黄金の時 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
4.00
  • (2)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (331ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167910792

作品紹介・あらすじ

作家の本谷は、亡くなった父親の遺品を整理中に意外なものを発見する。1963年、まだ日本初のメジャーリーガーが誕生する以前、マイナーリーグのサクラメント・ゴールドハンターズで野球をする若き日の父が写った一枚の写真だった。野球は嫌いだったはずの彼に、いったい何があったのか。厳格で仕事一筋、自分とは相容れなかった父の過去を知るべく、本谷は渡米する――。スポーツ誌Numberに連載された、親子三代の野球をめぐる感動の物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なんか物足りない。

    堂場瞬一のスポーツシリーズは、悪役がいたりして、意外に盛り上がるのだが、今回は、悪役と言うものが居ない?親の過去を手繰る息子の旅の話なので、悪役が出てきにくいわけではあるけど、なんか、話の盛り上がりに欠ける。

    和解するとか、もっと盛り上げ方があったのではないかと?

  • 父と息子。その父は誰かの息子。男の子にとって父親って、かなわない存在なのかな。
    そうあってほしい存在かもしれない。父親の葬儀で喪主を務めた弟の挨拶の言葉を聞いて感じたことを思い出した。

  • 日本人青年のマイナーリーグ挑戦記だが、時代背景、場所、条件、登場人物などモロモロの設定が絶妙。

    「野球」も「ベースボール」も、それぞれ良いものだ。

  • 【カリフォルニアで明らかになる親子三代、感動の物語】作家の本谷は父親の遺品を整理中、一九六三年にマイナーリーグで野球をする若き日の父の写真を発見。意外な過去を知るべく渡米する。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

堂場瞬一(どうば しゅんいち)
1963年茨城県生まれ。2000年『8年』で第13回小説すばる新人賞受賞。警察小説、スポーツ小説などさまざまな題材の小説を発表している。著書に「刑事・鳴沢了」「警視庁失踪課・高城賢吾」「警視庁追跡捜査係」「アナザーフェイス」「刑事の挑戦・一之瀬拓真」などのシリーズのほか、、『虹のふもと』『八月からの手紙』『埋もれた牙』『ネタ元』『Killers』など多数。2014年8月には、『壊れる心 警視庁犯罪被害者支援課』が刊行され、本作へと続く人気文庫書下ろしシリーズとなっている。
2018年8月、読売新聞夕刊で「奔る男 小説 金栗四三(かなくり しそう)」を連載開始。

黄金の時 (文春文庫)のその他の作品

黄金の時 (文春文庫) Kindle版 黄金の時 (文春文庫) 堂場瞬一

堂場瞬一の作品

ツイートする