惑いの森 (文春文庫)

著者 : 中村文則
  • 文藝春秋 (2018年1月4日発売)
3.00
  • (1)
  • (6)
  • (7)
  • (6)
  • (1)
  • 本棚登録 :131
  • レビュー :13
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167909987

作品紹介・あらすじ

毎夜、午前一時にバーに現われる男。書かれなかったはずの手紙を、たったひとり受け留め続ける郵便局員。植物になって生き直したいと願う青年――これ以上なく愛おしき人々の、めくるめく毎日が連鎖していく。『教団X』『去年の冬、きみと別れ』『R帝国』など、話題作をぞくぞく放ち、世界中で翻訳される作家の、狂気とユーモア、愉悦、すべてが詰め込まれた魔性の50ストーリーズ。

惑いの森 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 短編集で全体的に暗め。
    この作者の本を今までまだ読んだことがないが、
    他の本を読んでから再度この短編集を読んだら
    しっくりくるかもしれない。
    初めて読むには抽象的で掴み所がなく
    あまり内容が入ってこなかったのが残念。

  • 2010〜2011年Web連載+書き下ろしの50篇の掌編集。中村作品にはないトーンのものや長編で見られる世界の断片が現れている。作品のアイデアスケッチのような趣きがある。‬

  • 50のショートストーリー集です。

    どの作品もそれぞれ違った良さがありますが、私が特に印象に残っているのは、“他人には理解することのできない、彼女だけの苦しみの中に(p39)”いる女の物語『8 雨宿り』や、“生き難さを抱えているすべてのひと達のために祈れって(p175)”教祖が言ったという『45 供述』、“生き難さを感じるひと達と同じ場所で歌えばいいんだ(p182)”と思い歌う『47 すべてのひとに』です。

    人それぞれ生きる苦しみはあるかもしれませんが、希望の光が見え、心が温かくなり励まされる、“やさしい作品集”でした。著者のやさしさが詰まっていました。

  • 二週間に一話はハイペースだけど、この一冊におよそ一年の時間がそのまま流れているわけで、そう考えると面白い。

    あとがきにあるように、ファンの方が持ち歩きたい作品と言うのは分かる気がした。
    (『銃』やら『遮光』やら、中村文則のカバンに潜めるシリーズは不穏だけど、笑)

    「タクシードライバー」という、冒頭の話が、とても良かった。
    同じ時間に、同じことをしなければならない、そんな制約がどんどん強まっていく男。
    同じ時間に、同じバーに来て、同じタイミングで飲み始め、飲み終える。
    それさえ怖くなって店長には時報を流しておいてもらう。

    自分は繰り返しだけをひたすら願うのに、周囲の無遠慮な変化はそれを赦してくれない。
    同じ時間、同じバーにあるはずの席が、その日混雑していて、なくなっていた。

    人であろうとするから、制約が付いてくる。
    だけど、人であったから、救われることもある。
    途中から自分の中の強迫観念のようなものに触れていることに気付きながら、結末に、私が救われた。


    「宗教や神話にあるヘブンとは、本当は、あの世のことではないのだから。ひとが世紀を跨ぎながら創り上げていく、その先に実在する世界のことだから」

  • 1話目の「タクシードライバー」というお話に、泣きました。

    たった6ページの物語に、こんなにも泣かされるとは。

    カフェに入り、コーヒーを注文し、さあ読むぞ、と気合を入れてページをめくりはじめ、5分と立たないうちに。

    不意打ちもいいところです。

    かつて不安障害?を抱えていた男性のお話。
    男性の哀しみ、苦しみがあまりにもリアルに胸に迫ってきて、切なくて哀しくて、自宅で読んでいたら、号泣してました、おそらく。

    哀しみや切なさが、とても美しく慈愛に満ちた文章で描かれ、心の深い部分に響いてくる物語です。

  • 物語の欠片を集めたような、50篇からなる掌編集。
    石ころのような印象は拭えないが、これを研いでいくことで作品ができていくのだろうなあ、と思った。

    松倉香子さんの挿絵が少し不気味で、柔らかくて素敵だった

  • 仄暗い雰囲気のショートショート。
    教団Xを読んでいればもう少し楽しめたのかな?
    ところどころ好きなフレーズもあったのだけど、全体としてはあまりピンときませんでした。

  • ショートショート集なんだが、あわない

     この作者にして、こんなファンタジーというか優しい物語があることが驚きだが、それ以上でも以下でもない。私にはあわないな。

  • 暗い。奇妙で愛おしく狂気に満ちた人々。長編の断片もある。ポジティブに無理に悩みを、問題を解決するのではなく、深い森に迷うがままに身を任せる。

  • 気を抜くといきなり心臓を掴まれるショートショート集

全13件中 1 - 10件を表示

中村文則の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
塩田 武士
中村 文則
恩田 陸
又吉 直樹
伊坂 幸太郎
米澤 穂信
中村 文則
ピエール ルメー...
湊 かなえ
有効な右矢印 無効な右矢印

惑いの森 (文春文庫)はこんな本です

惑いの森 (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする