帳簿の世界史 (文春文庫 S 22-1)

制作 : 村井 章子 
  • 文藝春秋
3.89
  • (11)
  • (31)
  • (10)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 324
レビュー : 27
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167910600

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著者のジェイコブ・ソール(1968年~)は、歴史学と会計学を専門とする南カリフォルニア大学教授。
    本書は、2015年に単行本で邦訳が発刊され、2018年に文庫化。
    本書は、「帳簿(会計)」という斬新的な視点を軸に歴史の裏側を明らかにしたものであるが、一般に経済に大きな影響を与えると考えられている「帳簿(会計)」が、実は政治や文化に影響を与え、更には歴史までも動かしてきたことを示す、興味深い内容となっている。
    大まかな内容は以下の通りである。
    ◆会計の初歩的な技術は古代メソポタミア、ギリシャなどに見られ、ローマ帝国初代皇帝アウグストゥスは、会計の数値を自らが建造した記念碑にも刻み、透明性の高い精密な会計を自身の政治的正当性と功績に結び付けた。
    ◆12世紀、フィレンツェ、ジェノヴァ、ヴェネツィアなどの商業都市国家が並立し、当時欧州で最も豊かだった北イタリアにおいて、“複式簿記”が発明された。その要因は、それまでとは異なるアラビア数字が使われていたこと、貿易が発展して多くの資本が必要となり共同出資方式が考案されたため、帳簿が単に所有しているものの記録ではなく、出資者への利益配分を計算するための記録となったことというのが定説である。
    ◆14世紀にトスカーナ商人のダティーニが、15世紀にフィレンツェのメディチ家が、会計技術を支えに富豪となったが、ルネサンス期の思想に強い影響を与えた、人間の栄光は芸術・文化・政治的業績に基づくのであり、現実的・現世的な商業は重視しないとする“新プラトン主義”により、会計と責任の文化は根付かなかった。
    ◆16世紀以降、“太陽の沈まぬ帝国”スペイン、欧州最大の王国・仏ブルボン朝などの君主国で会計が注目されたこともあったが、複式簿記による国家の会計システムを安定的に確立した君主はいなかった。それは、君主にとって会計の透明性は危険ですらあったためである。例外は、共和制を維持し続けた黄金時代のオランダ(とスイス)だけであった。事実、ルイ16世期の国家財政が民衆に開示されたことが、フランス革命の要因のひとつとも言われる。
    ◆18~19世紀、アメリカの建国の父たちは、会計の力を信じ、それを駆使した。鉄道の登場による会計の複雑化は公認会計士を生み、更には、多くの専門家を抱えた大手会計事務所が作られることになった。しかし、大手会計事務所が、独立性を必要とする“監査”と企業の立場に立つ“コンサルティング”の双方を手がけるという構造的矛盾を起こすに至り、エンロン事件やリーマンショックが発生した。
    そして最後に、「本書がたどってきた数々の例から何か学べることがあるとすれば、会計が文化の中に組み込まれていた社会は繁栄する、ということである。・・・これらの社会では、会計が教育に取り入れられ、宗教や倫理思想に根付き、芸術や哲学や政治思想にも反映されていた。」、「いつか必ず来る清算の日を恐れずに迎えるためには、こうした文化的な高い意識と意志こそ取り戻すべきである。」と結んでいる。
    数百年に亘る会計の歴史を辿りつつ、現代の複雑化した金融システムを維持するために、我々にはどのような心構えが求められるのかを示唆する、奥深い一冊と思う。
    (2018年5月了)

  • 会計から世界史を紐解く。金の計算ができるかできないかで一国の富と繁栄は決まるという単純な事実を豊富な史料で解き明かした良書。会計の影響を経済だけでなく政治や文化に広げ、特にキリスト教と会計の関わりまで目を配っている。読み物としても面白い。

  • 世界恐慌などの危機的な状況を何度も迎えながら、資本主義が未だに存続している一つの要因は、直面した危機からの学びとして様々なルールを市場が作り出し、同じような事態に陥ることを避けようとしてきた工夫にあるだろう(もちろん、市場は万能ではない故に同じ過ちを繰り返すことがないわけではないが)。そうしたルールの中でも、最も資本主義において重要なもののひとつが、”会計(Accounting)”、そしてそこから派生する”説明責任(Accountability)”である。

