猫大好き (文春文庫)

  • 文藝春秋
3.27
  • (1)
  • (5)
  • (7)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 38
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167909130

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 仕事で泊まったホテルの部屋の名前がどういうわけか”ネコ大好き”で、この文庫本が置いてあった。軽妙なエッセイ集だが猫の話はごく一部。日本ではイカじゃなくてタコが愛されているって話はなるほどと思ったけど、全体的には他愛ない話。

  • どれも他愛のない話で、いまいちでした。

  • いきなりラーメン店主の腕組み問題に始まり、確かに、とうなずいた。タオルを目蓋のあたりまで下げて頭に巻き、どや顔で写真に載るアホ店主たち(著者はそんな無礼な表現はしない)。その姿をネット画像では見るものの、地元にはいないのが救いだ。やたら威張ってるのが一人いるな。あやつらは、何かを履き違えている。その他、蛸やヒトの内臓の考察も興味深かった。でも、残念だけど往年のキレがなくなった。丸かじりシリーズに比べて、一話が長過ぎてダラダラ感が否めない。

  • 丸かじりシリーズとは違い、テーマも長さも自由なエッセイが収録されている。ラーメンや餃子など食べ物の話題もある。東海林さんのエッセイにはハズレがない。

  • 安定の面白さ。いいねいいね。それにしてもわかりやすい文章だなあ。ほんと、すばらしい。

  • 【こんな生き方、許してニャン!?】なんとも羨ましい猫の生き方研究から内臓と自分の不思議な関係まで、今日もショージ君はふか〜く考える。大好評エッセイシリーズ。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1937年東京都生まれ。漫画家、エッセイスト。早稲田大学露文科中退。70年『タンマ君』『新漫画文学全集』で文藝春秋漫画賞、95年『ブタの丸かじり』で講談社エッセイ賞、97年菊池寛賞受賞。2000年紫綬褒章受章。01年『アサッテ君』で日本漫画家協会賞大賞受賞。11年旭日小綬章受章

「2019年 『ヒマつぶしの作法』 で使われていた紹介文から引用しています。」

猫大好き (文春文庫)のその他の作品

猫大好き (文春文庫) Kindle版 猫大好き (文春文庫) 東海林さだお
猫大好き 単行本 猫大好き 東海林さだお

東海林さだおの作品

ツイートする