ブーメラン 欧州から恐慌が返ってくる (文春文庫)

  • 文藝春秋
3.72
  • (4)
  • (14)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 108
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (287ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167901950

作品紹介・あらすじ

『マネーボール』『世紀の空売り』に続く痛快金融ノンフィクションサブプライム危機で大儲けした男たちが次に狙うのは「国家の破綻」。アイスランド、アイルランド、ギリシャ、ドイツ、そして日本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • アイスランド、ギリシャ、アイルランドと国家財政が破たんした各国の事情の次になんでドイツと思いきや、破たん国家の背景でドイツの銀行が。う~ん。こんな風に世界はつながっているのかぁ。 目からうろこでした。
    序章の欧州危機を見通していた男の話はもっと知りたい。 しかもそれがテキサスに、、
    世の中知らないこと多いと改めて考えさせられた。

  • 次の教皇への危惧を語っているだけに見える。

  • 「マネーボール」のマイケル・ルイスがマネー繋がりで、こんな地点まで到達していたとは!ただ、相変わらず固定概念に囚われている文化に対する、軽やかな辛辣さは相変わらずですが。ギリシャ、アイスランド、アイルランドの明日なき暴走、ドイツの偏執狂的なストイシズム、そしてアメリカの脳が壊れたような消費欲の連関。本書では名前が挙がるだけで、取材対象には入らなかったスーパー赤字国家、日本についてもし一章割かれていたらどんな感じか?怖いもの見たさで、読みたい!

  • マイケル・ルイスらしい皮肉を含んだギャグもありつつ、アイスランドとギリシャの話は面白く読めた。

  • 【『マネーボール』『世紀の空売り』に続く痛快金融ノンフィクション】サブプライム危機で大儲けした男たちが次に狙うのは「国家の破綻」。アイスランド、アイルランド、ギリシャ、ドイツ、そして日本。

全6件中 1 - 6件を表示

マイケル・ルイスの作品

ブーメラン 欧州から恐慌が返ってくる (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする