偉くない「私」が一番自由 (文春文庫)

著者 : 米原万里
制作 : 佐藤 優 
  • 文藝春秋 (2016年4月8日発売)
3.93
  • (9)
  • (8)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :161
  • レビュー :18
  • Amazon.co.jp ・本 (382ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167905989

作品紹介

佐藤優が選ぶ、よりぬき米原万里ロシア語会議通訳、作家、エッセイストとして活躍した米原万里の作品を、激動のロシアで親交を結んだ盟友・佐藤優がよりぬいた傑作選。メインディッシュは、初公開の東京外語大学卒業論文、詩人ネクラーソフの生涯。ロシア、食、言葉をめぐる傑作エッセイ、単行本未収録作品などをロシア料理のフルコースに見立て、佐藤シェフの解説付きで紹介する。没後10年米原万里を偲ぶオリジナル文庫。

偉くない「私」が一番自由 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 米原万里没後十年を迎えた、今年2016年、米原さんをしのぶ本や、エッセイの傑作選などが何冊か出版された。
    これは、佐藤優氏の編による一冊。

    私は、佐藤優氏に関する知識が無かったので、単に「米原万里のエッセイの傑作選」だと思って読み始めた。
    読んだ事のある文を見つけて懐かしむのもいいな、読んだ事のないものが収録されていたら嬉しいな、そんな気持ちで。

    目次は、コース料理に見立てられ、それにふさわしい、米原さんの文章が紹介される。
    この、フルコースメニューに沿ってというのは、最近の流行だ。
    しかし、そういうオシャレな流行スタイルをとっているにしては、何か政治思想のにおいがする。

    作家の傑作選の編者は、普通、最初のご挨拶と、締めのご挨拶くらいしか書かないものだと思っていたが、コース料理の合間合間に、「シェフのご挨拶」が顔を見せる。

    つまり、「米原万里」は料理の素材であって、出来上がった料理は、“シェフ”佐藤の作品。
    この本は、そういう本だと私は思った。
    それをどう捉えるかは、読む人次第だ。
    正直に書きます。
    私としては、「別に、あなた(佐藤氏)の事を読みたいわけではない」

    純粋に米原万里を読みたいのであれば、今だっていくらでも手に入る。
    ただ、大学の卒論などはなかなか読めないかもしれないが。

    買ったまま、積ん読状態の米原作品が何冊かある。
    まず、それらをきちんと読まなくては、と反省させられた。

  • 米原万里が亡くなって久しい。散り散りの文章を集める編者は必要だろう。佐藤優セレクトでもいい。ロシア料理のコースになぞらえたアンソロジー形態でもまあ良かろう。けど、彼の逮捕劇の経緯はココで語らんでもいいと思うわあ。
    大学の卒業論文収録。本人生きてたらイヤがるやろなぁ。

  • 図書館で。
    佐藤優選米原アンソロとでも言うべきなのか。時々読んだ事がある気がする小作あり、こんなのも書いてたんだ~と思うモノもありで楽しく読みましたが… 卒論はちょっと読み切れなかった(笑)

    宗教よりもアルコールを崇める方が良いってのはすごいなぁ。外国のユーモアセンスってさらりとしていてすごいと思う。確かにビール派とワイン派が殺し合ったりしないもんな~

  • 2017.12.9. 福岡・入江書店にて購入。

  • 著者・編者の2人の対話や思い出話をもっと読みたい。それにしても米原万理が亡くなってしまったのが残念で仕方がない。今の政治や社会情勢についてのとても面白い文章が読めたことだろうに。この本では卒業論文まで載っていて、もうやはりこれ以上は未発表の作品は無いのだろうなと思うと寂しい。

  • エッセイ集。出色は「金色の目をした銀色の猫」。ロシアで偶然見かけた子猫を日本に持ち帰る話なのだが、チンチラの可愛さ、外国から生き物を迎え入れる際の面倒なドタバタ劇、周囲の手助けの暖かさがビジュアルで「見える」。

    優れたエッセイは、人間の可笑しさ、弱さ、悲しさが、鮮烈な情景と共に立ち上がってくる。そして風景が、登場人物の感情の動きが、一瞬で心に刻まれる。魔法に近いものがある。そういうエッセイのお手本として真っ先に思い浮かぶのが、小林秀雄の「人形」。先のエッセイはこの名作に比肩すると思う。

  • 2016年刊。

     外交官と通訳。遠いとも近いともいえる2つの職種のエキスパートは、ロシア・ソ連という糸で結びつく。この結びつきは、2人が天賦の才を類稀なる努力によって揺るぎなき能力を育み、これをもって周囲をねじ伏せた人物との面で共通するからこそとも見えないことはない。

     前者が後者に寄せるリスペクトと哀切の情が生んだ本書のエッセイ群は、それはそれは練達のそれである。
     就中、米原氏の東京外大卒論の凄みに声を失う。こんな思索に溢れる文章は、二十歳すぎは勿論、今の私にも書けないよ…。

     ところで、著者の細川護熙・小沢一郎・公明党評には爆笑させられた。

  • 米原万里さんの多才さを 1冊に 凝縮した本。軽快なエッセイから始まり、原点としてのロシア文学研究、翻訳者や小説家のプロとしての考え方など


    出版社の編集者だったら、人気のある 楽しいエッセイを集めて、営利優先となるのでしょうが、佐藤優さんは 米原さん そのままを 本にまとめたかったのかなーと感じました

  • 恐れながら。題名から想像する内容とは大きく外れ... ているのはおそらく私の責任ですw

  • 佐藤優さんの編集が米原さんの良さをかなり消してしまっている印象。

全18件中 1 - 10件を表示

偉くない「私」が一番自由 (文春文庫)のその他の作品

米原万里の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
原田 マハ
稲垣 えみ子
三浦 しをん
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

偉くない「私」が一番自由 (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする