箱根駅伝 ナイン・ストーリーズ (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.72
  • (7)
  • (17)
  • (19)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 136
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167905200

作品紹介・あらすじ

「箱根」だけは、泣けてしまうどうして箱根駅伝は泣けてしまうのだろう。2015年、青山学院大学初優勝から駒沢、東洋、明治、早稲田…奇跡と真実のストーリー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 箱根駅伝が大好きです。この何日間は余韻に浸っています(笑)
    選手1人1人にも、監督1人1人にもいろんな人生があって、葛藤があって当日を迎えるのでしょう。
    1人で走るけれど、タスキを伝えていくわけだしチーム力が高くないといけない。
    毎回ドラマがあって本当に感動する。本よりも現実が。

  • 箱根駅伝のレースは2日間で終わる。けれども、2日の裏に何ヶ月、何年、何十年にわたる群像劇があるのだ。いってみれば1月2日、3日は、土を耕し、種を蒔き、草を刈り、嵐から稲を守り…やっとたどりついた収穫のときなんだと言える。

    この本ではとくに、箱根駅伝出場も叶わなかった青山学院大がいかにして2015年に優勝を果たすか、という物語がおもしろかった。箱根駅伝はチームビルディングの勝負。その意味で原さんのような会社員経験のある監督が、ビジネスのせかいで組織づくりを活用するのは、これから大学スポーツ界でおおくなっていくのかな。

  • 箱根を走った歴史や監督の歴史などが書いてあって面白かった。ただ来歴が多かったのでもう少し内面的な事も多く書いて欲しかったかなという印象。箱根駅伝に関する雑誌に加えて、これを読めばより一層箱根駅伝を面白く観戦できるのではと思った。

  • 【「箱根」だけは、泣けてしまう】どうして箱根駅伝は泣けてしまうのだろう。2015年、青山学院大学初優勝から駒沢、東洋、明治、早稲田…奇跡と真実のストーリー。

  • 20190728

  • 早稲田の六区を走った、監督の指示をことごとく破り、転んでハラハラさせた高野選手や、道を間違えた國學院の寺田選手は、今となると笑えるけど、監督さんは寿命縮まる想いだったでしょうね。 青山のポジティブシンキングな高橋選手は、そのポジティブさを見習いたい。
    どの選手も、箱根を目指した頑張りを、これからの人生の自信に変えていける事を、箱根駅伝を楽しんでいる一人として思う。
    それにしても、監督って大変なんだなぁ。

  • 読み易く、良い内容だった。
    ただし、数カ所わかりにくい書き方のところがある。
    3行くらいの短い一連の文章の中に、監督の現在と選手時代のことが混ざってしまっていたりする。
    著者ご本人はわかって書いているけれど、ここであれっ?とつっかかって指摘できない編集者ってどうなんだろう。

  • 僕なんてあまちゃんだった。なぜ記録が中途半端で終わったのかよくわかった。生活を投げうって、とにかく速くなるために生活する。それができなかった。覚悟がなかった。悔しい。

  • 昨年までの箱根の見どころがポイントでまとまっていて面白い
    来年も12月に読むと盛り上がる、ただ今年の内容も盛り込まれていると完璧だけど…

  • 視点、構成ともに見事!
    タイムリーな青学も、原監督の人生や苦労人の主務・高木さんの視点を語ることでどこか新しい。神野の素直さに好感が持てるだけじゃなく、青学が強くなるまでの道程を、納得感をもって読んでいける。
    青学に限らずだけど、強さの土台に[生活力]っていうのはズンときた。規則正しい、律する生活…これ何事にも必要よね。
    山の神三代、瀬古、そして原監督、渡辺、西監督、酒井監督といった監督陣の各話…どれもよかったなぁ。瀬古の恩師中村先生の破天荒さは面白かった。大好きな酒井監督は予想以上にあったかくて芯があってもっともっと大好きになってしまった。
    各話がリンクしながら流れていく全体の構成も好き。読みやすかったし美しい。最終章酒井監督から、一章の柏原に繋がって戻っていくのなんてほんと見事です。
    ちなみに表紙見て、著者絶対早稲田卒だろと思ったら案の定。早稲田ってなんかこう母校への並々ならぬ愛着というか表せずにはいられないというか…こーゆーとこあるよね。苦笑。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1967年生まれ。スポーツライター、ジャーナリスト。
早稲田大学社会学部卒業後、博報堂勤務を経て、スポーツライターに。国内外を問わない取材、執筆活動のほか、ラジオパーソナリティとしても活躍。NHK-BSのスポーツニュースのキャスターも務める。

著書には『駅伝がマラソンをダメにした』(光文社新書)、『スポーツを仕事にする!』(ちくまプリマ-新書)、『愛は負けない 福原愛選手ストーリー』(学研)、『箱根駅伝』『箱根駅伝 新ブランド校の時代』(以上、幻冬舎新書)、『箱根駅伝 勝利の方程式』(講談社)などがある。

「2014年 『箱根駅伝 勝利の名言 監督と選手34人、50の言葉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

生島淳の作品

ツイートする