逢沢りく 下 (文春文庫 ほ 22-2)

著者 :
  • 文藝春秋
4.20
  • (19)
  • (15)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 166
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167906962

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 全2巻。まるで芥川賞作家の小説のような、単館系映画の作品ような雰囲気を持っているが、流暢な文体も無ければ、凝った映像と編集もないマンガで、コレを表現出来たことに驚いた。

    仮面夫婦の両親のもと、感情を無くした14歳の美少女りくを気持ち悪くなった母親が、大阪の親戚に一時的に預けるという話。ある意味母親が1番のモンスター。りくは合わせ鏡に過ぎない。

    第19回(2015年)手塚治虫文化賞マンガ大賞受賞。島本和彦『アオイホノオ』、松井優征『暗殺教室』、荒川弘『銀の匙 Silver Spoon』、大今良時『聲の形』、漫画・近藤ようこ/原作・津原泰水『五色の船』、コージィ城倉『チェイサー』、岸本斉史『NARUTO-ナルト-』、洞田創『平成うろ覺え草紙』を抑えての受賞だ。どんな傑作なのか見てみたかった。どうやら私と同様、審査員はまるきりの変化球にきりきり舞いしたようだ。見たことのない異作だった。

    本来のペン描きを捨てて、鉛筆描き一つに絞った世界観。それは、小学生や中学生が漫画を描き始めて、最初にノートに始めたあの手触りである。そういう意味では、私も未だに持っているノートがある(少年の頃はマンガ家志望だった)。稚拙だけど、1番本気の魂が入った作品になる。

    もちろん、ほしよりこは大人だから、逢沢りくから見た世界だけではなく、次第とお父さんやお母さんから見た残酷な世界観をも描き、反対に大阪のコテコテの世界も対になるように描く。「号泣必至」と宣伝文は書くが、途中で涙を忘れたりくのように、私の涙はなぜか出て来ない。自由自在に涙を出すことができていたりくは「大人ってとんでもないウソつきなんだから」と、5歳の時ちゃんに繰り返し云う。私の涙が出ないのは感動しなかった「印」じゃない。りくが途中で出せなくなったのも、心が動かなかったわけじゃなくて、反対に心が動かされてそれを表現する手段が見つからなかったためだと、誰でもわかるように、世界を作っていた。

    人間は嘘をつく動物だと知っているりくは、いつの日か愛情表現でウソ(ギャグ)を言い合っている関西弁を自由自在に操れるようになると思う。

  • 大切な友だちに読んでみてと言われた本

    読み進めるほど主人公に対して私は好きになれない、逢沢りく
    という気持ちしかなかったのだけど

    関西弁が出てきたあたりから、心地の良い笑いが顔を出し始め
    お母さんが好きでいてくれた男の人に諭されるシーンで
    まず一度まさかというほど胸を揺さぶられ

    3ページくらいまえまで全然そんな気持ちなかった
    というテンションのまま

    ラストのページで号泣しました。

    総じてあたたかくてとっても素敵な作品です。
    みんな傷ついてるし、分かりたいと思ってるし、側にいたいと思ってる。

    この作品を評する言葉に優しいとかあたたかいと使ってしまうのはきっとそういうことなのだと思います。

  • ほしよりこさん とてもすき
    一瞬泣いた
    あいざわりくの絶望とうつくしさと
    少年のかわいいこと。

  • はじめは画柄に衝撃ですが、読み進めるとはまる。主人公が人間らしさに目覚めるまでな話な印象。

  • 最初はなんやねんこの子と少し苛つきを覚えながらも、りくの感覚を知っているような気がして読み進め…鉛筆で軽く打った点のような目だけであそこまで表情豊かに描けるのはすごいですね。会話などのやりとりも表現豊か。下巻では時ちゃんとチイボの愛らしさがもう最高でした。なんやねんと走りまくるりくも。自分も出すはずだった感情を見失ってあれ?あれ?ってなるから気になったのかな^_^

  • それにしても、りくちゃんのパパのような男性は本当にいるのだろうか。関西のあんなにおもしろい親族の元で育ったのに、東京で長く働いて最早関西弁も出なくなったけれど、おしゃれな仕事で成功。美しい妻を得て、妻を家庭に閉じ込めて、妻がストイックなほどに家事&育児に打ち込む様子を見てまあまあステディな彼女も作って、それでもなお妻に永遠に片思いしているなんて。

  • 関西のうちでは、おばさん、おじさんだけでなく、その息子(次男)司、アフリカに単身赴任中の長男、昭。その妻、冬美、こどもたちの春くんと時ちゃんが出入りする。
    時ちゃんはりくのことが好きで、まとわりつく。
    実は時ちゃんは病気だった。

  • りくは、いわゆる「ふつうの女の子」ではない。しかし、りくは私であり、あなたかもしれない。りくのように容姿端麗でなくとも。りくにとっての涙は、寧ろ不器用であること。そして、泣くことが出来なくなったことは、素直になったとも言えるのかも。だから最後の、あの切なさに、私も走り出したくなる。

  • 心の鎖がすこしほどけた逢沢りくさん。親元を離れて心安らかに生きていってほしいな。

  • 嘘でしか泣けないりく。
    少しずつ見える変化…。時ちゃんとのやりとりは、大人になった私からすると可愛いなって思いました。
    関西の人っていうのか、こういう人おるなって思います…。でも、すごく尊敬出来る…。私は素直じゃないりく側なので…。最初は距離が近すぎて嫌だと思うのに、本当はそれを求めてたり…。
    最後のシーンは、一緒泣いてしまいました…。
    きっとりくは変わって行きそうで、見たかったなーって思いました。

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1974年生まれ。関西在住。2003年7月より、「きょうの猫村さん」をネット上で連載。2005年7月に初の単行本『きょうの猫村さん 1』を出版し、日本中の老若男女を虜に。2015年には『逢沢りく』で手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞した。著書に『きょうの猫村さん』『カーサの猫村さん』シリーズのほか、『僕とポーク』『山とそば』『B&D』がある。

「2017年 『2018年「きょうの猫村さん」卓上カレンダー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

逢沢りく 下 (文春文庫 ほ 22-2)のその他の作品

逢沢りく 下 単行本 逢沢りく 下 ほしよりこ
逢沢りく(下) (文春文庫) Kindle版 逢沢りく(下) (文春文庫) ほしよりこ

ほしよりこの作品

ツイートする