ジャングル・ブック (文春文庫)

  • 文藝春秋
3.45
  • (4)
  • (2)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 76
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (372ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167905606

作品紹介・あらすじ

ノーベル文学賞作家の不朽の名作を新訳でジャングルの動物に育てられた少年モーグリの冒険譚。映画化も進行中の、ノーベル文学賞作家の不朽の名作がみずみずしい新訳で蘇る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • <内容紹介より>
    ジャングルで、オオカミに育てられた人間の少年モーグリ。クマや黒ヒョウ、大蛇らと交流し、ジャングルの掟を教えられる一方で、人間を敵視する大トラや、獰猛な赤犬の群れとのはげしい対決をくりひろげていく。人間社会の縮図のような動物社会の中で、少年がさまざまな冒険を経て成長していく姿を描く名作が新訳で蘇る。

    ーーーー
    幼い頃にみたディズニー映画がうっすらと記憶に残っていたことや、2016年に実写化されたこともあり(実写版は観ていませんが)、少し前に買って積読していました。
    ディズニー映画のような1本の長編物語ではなく、一つ一つのジャングルの逸話集のような体裁です。
    解説によると、本書は1894年と1895年に出版された短編集から、モーグリを主人公とした8編と番外編を収録した「モーグリ・ブック」のようなもの、だとか。
    とても古い作品ですし、その分、主人公の「好青年たるべし」的なニュアンスも感じないわけではありませんが、道徳的すぎることもなく、等身大の思春期の青年の悩みがしっかりと描かれていました。

    自由に遊び呆けているように見える動物たちにも、様々な「ジャングルの掟」があり、人間の子どもでありながらジャングルで過ごすためにそれを覚え、やがてはジャングルの主へと成長してゆくモーグリ。彼を支える黒ヒョウのバギーラや大蛇のカー、クマのバルー達との交流も心温まります。

    訳は「古典作品」を意識しているのか、固めなようにも感じましたが、作品のもつ雰囲気とはとても良く調和しています。
    長らく読まれ続けている作品のもつ「パワー」をもらい、読後感もいいです。

    みなさんも、「よい狩りを!」

  •  ジャングル・ブック、モーグリ編を集めた書籍です。最近複数の出版社からジャングルブックが出ていますが、モーグリの物語を読むのであれば、実質的後日談の番外編である「ラクの物語」が入ったこの文春文庫版が良いのではないかと思います。

  • 子どもの頃に読んだ「ジャングルブック」を思いだし、何とも懐かしかった。

    当時読んだのは小学生向け(たぶん)のヤツだったが、主人公なんかも正義感あふれる少年に描かれていた(たぶん)気がする。

    今回の訳では、登場人物(多くは動物)の感情の機微なんかがリアルに描かれていて、大人版として、とても楽しめた。

    • ほんやだワンさん
      なのだ!読むべし!

      モーグリがけっこう天狗になったりとか、皆なかなか人間味(動物味)あるヤツになってやす。名前もビミョーに発音がネイテ...
      なのだ!読むべし!

      モーグリがけっこう天狗になったりとか、皆なかなか人間味(動物味)あるヤツになってやす。名前もビミョーに発音がネイティブ寄りになってたりなんかして。
      2016/07/01
  • 映画とはまた違った視点で見れる。面白かった。

  • ネパール滞在中に読了。

  • 勝手なイメージでジャングルで伸び伸び暮らす少年(と堅苦しい人間社会の葛藤)というような話と思っていたら、ジャングルこそしがらみと掟が支配する社会として描かれている事に驚いた
    少年が社会性を学び成長する話であった
    そういう意味ではキムはモーグリの進化系とも言えるかなと思う

  • 【ノーベル文学賞作家の不朽の名作を新訳で】ジャングルの動物に育てられた少年モーグリの冒険譚。映画化も進行中の、ノーベル文学賞作家の不朽の名作がみずみずしい新訳で蘇る。

全7件中 1 - 7件を表示

ラドヤードキプリングの作品

ジャングル・ブック (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×