「ない仕事」の作り方 (文春文庫)

  • 文藝春秋
3.79
  • (19)
  • (37)
  • (22)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 520
レビュー : 40
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167911669

作品紹介・あらすじ

「仏像ブーム」を牽引してきた第一人者であり、「マイブーム」や「ゆるキャラ」の名付け親としても知られるみうらじゅん。とはいえ、「テレビや雑誌で、そのサングラス&長髪姿を見かけるけれど、何が本業なのかわからない」「どうやって食っているんだろう?」と不思議に思っている人も多いのでは?本書では、それまで世の中に「なかった仕事」を、企画、営業、接待も全部自分でやる「一人電通」という手法で作ってきた「みうらじゅんの仕事術」を、アイデアのひらめき方から印象に残るネーミングのコツ、世の中に広める方法まで、過去の作品を例にあげながら丁寧に解説していきます。「好きなことを仕事にしたい」、「会社という組織の中にいながらも、新しい何かを作り出したい」と願っている人たちに贈る、これまでに「ない」ビジネス書として話題となり、ロングセラーを続ける本書がいよいよ文庫に。文庫版オリジナル企画として、「スペシャル対談 糸井重里×みうらじゅん」も掲載。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • みうらじゅんさんを知らない人に、この方をどのように説明すればいいのかわからない。わかっていない。私の知っているみうらじゅんさんは、仏像が好きな人で、雑誌『映画秘宝』に連載をしている人。そんなことを考えながら、本書を手にとった。
    本書を読んで、みうらじゅんさんのすごいところ(ご本人はすごいことをしている気概は全然ないでしょうが・・・)の一端を知ることができた。すごいところの一つは、好きでもないものを好きだと思わせるために自分を洗脳していくところ。(何をいっているのかわからないですよね。気になった人は是非本書を手にとってください)
    それでも、第三者にみうらじゅんさんとはどんな人物なのかを説明することは未だにできそうもない。できないまでも、その難題に挑戦してみると、こんな感じになる。

    「マイブーム」「ゆるキャラ」という新しい言葉を生み出し、その世界観を多くの人たちにじわじわと浸透させ、新しい市場というかマーケットというか今までにない文化というか、そんなものを何もない状態から自ら作り出している人。

    本書を読むと、子供の頃からやってきたことの延長線上に現在のみうらじゅんさんがそこにいるのだなぁと思える。今まで無かったものを生み出していく過程は、おもしろいし、読者にいろんな刺激を与えてくれる。
    出会えてよかったと思える本でした。

  • 「ゆるキャラ」「マイブーム」などの言葉と
    言うより「概念」を作り上げた方です。

    ご当地キャラや、自分にとって興味ある物事
    などを表す言葉は皆それぞれ独自の言葉で
    表現していました。

    要は存在していたけれど、それぞれその時の
    話し手による表現力にゆだねられていたの
    です。

    つまり受け手次第でその内容は「何となく」
    共通事項として認識されていました。

    ところがみうら氏が作り上げた「概念」は
    「ネーミング」によって、すべての聞き手が
    共通の認識を持つことができるようになった
    のです。

    この時こそ今まで無かった「コンセプト」の
    誕生です。そこに仕事も生まれます。

    「ゆるキャラ」「マイブーム」以外にも、
    誰も見向きもしなかった物事にひたすら情熱
    を注ぎ、「くくった」上で世に発表します。

    そうすると、最初は無視されたり批判され
    たりしていたとしても、ある日別の人が
    「勝手に独自の意見を言いだす」時があり
    ます。

    無かったものが「ある状態」になる瞬間です。

    朝から晩まで営業している店を「コンビニ」
    って最初に定義づけた某チェーンの凄さが
    分かりますよね。

    それを生き方に転化すれば、独自のコンセ
    プトを持った「たった一人のあなた」が
    浮き彫りになります。

    そんな人生さえも学べる一冊です。

  • ネーミング:
    A+Bのどちらかはネガティブなもの、矛盾するものに。
    マイナスから入る方が受け入れられやすい。破壊力が出る。名前まけしない。
    本質を突く。

    ない仕事=無駄な努力(遊び、楽しむ)と自分洗脳が必要。

    マイナスなものに名前をつけて面白がる。
    つまらないことに、プレイ、ブームとつける。

    顔が見えない人たちに向けては何も発信できないし、
    発信してみたところできっと伝えたいことがぼやけてしまう。

    自分を消し、あたかもなかったものが流行ってるかのように主語を変えてプレゼンする。
    自分塾=自問自答する。

    ない仕事=そもそそも違う目的で作られたものやことを、
    別の角度から見たり無関係なものと組み合わせたりして、
    そこに何か新しいものがあるように見せる。

    面白さを具現化する段階ではないときは寝かせる。

  • 著者がホンマは何者なのか、それが気になって仕方がなかったところに、書店でたまたま見かけたので読んでみることに

    様々な「ない仕事」を狙って創り出してるようでもあり、著者自身の自然な考えから自然に出来上がったものでもあるし、そういう部分の成り立ち、考え方が知れて面白かったです

    自分の仕事にうまく活かせたら、いろんな意味で面白くなりそうなことも書かれてました

    他の作品も読んでみたくなりました

  • 「ゆるキャラ」も「マイブーム」も、みうらじゅんさんの考案で、最初はなにそれ?と誰も見向きもしなかったことをわすれてはいけません。

    みうらさん自身の行動は、「ブルーオーシャン戦略」そのものです。そんな言葉が一般的になる前から。

    それまでに「ない」新しいことを生み出す。

    それはつまり、はじまるときには誰も分かってくれないどころか、怒られることを覚悟しなければなりません。
    全く新しいものを生んだ瞬間から「すごい!」と評価されるわけがないのですから。

    それなのに、ある程度伸びそうな芽を選別しては大きく育てようとするやり方ばかりが、なぜかどんどん増えています。

    AIがなくても、いつでも「ない」仕事が、つぎつぎにできてきました。

    生きるイノベーション、みうらじゅんさん。
    そしてそれを見いだしたのが糸井重里さんなのも、興味深いです。

    軽く読めます。
    そして、とても深いです。

  • やりたいことを具現化できる環境にあるのは羨ましいな。いや、信念があるからこそそこまでいけるわけで、ブレていないところも立派だと思う。

  • タイトルのみで判断すると一見方法論かなと思わせるが、みうらじゅんさんのこれまでの人生というか考えていることというかそんな頭の中を覗ける、そんな本でした。

  • 世の中に「ない仕事」を
    「1人電通」としてやってるそうです。

    「そもそもプロデュースをすると言う事は
    自分をなくしていくことになる。」
    「自分のことがわからないと言うことを
    ちゃんとしていることが大切。」

    だれもやらないことを
    突き詰める面白さが書いてありました。

  • みうらじゅんさんの濃すぎる経験に裏打ちされた物事の見方が読んでいてすごく面白かった。自分の「好き」を尊重しながら生きるためのヒントをたくさんもらえた。

  • 摂南大学図書館OPACへ⇒
    https://opac2.lib.setsunan.ac.jp/webopac/BB50122567

全40件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

みうらじゅん●1958年京都生まれ。1980年武蔵野美術大学在学中に漫画家としてデビュー。

「2019年 『ムカエマの世界』 で使われていた紹介文から引用しています。」

みうらじゅんの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヨシタケシンスケ
佐々木 圭一
ミヒャエル・エン...
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

「ない仕事」の作り方 (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×