検察側の罪人 上 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.57
  • (21)
  • (64)
  • (78)
  • (8)
  • (0)
本棚登録 : 565
レビュー : 45
  • Amazon.co.jp ・本 (362ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167907846

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 蒲田の老夫婦刺殺事件の容疑者の中に時効事件の重要参考人・松倉の名前を見つけた最上検事は、今度こそ法の裁きを受けさせるべく松倉を追い込んでいく。最上に心酔する若手検事の沖野は厳しい尋問で松倉を締め上げるが、最上の強引なやり方に疑問を抱くようになる。

    「法という剣でもって悪人を一刀両断にする。それこそが検事だと」

    正義とは何か。
    時効制度。
    冷酷な取り調べ。
    冤罪?

    みんな、犯人を松倉と確信しているのか、犯人であってほしいと思っているだけか。

    最上に発破をかけられ、松倉の取調べで悪魔のように罵詈雑言の限りを尽くす沖野。読んでいて泣きたくなった。沖野の心はもう壊れかけてるよ。

    時効になっても罪は消えない!さばきを逃れた犯人を絶対に許せないと思う最上の心はもっと壊れて…。

    こんなラストで下に続く… どうなるん?

  • 映画化されるというので手に取った一冊ですが、公開日には日本にはいないため映画を観れるのはいつになることやら... 検事同士の対立だとばかり思って読み始めたのですが、新たな犯罪が起こり、展開が気になります。ベテラン検事の正義と犯罪の狭間で逡巡する姿が意外にあっさりしていたような気もしたんですが、それだけ展開の時間が早かったということでしょうね。下巻に続く。

  • 雫井さんの作品を読むのは、火の粉に続いて2作目かな。

    少し前に、太田愛さんの書いた”幻夏”を読んでなぜ、冤罪が起こるのか?という流れを知ったが、これもそれと同じで検察側の人間が冤罪を作り出している。

    本来ならば、法の下において正しい手順で裁判を迎えなければいけない検察官の最上が、自分の個人的な感情(正義感?)とエゴで暴走していく姿は正直、気分が悪い。だからと言って、ここに出てくる弓岡や松倉が良いのか。と言われれば当然、そんなはずはない。彼らも罪をおかした罪人なのだから。

    読んでいて気持ちの良い小説ではないけれど、ページをめくる手が止められなくて上巻を一気に読んでしまった。下巻では、沖野と最上、そして松倉の関係性がどう変化していくのか先が気になるところである。

  • え~、なんでそこまでやるかなぁ。
    感情移入できないし、「こうやって冤罪って作られるのか」とか考えちゃってすごく気分が悪い。

    下巻でどれくらいスッキリさせてくれるのか。
    モヤモヤしたまま終わらせないでくれよ?

  • 上下巻読んでの感想。
    人の心とはどうしてこんなにも複雑なのだろう。
    法の番人として自分の職務に誇りを持っていただろう最上。
    だが、法の網をくぐり抜け何の罪も受けずに生きてきた犯人を目の前にして、最上の中で何かが壊れていく。
    以前にも殺人を犯している。
    そして、捕まらずに時効を迎えている。
    そんな人間ならば今度も殺人を犯していてもおかしくはない。
    きっと犯人だ。犯人に違いない。
    最上の思いは犯人であってほしいという願望にも似たものだったように思う。
    本当に逃げ切るつもりだったなら、もう少し計画をきちんと立てたのではないだろうか。
    過去の犯人を法廷の場に引きずりだしたい。
    きちんと法の裁きを受けさせたい。
    その思いだけが突っ走ってしまったような気がする。
    現実味がないようにも思う。
    けれど、作られた小説やドラマを簡単に超えてしまうものが現実ではないだろうか。
    沖野の青臭い正義感。
    どんな人間でもやっていないことで裁かれてはならない。
    たぶんそれは正しいのだろう。
    でも捕まらずに逃げおおせただけで罪はなくなるのだろうか。
    どこかで線引きをしなければならないのはわかる。
    でも、殺人に関しては時効が必要だとはあまり思えない。
    沖野の苦悩はそのまま困惑と戸惑いと矛盾と・・・いろいろなものを読んでいた者に考えさせる結末だった。

