球界消滅 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
4.10
  • (13)
  • (20)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 91
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (571ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167902797

作品紹介・あらすじ

ファンたちが、思い思いの選手を組み合わせて、ペナントを戦うシミュレーションゲーム「ファンタジーベースボール」。全米野球ファンの頂点を争う戦いで、見事に優勝した野球好きの青年、大野俊太郎は、ニューヨーク・ヤンキースでGM補佐を務めた立花の抜擢で、IT企業に買収されたばかりの新生横浜ベイズの副GMに就任する。ビリー・ビーンの「マネーボール」に代表されるように、野球を統計学から分析するセイバーメトリクスを駆使し、万年下位の弱小球団をテコ入れし、見事チームに首位を快走させる辣腕フロントとなる。だが、俊太郎に、思いもよらぬに新たな試練が……。それは、ベイズと球界の盟主・東都ジェッツとの合併話だった。しかし、合併話は、大変革への単なる序章にすぎなかった。東都ジェッツのオーナーである東都新聞社主の京極四郎は、日本の球団を四球団に再編。なんとメジャーリーグの極東地区の一部に編入することを画策していた。大野はこの歴史的大転換の渦に巻き込まれていく。日本球団とメジャーの合併が実現したら……。デビュー作『ノーバデイノウズ』で、サムライジャパン野球文学賞を受賞した著者が、統一球や経営難がたびたび持ち上がり、くすぶる球界再編や、スターのメジャー流出で揺れる現在の球界の行く末を、暗示するかのようなシミュレーション小説に挑む。「ベースボール」と「野球」の本質の違い、そして、合従連衡で揺れる日本各地の地域性、随所で描かれる迫真の野球シーン、そしてグッズや審判の問題にいたるまで、選手たち、オーナー、監督たちの葛藤と苦悩、そして、野球への思いをリアルに描きだした傑作。これは、まさに野球のTPP問題! 単行本刊行時には、多くの書評で絶賛された、日本プロ野球を愛するすべての人々に捧げたい、これまでになかったスケールで描く野球小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 10数年前に国内を揺るがしたプロ野球再編問題。その衝撃再びの如く、日本のプロ野球チームが4球団に統合されMLBに加入したとしたら…。豊富なデータに裏打ちされた戦慄のシナリオ。
    今後のプロ野球の目指す道を考えさせられる。グローバル化を目標とするか、草の根的の『おらが町のチーム』を選ぶのか。近年の広島、福岡、東北、北海道の地域球団の元気さをみると、日本が選択すべき道は後者のような気がする。赤瀬川隼さんの『球は転々宇宙間』を再読したくなる。

  • スポーツ小説でもあり、経済・企業小説でもあります。
    一昔前、実際にパ・リーグで球団が消失し、1リーグ制が提唱されました。その時、ファンと選手会が反発し選手会が主導してストライキに突入しましたが、ファンを中心とした世論のほとんどは選手会を指示していました。

    その様子は非常に感情的でポピュリズムと捉えられても仕方がない状態でした。
    プロ野球は文化なのか?ビジネスなのか?
    プロ野球球団にとってのステークホルダーとは誰なのか?
    プロ野球球団の社会的目的は何なのか?

    あの騒動のあと、そんなテーマを冷静に考えることなく現在に至っています。

    プロ野球をビジネスと考えたとき、またプロ野球球団の運営の主軸を企業価値の向上と考えたとき、日本プロ野球のその様態はアメリカのそれと比べるとあまりにも脆弱に映ります。

    好むと好まざると資本の波は押し寄せて来るでしょう。そんなとき我々は自分の足で立っていたいものです。

  • 日本プロ野球がメジャーに吸収。球団が企業のお荷物へ。

  • ハードカバー発売時には「話題にはなってるけど、文庫待ちでええか」と思い、いざ文庫になったらなったで見落として、やっと読みました。
    中盤までは、特に選手、球団内のシーンは堂場瞬一っぽいけど、堂場瞬一の方が上かな、という印象。女性の書き方が薄っぺらく感じるのも堂場っぽい。いや、どちらもそこにそれほど重点が置かれてない、ってこともあるんでしょうけれども。
    その分、後半のスパイ探し辺りからの企業活劇はなかなか。スピード感もむしろこちらの方が試合のシーンよりある。

  • メジャーに日本球界話が飲み込まれる話。
    4球団に整理統合されるとか。

  • 解説も含め571ページ。しかも上下左右のマージンがせまく、ページに文字がびっしりと並んでいる。上下巻にしても良いくらいの量だけど、出版社としてはそれでは売れないと考えたのかな?

    しかし、この小説めちゃくちゃ面白い。帯に「ページをめくる手が止まらない(二宮清純)」「ラストまで一気に読ませる(北上次郎)」とあるけど、まさにそのとおりだった。

    文字数の多さと冒頭に「セイバーメトリックス」の公式が出てくることから、読みはじめたときは「なんか面倒くさい小説なのかな?」とも思ったけれど、ぜんぜんそんな事はなく、「この後どうなるんだ?」→「やはりそう来たか」or「まさかそう来るのか」と小説の世界に素直に飛びこんでいけた。

    エピソードもてんこ盛りで、どんでん返しもいくつか用意されており、まるで良質のハリウッドエンタメ作品を楽しんでいる感覚(褒め言葉です)。最後の方はやや力技で持ってった感じもするけれど、読後感はさわやか。
    お腹いっぱい堪能しました。

  • フィクションとは思えない!

  • 面白かった。これは良くできた小説だった。実に面白かった。

  • 「球は転々 宇宙間」は面白かったなぁ

  • めちゃくちゃ面白かった!
    続きが気になってページをめくる指が止まらないとは、こういうことを言うのかなと。

    すごいリアリティー。
    この中で書かれていることはいつ起こっても不思議じゃないなぁと思えるほど現実味があった。
    主な舞台が横浜の球団で関内のスタジアムってのもあまりにも身近でますますリアル。

    ここ数年の日本のプロ野球界を見ていたら、これくらいのインパクトのある改革がむしろ必要なのかもなぁと思ったり。

    ひいてはプロ野球だけではなく、他のスポーツでも同様の問題や課題があるよなぁと感じたり。(実際に関わっている二輪モータースポーツ界でも、これくらいの 大きなインパクトがあれば変われるのかなぁ(^^;;

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

本城雅人(ほんじょう・まさと)
1965年神奈川県藤沢市生まれ。明治学院大学経済学部卒業。産経新聞社勤務を経て、2009年『ノーバディノウズ』が第16回松本清張賞最終候補作となり小説家デビュー。2010年同作で第1回サムライジャパン野球文学賞大賞を受賞。2015年『トリダシ』で第18回大藪春彦賞候補、第37回吉川英治文学新人賞候補。2017年『ミッドナイト・ジャーナル』で第38回吉川英治文学新人賞受賞。2018年春に同作がドラマ化される。同年、『傍流の記者』で初の直木賞ノミネート。

球界消滅 (文春文庫)のその他の作品

球界消滅 (文春文庫) Kindle版 球界消滅 (文春文庫) 本城雅人
球界消滅 単行本 球界消滅 本城雅人

本城雅人の作品

球界消滅 (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする