水底フェスタ (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.31
  • (28)
  • (123)
  • (179)
  • (45)
  • (8)
本棚登録 : 1344
レビュー : 140
  • Amazon.co.jp ・本 (397ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167901578

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 書いてある通り後味悪かった…
    でも、なぜか読んだ直後より、時間が経つにつれて、この話を消化できる。登場人物に入りすぎてたのかな。

  •  おぉう…。とっても面白かったけれど、後味が悪い~。先が気になって気になってしかたないと思うので、時間がある時に読み始めるのがおすすめです。

  • 今だにこんな村社会があるんだろうなと考えると、怖いなと思う。

  • これまでとは一線を画する辻村作品。

    “人”よりはもっと大きな括りである、この作品で言えば“共同体”に焦点を当てている。それを後半に向かって見せていくのはらしさかな。

    また、性描写もこれまでになかった部分。

    そして、はっきりとしたハッピーエンドで終わらなかったところ。

    こういうところから、これまで辻村深月作品で感じてきた、登場人物への共感、懐かしさや憧れに浸れる青春、胸が締め付けられるような感動や悲しさ、作品の中に入り込める心地良さ、人間の善悪の深層心理、などなど感じ取れてきたどれとも異なる感覚を持った。

  • 静かに怖い。身近な感じがまた怖い。

  • 田舎の閉塞感はよく知りはしなくてもすぐ隣の肌感で知っていたものでした。
    町の中の行き詰まる感じと対照的なピュアな恋心の話。

  • いやあ…。

    私は辻村深月作品が好きで、かなり読んでるとは思うのですが、その中ではこれが一番ダメ…………。

    ここに出てくる女がみんな、気持ち悪い。

    それに私はベッドシーンというんですか、そういうのが好きではなく、辻村さんの作品にはあまりそういうの出てこないので好きだったんですが。
    今回のは「はいはい、もうわかったからいいよ、書かないで」と思ってしまいました………。

    辻村作品、そのほとんどを私は手元に置いて大切にしていますが、ごめんなさい、これは手放してしまいそうです。

  • 2014-57
    辻村さんの中では苦手な方に入る話。
    救いがなさすぎて、悲しかった。

  • こういう村
    まだ実存してるのかな

    ゆがみやひずみはそう簡単に消えはしない
    例え人の死をもってしても

  • なんだかなぁ。背中がじわりと凍っていくような恐ろしさだけが残る。二人が最後に心を通わせただけでも良しとすべきなのだろうか。

全140件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

辻村深月(つじむら みづき)
1980年山梨県生まれ。千葉大学教育学部卒業後、2004年『冷たい校舎の時は止まる』で第31回メフィスト賞を受賞しデビュー。2011年『ツナグ』で第32回吉川英治文学新人賞、2012年『鍵のない夢を見る』で第147回直木三十五賞、2017年『かがみの孤城』で「ダ・ヴィンチ ブックオブザイヤー」1位、王様のブランチBOOK大賞、啓文堂書店文芸書大賞などをそれぞれ受賞。本屋大賞ノミネート作も数多く、2018年に『かがみの孤城』で第6回ブクログ大賞、第15回本屋大賞などを受賞し、2019年6月からコミック化される。他の代表作に『子どもたちは夜と遊ぶ』『凍りのくじら』『ぼくのメジャースプーン』『スロウハイツの神様』『名前探しの放課後』『ハケンアニメ!』『朝が来る』など。新作の度に期待を大きく上回る作品を刊行し続け、幅広い読者からの熱い支持を得ている。2020年、河瀬直美監督により『朝が来る』が映画化される。

水底フェスタ (文春文庫)のその他の作品

水底フェスタ Kindle版 水底フェスタ 辻村深月

辻村深月の作品

ツイートする