世界を変えた10人の女性 お茶の水女子大学特別講義 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
4.19
  • (15)
  • (13)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 183
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167906191

作品紹介・あらすじ

女だてらか、女性ならではか?アウンサンスーチー、マザー・テレサ、緒方貞子など時代を変える仕事をした女性達について、池上教授が語り、女子学生らと徹底討論。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 10人の女性の生き様、人となりはもちろん興味深かったが、最後の学生たちのレポート発表と議論がなかなかおもしろかった。人に伝わる、説得させられる文章はどのように書けばいいのか勉強になったし、感じたこと考えることが人によって様々で、そんな見方もあるのか〜と刺激になった。私は大学でそんな経験してこなかったなあ…

  • 10人の女性は世界を変えたかもしれないが、彼女らが女性でなくてはならなかった必然性はあるのだろうか?たまたま大事をなした人物が女性であったということなのでは?考えさせられる。

  • 講義を通して,歴史学の本来あるべき姿を教示する.温故知新,そのためにはどこまで突き詰めて考えるべきか,それを実地で学ぶ.普段から教え込まれている東工大生が羨ましい.

  • 【女だてらか、女性ならではか?】アウンサンスーチー、マザー・テレサ、緒方貞子など時代を変える仕事をした女性達について、池上教授が語り、女子学生らと徹底討論。

  • 名前は知っているけど何をしたのか知らない人が多かったので勉強になった。

  • 詳細は、あとりえ「パ・そ・ぼ」の本棚とノート
     → http://pasobo2010.blog.fc2.com/blog-entry-1469.html
    2020.03.06 ニュース
    文藝春秋、小中学生向けに電子書籍30タイトル以上を無料配信 文: 電子書籍編集部

    これを機会にKindle 版と書籍を読みます。
     

  • 大学の講義でこういうことをやってもらうというのは、楽しいだろうな。アウンサンスーチーは、田中真紀子みたいな人、とか、知っている人物についての知らない話もあれば、そもそも誰?という人もけっこういた。アニータ・ロディックとかベティ。フリーダンは名前も知らなかった。緒方貞子は知っていたけど、具体的なエピソードは知らなかった。俺も『ホテル・ルワンダ』の映画は見ているけど、あそこに出てきた国連軍の背後にいたのが彼女だったと思うと、なんというかあれこれ考えるところはあるなぁ。あの国連軍、評判悪かったもの。

    学生さんたちとの議論も良かった。池上氏流のアピールするポイントの見せ方とか、文筆家、ジャーナリストとしてのスキルも垣間見ることができたんじゃないだろうか。

     面白い本だった。

  • カテゴリ:図書館企画展示
    2019年度第5回図書館企画展示
    「追悼展示:緒方貞子氏執筆本等」

    展示中の図書は借りることができますので、どうぞお早めにご来館ください。

    開催期間:2019年11月1日(金) ~ 2019年12月23日(月)
    開催場所:図書館第1ゲート入口すぐ、雑誌閲覧室前の展示スペース

  • 何をしたか知っているつもりで知らなかった人、名前しか知らない人、名前も知らない人…恥ずかしながらそんな人ばかりだった。元が優秀だったり裕福な人も多いけど、強い信念や目標があれば何かを成し遂げることができると感じた。行動力も素晴らしい。世界を変えることはできなくても、自分も、また娘たちにもこんなふうに強く生きてほしい。突っ込みどころ満載だったけど、学生たちのレポートもすごかった。

  • 池上さんの講義を書籍化したもの(『世界の見方』シリーズなど)は、わかりやすい語り口で大好きなのだが、この本も非常にエキサイティングだった。
    まさに、学生時代を思い出した。
    思考を深めて、自分の論を展開する……それを徹底的に叩き込まれた学生時代だった。
    それで、人間的にひと回りもふた回りも成長できたと思う。
    池上さんのよいところは、けして自分の意見を押し付けないところ。
    いい情報も、悪い情報も、等しく前に並べて、
    「さぁ、君はどう考える?」と問いかけてくる。
    それに真剣に向き合う姿勢が問われる。
    私も、池上さんの講義、直接受けたかったなぁ。

全20件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

池上彰(いけがみあきら)
1950年、長野県松本市生まれ。慶應義塾大学経済学部を卒業後、NHKに記者として入局。さまざまな事件、災害、教育問題、消費者問題などを担当する。科学・文化部記者を経て、NHK報道局記者主幹に。2005年3月にNHKを退職し、フリーのジャーナリストに。
主な著書に、『経済のことよくわからないまま社会人になった人へ(第4版)』(海竜社)他、多数。

「2020年 『池上彰の今さら聞けない日本のこと(仮)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

池上彰の作品

世界を変えた10人の女性 お茶の水女子大学特別講義 (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×