  • 雫井脩介『検察側の罪人 上』文春文庫。

    上下まとめて。

    評判の高い作品ということで大いに期待した。最初に誓っておくと、雫井脩介の作品は、ほぼ全て読んでいるので嫌いな作家ではない。寧ろ好きな作家の一人だ。

    しかし、前半のまどろっこしさと迫力に欠ける描写と、裏表紙に記載されている通りのストーリーに読んでいて嫌気がした。解るんだけど、どうにも空回りしているような…

  • 「検察側の罪人」
    公開日:2018年8月24日
    東京地検のエリート検事・最上毅のもとに、沖野啓一郎が配属される。沖野は最上が検察教官を務めていた時期の教え子だった。しかし二人の検事は、都内で発生した殺人事件をめぐって、互いの信念と正義をめぐって対立しはじめるー。
    キャスト:木村拓哉、二宮和也、吉高由里子、松重豊、平岳大、八嶋智人、大倉孝二、山崎努、矢島健一、尾琢真(TEAM NACS)、キムラ緑子、芦名星、山崎紘菜
    監督:原田眞人
    http://kensatsugawa-movie.jp/
    Twitter https://twitter.com/kensatsu_movie
    Youtube https://youtu.be/4apNRNDHUlk

  • 老夫婦刺殺事件が起こり、それに関与する男が、かつて時効になった人殺し事件の犯人だった。一度人を殺し、罪に裁かれなかったその男は老夫婦刺殺事件の犯人なのか。かつての時効の事件に深く心を痛めていた検事が老夫婦刺殺事件を担当し、その男を真犯人へと導くが…。
    次々展開され引き込まれていく。

  • 元々は買うつもりもなかったが、珍しく嫁さんからリクエストがあったので購入。
    帯を見て、なぁ~んだ、キムタク×ニノで映画になるってわけか。
    ネットで調べてみると、東京地検のエリート検事である最上毅にキムタク、その下に配属されてきた若手検事の沖野啓一郎にニノで、他のキャストは未発表。
    配役だけで動員を稼ごうとしていることがミエミエ?
    福岡へ出張に行った往復の新幹線で読み終えて、普通はこうして本を読み進めると、登場人物の顔が映画のキャストの顔になってくるのだけれど、この本に限っては全くそうならず。物凄~くイメージ違う感じ。
    有能とされる最上が過去の事件に搦め取られ、別件で逮捕した人物に罪を着せようとするストーリーが些か強引かつ陳腐。
    もはや引き返せないところまで最上が手を下してしまったところで、下巻に続く…。

  • あらすじ(背表紙より)
    蒲田の老夫婦刺殺事件の容疑者の中に時効事件の重要参考人・松倉の名前を見つけた最上検事は、今度こそ法の裁きを受けさせるべく松倉を追い込んでいく。最上に心酔する若手検事の沖野は厳しい尋問で松倉を締め上げるが、最上の強引なやり方に疑問を抱くようになる。正義のあり方を根本から問う雫井ミステリー最高傑作!

全45件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

雫井 脩介(しずくい しゅうすけ)
1968年、愛知県生まれの小説家・推理作家。専修大学文学部卒業後ひとたびは就職。出版社などを経て、1999年内流悠人(ないる ゆうと)という筆名で応募した『栄光一途』が第4回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞し、2000年同作でデビューする。
2004年『犯人に告ぐ』が、2004年版「 週刊文春ミステリーベスト10」で第1位、2005年版「このミステリーがすごい!」で第8位、第26回吉川英治文学新人賞の候補として選ばれ、第7回大藪春彦賞を受賞。豊川悦司主演にて映画化・ドラマ化。代表作となる。
2006年に恋愛小説『クローズド・ノート』を発表し、沢尻エリカ主演で映画化。2013年刊行の『検察側の罪人』は2013年度「週刊文春ミステリーベスト10」4位など評価を受け、2018年8月24日木村拓哉・二宮和也共演で映画化。

検察側の罪人 上 (文春文庫)のその他の作品

雫井脩介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

検察側の罪人 上 (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする