キャプテンサンダーボルト 下 (文春文庫)

  • 文藝春秋
3.75
  • (46)
  • (107)
  • (74)
  • (12)
  • (3)
本棚登録 : 782
レビュー : 87
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167909543

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本屋大賞2015年8位。阿部和重と伊坂幸太郎の共著。阿部和重のは読んだことないけど芥川賞作家らしい。伊坂の本は娯楽小説の王道っぽいけど、ときどき政治的な主張が鼻につくとこある。この本は共著のせいか個人的なかたよりがなく純粋に娯楽を追求してる感じ。ユーモアと小気味良い展開が際立ってるし、ストーリーもわかりやすくサクサク進む。ただ、なんか物足りないのです。心が揺さぶられる部分がないというか。あと、オタクっぽいうんちくの部分がやや退屈。戦時中に米軍が秘密工場を破壊した時、他に誰かいたような記述があったけど、その伏線がどう回収されたのか良くわかりませんでした。筒井さんと何か関係あったの?

  • 導入は村上春樹「海辺のカフカ」の「Rice Bowl Hill Incident」を想起させる僕好みのドキドキ展開だったものの、結果「まあまあ」。どうせならいっそのこと最初から映画を撮っちゃえばいいのに。一番感動したのが文庫用に追加された「ボーナストラック」(下巻の方)、というオチ。

  • まあまあ

  • 友人のすすめで読んでみた。

    共感や教訓はないけど、興奮はある。
    全体的に浅く、思索をめぐらせたくなるような深みは感じなかったが、最初から最後まで飽きさせずに読ませるテンポの良さはさすが。

    作中の固有名詞が著名な作家などを意識して書かれていることは気になるポイントだったが、個人的にはディズニーランドで隠れミッキーを見つける程度の面白みでしかなかった。なんか深い意味とかあるのかな。

  • 伊坂さんの他愛もない表現ぶりが好きです。
    ただ、ちょっと偶然が多すぎるかな。

  • 謎の疫病『村上病』に端を発した陰謀に巻き込まれた悪友コンビ。すべての伏線が収束するクライマックスの下巻。
    世界は陰謀に溢れている説に従えば、すべての出来事は茶番劇である。今日のニュースも後で振り返れば、陰謀の成立の為かもしれない。登場人物にそれぞれモデルがあるようだが、では桃沢瞳は誰なのかと考えると、これは伊坂・阿部コンビの陰謀か。

  • はちゃめちゃ感あるけど、村上病とか設定が面白い。伏線回収は他作と同様楽しめる

  • 謎の病気「村上病」、テロ、雷神サンダーボルトの劇場版上映中止、B29墜落の謎。
    様々な謎の中で進行する バディ物のストーリー。
    なかなか楽しめました。

  • 映画を文字起こしした様に場面が眼に浮かぶ。
    映像化を希望。配役をあれこれ想像して楽しめる。
    伊坂ファンとしてはストレートな展開過ぎてちょっと残念。

  • 「キャプテンサンダーボルト」(阿部和重 伊坂幸太郎)[電子書籍版]を読んだ。何がどうなってお二人がこれを書くことになったのかという事は存じあげないし、どういう形で創作して行ったのかも知らないのだけれど、なんだか相乗効果みたいなものが感じられなかったというのが正直な感想です。

著者プロフィール

1968年生まれ。『アメリカの夜』で第37回群像新人賞を受賞し作家デビュー。’99年『無情の世界』で第21回野間文芸新人賞、2004年に『シンセミア』で第15回伊藤整文学賞・第58回毎日出版文化賞、’05年『グランド・フィナーレ』で第132回芥川賞、’10年本作で第46回谷崎潤一郎賞をそれぞれ受賞。他の著書『クエーサーと13番目の柱』『IP/NN 阿部和重傑作集』『ミステリアスセッティング』ABC 阿部和重初期作品集』対談集『和子の部屋』他多数。

「2013年 『ピストルズ 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

キャプテンサンダーボルト 下 (文春文庫)のその他の作品

阿部和重の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
米澤 穂信
宮部 みゆき
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする