射線廃棄物の処理場やら沖縄の米軍基地などやっかいもの誘致には大金が動き、その金に群がる「汚れ仕事」専属のヤクザが暗躍するようになりますが、ある意味、彼らのような存在が無ければ汚れ仕事を引き受ける人材を確保することさえむつかしいのも事実です。
    国も政治家も地元も企業も必要悪だとわかっていても持ちつ持たれつの関係性を絶つことができない。
    吉本芸人の闇営業は非難されても、ヤクザの大きなシノギとなっている原発営業にはダンマリ・・というかむしろ許容しているというダブルスタンダード。

    民主党政権下で起こった大惨事でしたが、あの時点で国家が行った情報統制は正しかったのか(大本営発表前になぜか外国企業がいち早く国外退去していたこと、水素爆発、放射能の拡散経路の発表など)などの検証はもっときちんとすべきですが、日本人の悪い癖、喉元過ぎれば熱さを忘れるが当たり前のように繰り返されている現実はやはり問題です。

    私が読んだのは、2014年の文庫版ですが、2011年12月に単行本としていち早く発表された本書に敬意を表します。

  • 鈴木智彦『ヤクザと原発』読了。
    以前読んでいたのだけれど、とある読書法を試す為に再読。

    あの原発事故ですらシノギとして取り込もうとするヤクザ。
    その節操の無さには呆れるが、それがシノギとして成立する裏には地方都市ならではの閉鎖性と役所とヤクザとの関係性が…

    何だ、池田敏春監督の『人魚伝説』や黒木和雄監督の『原子力戦争』で描いていた内容は事実だったて事じゃない‼️

  • 暴力団関係の取材を得意とする著者が、実際に福島第一原発での作業員として現場に潜入し、その実情を伝えたノンフィクション。福島第一原発の現場作業への作業員派遣絡みで暴力団がいかに関わっているのかという点に著者が着目して、実際に自ら作業員として雇用されて現場に入ります。
    暴力団との関わりに関しての記述は書名の割に少なく、それよりも本書の読みどころは2011年の夏ごろの福島第一原発で働く作業員の日常や、作業の様子です。
    作業を進めるために形骸化する除染のルール、作業員に現場の状況に関して緘口令を敷いたり、作業員にまともな放射線防護教育を実施しない下請け企業など、報道されない様々な実情が描かれています。
    本来守られるべきルールや安全が形骸化している様子は誰もが「それはおかしい」と感じるはずです。しかしそうでもしないと作業が進まないという矛盾した状況に、原発の事故が他の災害や事故とは全く異なる種類のものだという事を考えさせられます。
    専門用語などもほとんど出てこず、あくまで専門知識のない「一般の人」の視点で記述されているので、読みやすいです。

  • やっぱり、原発はいりません。叡智を駆使してもコントロールできないものが何故必要なのか。理解不能!

  • 情報自体の稀少性は疑うべくもないが、その価値を減じてしまう文章の粗雑さが残念でならない。前後の文章の関係性が不明瞭な個所が多々あり、文意を正確に把握できない。それが臨場感のある文章であり、ルポルタージュの醍醐味ということなのだろうか。
    筆者自身も本書の中で言及している通り極めて特殊な環境下で「今なら完全なる情緒不安定で、自己陶酔の極みだったと理解できる」との記載から、ある程度自覚的だったのだとは思うが、本書全体を通して感じたのは筆者自身の強烈な自己陶酔だった。

  • 前半は,原発にどう暴力団がかかわっているかというところに焦点があてられているが,著者が原発で働き始めたあたりから,原発での作業の実態が浮き彫りになってくる。東電やメーカーが明らかにせず,マスコミも明らかにしない事実ばかりが出てくる。

  • 福島原発の作業現場への潜入ルポ。現場で働いている人たちの背景が見え隠れするのだが、プライバシーの問題があるせいか、少し中途半端な気がする。

    もっと色々な事実を入手していることは想像に難くないが、あくまでもライターの域を出ていなくて、ジャーナリズムになっていないのが惜しい。

    また、ヤクザが原発をシノギにしている情報に触れても、さもありなんと納得してしまう。これは、日本のムラ社会構造に慣れきってしまっているせいであろうか。東京電力を始めとする福島原発の現場で起きている事についても、詳らかにされない事実があるであろう事は、日本中が感じている事だと思う。

    福島の復興を邪魔する気もないし、風評被害にあっている人々がいることも事実であろうが、本当に何が起きていたのか、そして今も何が起き続けているのかをジャーナリズムの視点で語って欲しかった。

    この本が翻訳されて海外で読まれれば、日本が時代遅れの隠蔽社会であるという理解をされるであろう。著者の主張がそこにあるとすれば、何が問題なのかをもっと掘り下げて欲しい。

全24件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

鈴木 智彦(すずき ともひこ)
1966年生まれのカメラマン、ライター、ジャーナリスト。日本大学芸術学部写真学科へ入学後、すぐに中退。スタジオマン、アシスタント、フリーカメラマンを経て『実話時代』編集部入社。2000年にフリーのカメラマン兼ライターとなる。ヤクザ・暴力団に詳しい「暴力団取材のエキスパート」。
代表作に、映画化された『我が一家全員死刑』、『潜入ルポ ヤクザの修羅場』、『ヤクザと原発 : 福島第一潜入記』。
築地市場への潜入労働も行った『サカナとヤクザ: 暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う』を、豊洲市場の開場日2018年10月11日に刊行。

鈴木智彦の作品

ヤクザと原発 福島第一潜入記 (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする