帳簿の世界史 (文春文庫 S 22-1)

  • 文藝春秋
3.92
  • (15)
  • (35)
  • (13)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 489
レビュー : 33
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167910600

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 著者のジェイコブ・ソール(1968年~)は、歴史学と会計学を専門とする南カリフォルニア大学教授。
    本書は、2015年に単行本で邦訳が発刊され、2018年に文庫化。
    本書は、「帳簿(会計)」という斬新的な視点を軸に歴史の裏側を明らかにしたものであるが、一般に経済に大きな影響を与えると考えられている「帳簿(会計)」が、実は政治や文化に影響を与え、更には歴史までも動かしてきたことを示す、興味深い内容となっている。
    大まかな内容は以下の通りである。
    ◆会計の初歩的な技術は古代メソポタミア、ギリシャなどに見られ、ローマ帝国初代皇帝アウグストゥスは、会計の数値を自らが建造した記念碑にも刻み、透明性の高い精密な会計を自身の政治的正当性と功績に結び付けた。
    ◆12世紀、フィレンツェ、ジェノヴァ、ヴェネツィアなどの商業都市国家が並立し、当時欧州で最も豊かだった北イタリアにおいて、“複式簿記”が発明された。その要因は、それまでとは異なるアラビア数字が使われていたこと、貿易が発展して多くの資本が必要となり共同出資方式が考案されたため、帳簿が単に所有しているものの記録ではなく、出資者への利益配分を計算するための記録となったことというのが定説である。
    ◆14世紀にトスカーナ商人のダティーニが、15世紀にフィレンツェのメディチ家が、会計技術を支えに富豪となったが、ルネサンス期の思想に強い影響を与えた、人間の栄光は芸術・文化・政治的業績に基づくのであり、現実的・現世的な商業は重視しないとする“新プラトン主義”により、会計と責任の文化は根付かなかった。
    ◆16世紀以降、“太陽の沈まぬ帝国”スペイン、欧州最大の王国・仏ブルボン朝などの君主国で会計が注目されたこともあったが、複式簿記による国家の会計システムを安定的に確立した君主はいなかった。それは、君主にとって会計の透明性は危険ですらあったためである。例外は、共和制を維持し続けた黄金時代のオランダ(とスイス)だけであった。事実、ルイ16世期の国家財政が民衆に開示されたことが、フランス革命の要因のひとつとも言われる。
    ◆18~19世紀、アメリカの建国の父たちは、会計の力を信じ、それを駆使した。鉄道の登場による会計の複雑化は公認会計士を生み、更には、多くの専門家を抱えた大手会計事務所が作られることになった。しかし、大手会計事務所が、独立性を必要とする“監査”と企業の立場に立つ“コンサルティング”の双方を手がけるという構造的矛盾を起こすに至り、エンロン事件やリーマンショックが発生した。
    そして最後に、「本書がたどってきた数々の例から何か学べることがあるとすれば、会計が文化の中に組み込まれていた社会は繁栄する、ということである。・・・これらの社会では、会計が教育に取り入れられ、宗教や倫理思想に根付き、芸術や哲学や政治思想にも反映されていた。」、「いつか必ず来る清算の日を恐れずに迎えるためには、こうした文化的な高い意識と意志こそ取り戻すべきである。」と結んでいる。
    数百年に亘る会計の歴史を辿りつつ、現代の複雑化した金融システムを維持するために、我々にはどのような心構えが求められるのかを示唆する、奥深い一冊と思う。
    (2018年5月了)

  • 会計から世界史を紐解く。金の計算ができるかできないかで一国の富と繁栄は決まるという単純な事実を豊富な史料で解き明かした良書。会計の影響を経済だけでなく政治や文化に広げ、特にキリスト教と会計の関わりまで目を配っている。読み物としても面白い。

  • SJ3a

  • 岐阜聖徳学園大学図書館OPACへ→
    http://carin.shotoku.ac.jp/scripts/mgwms32.dll?MGWLPN=CARIN&wlapp=CARIN&WEBOPAC=LINK&ID=BB00602510

    権力とは財布を握っていることである
    メディチ家の繁栄、スペイン没落、フランス革命、アメリカ独立戦争、大恐慌……。いつの時代も歴史を作ってきたのは会計士だった!
    (出版社HPより)

  • 単式簿記と複式簿記の歴史から経済の発展、政治史を眺めていく本。

    帳簿を記すことで、国家や社会、会社が強くなること。複式簿記の考え方は一つの哲学として語ることができることが書いてあって面白かった。「目には目を、歯には歯を」も複式簿記の考え方であることなど。

    自分でも複式簿記の勉強をしたくなり、テキストを買ってみた。

  • 帳簿は、財を成して管理するのに必要なこと。帳簿を付けるのを嫌がるのは、(1)能力かない(2)怠惰だ(3)不正をしたい。の3点かある。お金を何に使ったか。を制するものは、権力を持つ。が往々として、トップかその説明をせずに、秘密にしていくと、不正蓄財か始まり国家の分裂が始まる。

    用心深さや思慮深さの文化から、心の帳簿を日記のついでに記録した。
    富は信心と会計の産物と考えられていた。

    イギリスの南海事件も、too big to fail だったんか。
    権力者は昔から、国会の会計監査を忌避してるんだなあ。
    そして帳簿をマトモに付けることができないので、巨額の横領をしても収支は死んた時にはマイナスだった。

    この本が帳簿の本だから、かと思うが、「財産を作る」には記録して現状を確認し、使った金を監査しろ。
    っての延々と説いてる。楽はできないよなあ
    ただ、必要条件であって、十分条件でないのも、事例として出てくる。

    判定としてプラス修正になるというのが分かりやすい?

  • 世界恐慌などの危機的な状況を何度も迎えながら、資本主義が未だに存続している一つの要因は、直面した危機からの学びとして様々なルールを市場が作り出し、同じような事態に陥ることを避けようとしてきた工夫にあるだろう(もちろん、市場は万能ではない故に同じ過ちを繰り返すことがないわけではないが)。そうしたルールの中でも、最も資本主義において重要なもののひとつが、”会計(Accounting)”、そしてそこから派生する”説明責任(Accountability)”である。

    本書は”会計”という概念を物理的に代表する”帳簿”から、西洋の歴史を振り返ったテーマ史である。西洋社会がかくも発展を遂げた背景には、帳簿により、国家・政府の財政状況を可視化し、しかるべき政策立案につなげる会計士の存在がバックにあったということが、本書を読む事で理解できる。

  • ちょっとずつ読んで、ようやく読了。
    なるほどな~
    巻末で山田真哉さんが解説していました。

  • とてもおもしろかった。

    一番驚いたのは、会計というのは原罪も完全になされているわけではないこと。
    大企業や国家などの大組織での経営の実情を反映することは、意識、倫理的にも、物理的にも非常に困難なことだとわかった。

    考えてみたら、個人の青色申告ですら、大変なのに、為替や株価、原材料価格の上下など、変動の激しい数字をどう反映させるかは、これはもう考えただけで気が遠くなる。その上、欲望も関係する。

    そもそもは、儲けることに罪悪感を持っていたのが、時代を経るにつれ、儲けることが善になっていったのも、興味深かった。

全33件中 1 - 10件を表示

ジェイコブ・ソールの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
劉 慈欣
宮部みゆき
トマ・ピケティ
ヴィクトール・E...
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

帳簿の世界史 (文春文庫 S 22-1)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×