    本書は”会計”という概念を物理的に代表する”帳簿”から、西洋の歴史を振り返ったテーマ史である。西洋社会がかくも発展を遂げた背景には、帳簿により、国家・政府の財政状況を可視化し、しかるべき政策立案につなげる会計士の存在がバックにあったということが、本書を読む事で理解できる。

  • ちょっとずつ読んで、ようやく読了。
    なるほどな~
    巻末で山田真哉さんが解説していました。

  • とてもおもしろかった。

    一番驚いたのは、会計というのは原罪も完全になされているわけではないこと。
    大企業や国家などの大組織での経営の実情を反映することは、意識、倫理的にも、物理的にも非常に困難なことだとわかった。

    考えてみたら、個人の青色申告ですら、大変なのに、為替や株価、原材料価格の上下など、変動の激しい数字をどう反映させるかは、これはもう考えただけで気が遠くなる。その上、欲望も関係する。

    そもそもは、儲けることに罪悪感を持っていたのが、時代を経るにつれ、儲けることが善になっていったのも、興味深かった。

  • 会計士というとディケンズや闇の奥、ショーシャンクの空みたいなイメージだったけど、これほど多様で人間味あふれるストーリがあるとは想像もしなかった。
    ある意味刑務所に入っても重宝される技能だし資本主義の根本を支える根幹であることがよく分かった。
    最後のテクノロジーの進歩は会計を完璧にするよりも複雑にして監査できなくなる方向に働いているという指摘もなるほどとおもった。
    ともかく、今まで知らなかった世界を鮮やかに見せてくれた本であった。

  • 少し前に読み終わった本。『会計の世界史』を読んでいたら思い出したので、ついでにレビューする。

    一言でいうと、『美味しんぼ』の帳簿バージョン。美味しんぼが、あらゆる問題を料理で解決するように、この本の作者にとっては、世界のあらゆる事件はすべて、帳簿に端を発し、帳簿によって解決される。

    会計の知識を深める目的で読み始めたんだけど、上記の事実に気が付いてからは、帳簿が難事件を解決するエンターテイメントとして楽しみながら読めた。良書だと思う。

  • 都合が悪くなると数字を見なくなる、自分の利益のために改竄を行う、集計手間がかかるため反対され頓挫する…今日では財務会計は細かく制度化されているのものの、制度化されていないものを扱うデータ分析の世界では、いまでも似たようなことは起きていると感じます。
    歴史を学ぶことで会計と監査がなぜいまの形になったのか、そしてその意義を知ることができ面白かったです。

  • 営業時代は監査を受ける側、内部統制時代は監査をする側。両方の経験があるので他の人よりも興味深く読むことができたと思う。
    本書はお金の流れを人々がどのように管理しようかと考えた中で試行錯誤の中で生まれた複式簿記の歴史を中心に進む。
    そしてお金の流れを管理するための簿記と監査は歴史的な成り立ちからも表裏一体なのだと理解できた。
    国の経営を捉えると、国王は国の収支を知ることができるが、同時に豪華な宮殿建設が国の財政を圧迫している事など、都合の悪い事実も暴かれてしまう。
    国王でもなくても。都合の悪い事実を知る事を拒否したい。それはわかるが良いことも悪いことも含めて事実をしっかり見て把握することは非常に大切だと言うことがよくわかった。

  • 歴史の本を読んでみたくなったので、買って読んでみた。
    複式簿記に関する記述が随所に見られるが、知らなくてもそんなに困ることはない。(僕は詳しくない。)帳簿によって歴史が動いたということを著者は主張したかったようだが、実際に帳簿が決定打になったかというとそれほど単純でもないように思う。ただ、現代社会においては帳簿は必要不可欠なもので、残業時間の改ざんであっても帳簿の改ざんには違いないのだから、我々にとっても身近なものだと思う。
    解説で仮想通貨と帳簿の関係について述べられていてなるほどと思った。歴史書としては及第点をあげてもよいと思う。

    帳簿の日本史も読んでいて面白かった。戦国時代の大名のルーツが徴税官だとは知らなかった。このあたりも普通に教科書を読んでいたのでは分からなかった。

全27件中 1 - 10件を表示

帳簿の世界史 (文春文庫 S 22-1)のその他の作品

帳簿の世界史 単行本 帳簿の世界史 ジェイコブ・ソール
帳簿の世界史 (文春文庫) Kindle版 帳簿の世界史 (文春文庫) ジェイコブ・ソール

ジェイコブ・ソールの作品

帳簿の世界史 (文春文庫 S 22-1)を本棚に登録しているひと

ツイートする