水底フェスタ (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.31
  • (28)
  • (123)
  • (179)
  • (45)
  • (8)
本棚登録 : 1344
レビュー : 140
  • Amazon.co.jp ・本 (397ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167901578

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • きれいなお姉さんは好きですか?
    しかも、
    芸能人でそこそこに全国区で有名なきれいなお姉さん。
    そんな、
    お姉さんに高校生が誘惑されたらオチるわ。

    そのお姉さんは復讐の鬼かもしれない。
    高校生は真実を知らなく、
    真実を知ってゆく中でラストは!

    ラストがちょっと弱い気もするけどありです!
    個人的に、
    辻村さんの最高傑作じゃないかな?

    閉鎖的な空間の気持ち悪さや、世界観なども読みどころですよ!

  • 独特な雰囲気から始まり…
    敷いてきた伏線を綺麗に塗り替えて、ラストまで救いがなくただただ怖い。
    話自体はあまり好みではないけれど、伏線の塗り替えに目が離せないし、細かな心理描写に自然と物語の世界に引き込まれてしまいました。
    後半は、主人公がそうであるように、読者もどれが真実なのか、誰を信じていいのか分からなくなるからおもしろいです。

    ラストまでの展開、どれをとっても救いがなく気分は重くなるのに、繊細な自然を鮮やかに描かれていたためか、最終章では清々しい気分になりました。

    うわべだけを繕い不都合なことを隠蔽、排除する…しかも穏やかに、誰もが知らぬ顔で…
    閉鎖・独裁社会は怖いと思う反面、これは知らないだけで政治や会社と、どこにでもある話。だからこそ、他人事のようでも身近に感じのめり込んでしまうのだと思います。

    好き嫌いは別として、物語の世界に引き込む力と最後の何とも言えない余韻を残す読後感…それを考えると傑作とも言える作品であると思います。

  • 【彼女は復讐のために村に帰って来た――】過疎の村に帰郷した女優・由貴美。彼女との恋に溺れた少年・広海は彼女の企みに引きずり込まれる。待ち受ける破滅を予感しながら…。

  • 架空のロックフェスで盛り上がる架空の村。
    村に復讐するために帰ってきた彼女。
    姿を現さない悪意はでもしっかりここに根付いている。
    人が場所を動かすのだろうか、それとも場所が人を動かすのだろうか。
    悪意は誰のものか。
    水底に沈めた秘密はもう誰の目にも触れない。

  • 面白い。すごい面白いけど、すごい沈む…。切ないすぎるよ。

    最近の辻村深月作品はほのぼのした雰囲気のものが多かったように思うけど、この感じこそ辻村作品なのかも。
    胸の奥がずん、としている。

  • ロックフェスの誘致に成功した山村。村長の息子の高校生。村に帰ってきた美女。
    ゾクッとする謎が散りばめられていて、どんどん読み進めてしまいました。主人公に全然共感できなくて、その人絶対信用できないでしょって思ったのは、それだけ自分がその世代から離れたからなのかな。

    読み終わってから、裏表紙をもう一度読んだら、はっきりと、強く、恋の物語と書いてありました。読んでる内は忘れていたけれど、ほんとにそう思います。

  • 久々の読書でしたが、一気に読みました。
    心理描写と、“読ませる”展開力はさすがです。

    ただ、本当に読後感が悪いです。
    前半はまだ良かったけど、後半、村の秘密が明らかになっていくほどに、主人公が可哀想で、
    あり得ないあり得ない、怖い怖い怖い怖い、、
    って思いながら読んでました。
    ラストも、あれは新たな悲劇の始まりでは??

    辻村さん好きで、色々読んできましたが、これはその中でも特に嫌な感じでした。

  • 辻村さんシリーズは好きで、ほとんど読んでるんですが、自分の持ってる辻村さんシリーズの好きな感じではなく、ちょっと後味が良くなくて陰鬱とした感じになってしまいました。

    ただ後半はどんなエンディングになるのか気になって一気読み。

  • ツナグ、島は僕らと、に続き3冊目を読みました。それぞれ独特のストーリーで楽しめた。

  • 暗い…。救いようがない。
    最近のこの人は、こういう暗さが多いけど、
    ここまで救いようがないとは。
    昼ドラだ。
    田舎の怖さ。

全140件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

辻村深月(つじむら みづき)
1980年山梨県生まれ。千葉大学教育学部卒業後、2004年『冷たい校舎の時は止まる』で第31回メフィスト賞を受賞しデビュー。2011年『ツナグ』で第32回吉川英治文学新人賞、2012年『鍵のない夢を見る』で第147回直木三十五賞、2017年『かがみの孤城』で「ダ・ヴィンチ ブックオブザイヤー」1位、王様のブランチBOOK大賞、啓文堂書店文芸書大賞などをそれぞれ受賞。本屋大賞ノミネート作も数多く、2018年に『かがみの孤城』で第6回ブクログ大賞、第15回本屋大賞などを受賞し、2019年6月からコミック化される。他の代表作に『子どもたちは夜と遊ぶ』『凍りのくじら』『ぼくのメジャースプーン』『スロウハイツの神様』『名前探しの放課後』『ハケンアニメ!』『朝が来る』など。新作の度に期待を大きく上回る作品を刊行し続け、幅広い読者からの熱い支持を得ている。2020年、河瀬直美監督により『朝が来る』が映画化される。

水底フェスタ (文春文庫)のその他の作品

水底フェスタ Kindle版 水底フェスタ 辻村深月

辻村深月の作品

ツイートする