銀翼のイカロス (文春文庫)

著者 : 池井戸潤
  • 文藝春秋 (2017年9月5日発売)
4.31
  • (83)
  • (83)
  • (22)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :656
  • レビュー :56
  • Amazon.co.jp ・本 (434ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167909178

銀翼のイカロス (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

絞り込み:

表示形式:

表示件数:

  • 今回の舞台は大手航空会社。敵は国交省! あいかわらずどいつもこいつもムカつく奴ばかり。しかしやはりそいつらを半沢がやりめこた時の爽快感。面白いねーこのシリーズ

  • 2回目

  • 水戸黄門的な勧善懲悪で結末がわかっており、現実的にあり得ない場面も多かったが、文句なしに面白かった。

  • とてもおもしろかったです。大きなストーリーをショートストーリーでまとめ上げた感じです。勧善懲悪のストーリーなので、ワクワク感に安心感を持って読み進めました。多少都合よく進みすぎかなとも、思いましたが。

  • 面白かったけど、物足りなさを感じた半沢直樹第4弾。

    東京中央銀行営業第2部次長半沢直樹が、帝国航空再建に乗り出す。JALと重なりわかりやすい。どこまでがノンフィクションなのか気になるところだが、ここまで話を寄せるなら完全なノンフィクションにするべきな気もする。また蓮舫さんを連想させる白いスーツの白井国土交通大臣、あまりに無能だし、さすがに蓮舫さんに失礼だと思う。昔ながらの利権を握る大物政治家箕部は、半沢の正義感を際立たせるために必要なヒール役だけど、キャラクター設定にヒネリがないのが残念。

    半沢の勝利は分かっていながらも痛快だが、全体的には不完全燃焼だった。帝国航空再建の具体的な描写が少なかったのが、物足りなさの原因だと思う。次回作に期待したい。

  • 待ってました!半沢直樹第四弾!
    今回も曽根崎から梅本常務から白井大臣、コンサルタントの乃原から箕部議員まで痛快にギャフンと言わせてやりましたよ!痛快痛快(笑)

  • 今回の敵は政治家。テーマは『もろはのつるぎ』。その剣で今回は政治家をぶった斬ります。しかし諸刃の剣、自分達も傷みを負い‥が、それは理想のバンカーに近づくための傷み。決して無駄にはならない。

  • 相変わらず半沢直樹面白い。まさに痛快。銀行業務のこともよくわかり為になる。

  • 半沢直樹シリーズ第4弾。合併後も以前旧銀行同士の派閥争いが止まぬ東京中央銀行。そして、隠蔽されたままの不良債権。今回の舞台は、再建が逼迫した旧国営航空会社の民間航空。政治政権交代で華々しく国交大臣に就いた元女性TVキャスターが打ち出した航空会社再建の手段とは。

  • 半沢直樹シリーズ。
    読み始めから引き込まれていく感じはいつも通りで満足。
    今回の話は、行内に加えて政治がらみの話も加わったものとなっており「よくこんな話を思いつくなぁ」とつくづく感心である。

銀翼のイカロス (文春文庫)のその他の作品

銀翼のイカロス Kindle版 銀翼のイカロス 池井戸潤
銀翼のイカロス 単行本(ソフトカバー) 銀翼のイカロス 池井戸潤

池井戸潤の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
池井戸 潤
朝井 リョウ
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする