この社会で戦う君に「知の世界地図」をあげよう 池上彰教授の東工大講義 世界篇 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.85
  • (22)
  • (69)
  • (40)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 617
レビュー : 39
  • Amazon.co.jp ・本 (276ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167903169

作品紹介・あらすじ

池上彰教授が「教養」という鎧を配る!東工大教授でもある池上さんがよい会社・悪い経営者の見分け方からお金と幸福の関係まで「世間」のしくみを徹底講義。社会人も必読!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 幅広いテーマが語られる。勉強不足を反省。で、どうしたらええねん!
    まずは知ることから・・・モゾモゾ、ヨミヨミ、フムフム

    2012年から東工大で行われた15の講義の内容がまとめられている。
    まずは講義を通じて、何を考え、自身の結論とするかの重要性が語られる。

    宗教、政治、戦争、差別、お金、クーデター、暗殺、貧富、環境問題、どうしても歴史を語るにはテーマが多岐に渡ることは避けられない。その中でハッキリ感じるのは、明日私の住む世界が崩壊しても不思議じゃないという不安。決して楽観視できない私の性格も改めて自覚。どうしたらいいかわからんわ!!ってこと。
    最後の「君が日本の技術者ならサムスンに移籍しますか?」という項では学生たちの考えが載せられいるので非常に親近感を持って締めくくられる。
    ともあれ、何か興味のあるテーマが見つかればそれで良い。

  • 大人の一般教養として、誰もが最低限知っておくべきこと(でも、結構知らないことが多い)を俯瞰して学べるとても良い本。

    これは3部作の内の世界編。世界でこれまでどんなことが起こってきたのかが、
    池上さんが分かりやすく解説してくれます。
    とにかく、とにかく、分かりやすい。
    これを読んで全体を俯瞰した後に、自分の興味のある分野を深く学んでもいいし、
    日本編を読んで、日本のことについて学んでも良い。
    使い方もイロイロ。本棚に1冊はあってもよいと思います。

    少し情報が古いのが玉にキズ。
    (でも、そんな欠点なんて全く気にならないくらい、分かりやすくて良い本です。)

  • 池上さんの東工大での講義を元にした本。
    とても分かりやすかったです。
    また、特に最後の講義では、ある技術者の行動に賛成か反対かその他、その理由を
    プレゼンさせて、そのアドバイスもよかったです。
    そして生徒さんの質も。

    「世界篇」となっているので「日本篇」「○○篇」…も今後でるのかしら?

  • 良かった。けど、先に読んだ続編の方がより突っ込んでて面白かった気がする。

  • ●物々交換は偶然性に左右される。なるべく同じ日に集まるようにしてもだ。因みに五日市や廿日市はその開催日が地名として残っている。
    ●神様は過去にユダヤ教徒に聖書、キリスト教徒に新約聖書を与えたけど、人々は神様の指示を歪めたり、言いつけを守ろうとしなかった。そこで最後の預言者としてムハンマドを選び、神から人間への最後の言葉として伝えられたものが、コーラン。

  • 社会の基礎講座といった本。就活前後世代におすすめ。


    ・経済学とは資源の最適配分を考える学問。世の中を安定させて人々を幸せにすることを目的にする学問。

    ・機会コスト。何かの行動を行うとき、何かの可能性を犠牲にしているという考え方。

  • 大学の時、こういう講義があれば良かったなと思う反面、当時の自分が興味を示したかと思うと。

  • 東京工業大学の優秀な学生に、池上彰さんが世界経済、政治、科学、歴史など授業で講和した内容をまとめた本。最後のテーマである「君が日本の技術者ならサムスンに移籍しますか?」はそれぞれの学生が、賛成、反対、その他の立場に立ってプレゼンをしている。この章だけでも、読む価値がある。読みながら自分の考えをまとめつつ、新しい視点も示され、とても刺激的な読み物になっている。

  • まあ普通かな

  • 内容は多岐に渡っています。池上さんの数ある著書で繰り返し書かれている内容です。つまり、池上さんが最も重要と考えている内容だと思いました。

全39件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

池上彰(いけがみあきら)
1950年、長野県松本市生まれ。慶應義塾大学経済学部を卒業後、NHKに記者として入局。さまざまな事件、災害、教育問題、消費者問題などを担当する。科学・文化部記者を経て、NHK報道局記者主幹に。2005年3月にNHKを退職し、フリーのジャーナリストに。
主な著書に、『経済のことよくわからないまま社会人になった人へ(第4版)』(海竜社)他、多数。

「2020年 『池上彰の今さら聞けない日本のこと』 で使われていた紹介文から引用しています。」

池上彰の作品

この社会で戦う君に「知の世界地図」をあげよう 池上彰教授の東工大講義 世界篇 (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×