山吹の炎 更紗屋おりん雛形帖 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.48
  • (2)
  • (8)
  • (9)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 42
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167905491

作品紹介・あらすじ

八百屋お七と出会ったおりん。おりんの心に恋の炎が燃え上がる叔父の善次郎が神田で古着屋「更紗屋」を始めることになり、希望に胸を膨らませるおりん。ところが、思いがけない災難が振りかかる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • シリーズ4作目

    今回は、伊原西鶴の『好色五人女』に取り上げられたことで広く知られるようになった八百屋お七が登場。

    おりんの叔父・善次郎が「更紗屋」の名で古着屋を始めようとしていた矢先、江戸を襲った「天和の大火」により、頓挫した。

    そんな折、越後屋 番頭から新しく雛形帖作りを命じられ、お七と言う娘を紹介される。
    そのお七と吉三郎の、身も焦すほどの想いに触れて、おりん、桜木蓮次、末続は、それぞれ、自分の心の中の想いを、新たにする。

    蓮次は、おりんに対する想いは間違いはないが、亡き母を思うと、武士は捨てられない。
    末続は、おりんに「更紗屋を立て直したら、番頭として迎える」と言われるが、番頭ではなく、若旦那として迎えてほしい。
    おりんは、末続の気持ちは、痛いほどわかるし、手放したくない。が、蓮次に対する気持ちは、抑えられない。

    桜木蓮次、末続、二人の想いに、揺らぐおりん。

    煕子姫の想い人で、煕子姫を助けて死んでいった、塚原右近と、桜木蓮次との関係が、次作品に繋がって行く。

  • シリーズ第4作目だが…
    最初の「墨染の桜」が面白かっただけに
    期待してしまったからかな…
    だんだん作が進むにつれ、モヤモヤしてくる。
    おりんも頑張ってると思うけれど
    周りに恵まれて、他力本願に見えてくる。
    末続に対しても彼に甘えすぎて
    可愛そうになってくる
    いつか末続の想いにこたえられるなら良いが…

  • シリーズ4巻目
    せっかく更紗屋再建の第一歩かと思いきや火事のため何もかも失ってしまう.また仕切り直しのおりん,この巻は八百屋お七の火事にまつわるサイドストーリー的なところもあるが,周りの様子がいろいろ顕になってきて,次が楽しみである.

  • 女性作家が江戸時代に背景を借りて作物するのはわたしは好きではない。
    なぜかというと、単にノスタルジックという、理不尽さである。

    山本周五郎や池波正太郎で時代物の洗礼を受けたので、
    どうしてもこまごました作風が気になるのである。

    大御所の宮部みゆきさんのお作でも、ちょっと敬遠、
    それはそれでひとつのジャンルなんだから嫌なら読まなければいい。

    のだけども、借りたので読まなければというさもしさなのである。

    で、
    今風の軽いタッチで歴史的事実を取り込んで進めていくのは、まあ、まあだったが
    案の定、この作品で悪者との格闘描写が見ちゃいられなかったよ。

  • 八百屋お七のネタはいまいち。

  • 相変わらずおりんはふらふらしていて、あまり成長が感じられず残念。
    恋に対してもはっきりしないし、更紗屋の事に関しても自分から行動することが無くて、受け身の姿勢なので歯痒く思います。
    明確に思い定めることが無くて、覚悟無く流されていっている風なので、もうちょっとしっかりして欲しい。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1971年埼玉県生まれ。東京学芸大学卒業。2000年、第4回健友館文学賞受賞作『春の夜の夢のごとく 新平家公達草紙』でデビュー。19年、『青山に在り』で第1回日本歴史時代作家協会賞(旧・歴史時代作家クラブ賞)〈作品賞〉を受賞。主な著作に『義経と郷姫 悲恋柚香菊河越御前物語』、『白蓮の阿修羅』、『酔芙蓉』、『天穹の船』、シリーズ作品に、17年に第6回歴史時代作家クラブシリーズ賞を受賞した「更紗屋おりん雛形帖」ほか、「代筆屋おいち」、「江戸菓子舗照月堂」、「絵草紙屋万葉堂」、「小烏神社奇譚」など多数。

「2021年 『青山に在り』 で使われていた紹介文から引用しています。」

篠綾子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮下奈都
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×