ままならないから私とあなた (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.81
  • (155)
  • (263)
  • (187)
  • (40)
  • (3)
本棚登録 : 3948
感想 : 244
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167912543

作品紹介・あらすじ

先輩の結婚式で見かけた新婦友人の女性のことが気になっていた雄太。しかしその後、偶然再会した彼女は、まったく別のプロフィールを名乗っていた。不可解に思い、問い詰める雄太に彼女は、結婚式には「レンタル友達」として出席していたことを明かす。 「レンタル世界」成長するに従って、無駄なことを次々と切り捨ててく薫。無駄なものにこそ、人のあたたかみが宿ると考える雪子。幼いときから仲良しだった二人の価値観は、徐々に離れていき、そして決定的に対立する瞬間が訪れる。単行本に、さらに一章分を加筆。少女たちの友情と人生はどうなるのか。「ままならないから私とあなた」正しいと思われていることは、本当に正しいのか。読者の価値観を心地よく揺さぶる二篇。解説は、Base Ball Bearの小出祐介氏。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「ままならない」という言葉を、改めて辞書、いや、Google先生で調べてみました。
    思いどおりにならない、という意味でしたが、そう言われると、なんだかわたしは勘違いして理解していたような、そんな気がしています。

    相手と自分は違うということ。
    これって、家でも家庭でも教えてもらえないことで、きっと、自分が社会に触れて自分で気づいていくものなんだと思う。でも、自分で気づくものにしては、ものすーごくレベルの高いもののような気がしていて。

    わたしは30数年生きてきて、最近やっと気づけた。そして、わたしの母親は、まだそれに気づいていない。母はわたしを、自分の所有物だと思っている。自分の力で、わたしを、コントロールしようとしている。
    わたしは今の、人と関わる専門家の仕事をしていなければ、きっとまだ気づけていなかっただろう。親の思いどおりに育たない、そんな自分が悪いと、今でも自分を責め続けていたかもしれない。

    雪子は、小学校の頃から薫ちゃんとの違いに気付いていて、関わりの中で違和感を感じているのに、友人関係を継続していく。成長していくにつれ、「あの時、~したのはどうして?~しなかったのはどうして?」と、薫ちゃんを理解しようと、きちんとぶつかっていく。
    わたしなら、違和感を感じた時点で薫ちゃんとは距離を置いて、「小学校の頃の友達」「中学校の頃の友達」と、過ぎ去った人間関係にしてしまうだろう。
    今はそれなりに、どんなに近い人間関係でも、自分と他人は違う、と思えるようになったけれど、それでも、親や好きな人、親友となると、どうしても「わかってほしい」という期待が働いてしまって、わかってもらえなかった時に悲しくなったりする。それは、まだまだ違いを尊重できていないということだろう。

    違いを尊重した上での人間関係、この関係性の継続は、どちらか一方ではなく、お互いに違いを尊重しあっていないと、破綻する。わたしは、雪子のように、相手にぶつかる勇気がない。かといって嫌われたくもないから、自分を守るために、さっと距離を置く。もう少し、自分が考えていることや、思っていることに自信を持てていたら、相手にぶつかっていけるんだろうか。いや、それでもきっと、面倒だから距離を置いてしまうんだろう。それは悪いことじゃない。だからせめて、相手にぶつかっていくことはできなくても、相手との「違い」に気づくこと、その違いを理解しつつも、自分の気持ちや意見には自信を持つこと。

    今関わっている、とても難しい年齢の子どもたちには、まずはそれを伝えたい。
    そしてわたしも、好きな人に対して、違いを尊重できる人間でありたい。

  • どうしようもなくままならなかった。
    自分の価値観と他人の価値観が出会う時、その違いを尊重できるようにお互いの世界に寄り添えればいいのだけれど、大切に思う人程、その違いにゆがみを生じさせてしまう。
    正論と正論のぶつかり合いほど疲れるものはない。
    でもそれは不幸なことではないような気がした。
    ままならないことに向き合う時、いろんな形の世界とぶつかりながら本当に譲れないものが見えてくる。
    人はその信念を頼りに正しいとも間違っているとも言えないこの世界に折り合いをつけていくんだろうな。この世界はどうしたってままならないのだから。

  • テクノロジーとヒトのあり方についての思考ゲーム。
    どちらが正しいと言いきれない二項対立。

    「レンタル世界」
    かりそめの人間関係vsさらけ出しあった人間関係
    雄太が先輩の結婚式で見かけた新婦友人の女性(倉持曜子=芽衣)は、新婦の真の友達ではなく「レンタル友達」だった…。
    芽衣に惚れてしまった雄太は、芽衣と「本物の人間関係」を築きたいと奮闘するが…。

    「本物の人間関係」って何だろう?なかなか深い話だ。
    僕はあまりさらけ出すことが得意ではないので、「レンタル友達」や「レンタル彼女」もそんなに悪いことではないと思った。自分が使うかどうかは別として。

    「ままならないから私とあなた」
    人間性と徹底した合理主義の格闘、せめぎあい。
    合理性を追求して、無駄なものを削ぎ落としていく天才薫と、人間的なものを合理性によって省くべきでないと考える平凡な雪子。徐々にすれ違っていくふたり..を描いたSF小説。

    自分が好きなように、人生をコントロールしたい。でも、ままならないことがあるから、私とあなたは別々の人間でいられる。

    読み終わったあと、タイトルがことのほか強く心に響いた。
    朝井リョウさんはやっぱりすごい!

  • まさか自分の価値観や良かれと思った正義が、誰かの首を真綿で締めていたなんて…。

    朝井作品2作目は喉が詰まったようなもどかしさを感じながらページをめくりました。
    私が良かれと思っている正義や価値観や行動が、誰かを後戻りできないくらい深い所まで傷つけて落としているのかもしれない。
    そう考えるとこの物語は非日常ではなく、私の日常の中に見え隠れする一部なのかも知れない。


  • 雪子の言うことも、薫が言うことも、どちらも間違いじゃない。物語のラストで、想定外の妊娠により、自分の夢を諦めることになった雪子の描写から、本当に「どっちが正しいってわけでもないよね」というのが読み取れる。妊娠が発覚したとき、雪子は「自分でコントロールできないこと」の恐ろしさを実感したのかもしれない。
    そしてそのラストを読んで、思わず雪子寄りになっていた自分の考えにも、抜け穴があることに気付かされる。

    物語全体を通して、それぞれの「ちがい」を描いていく作品で、思わず線をひきたくなるフレーズがたくさんあった。

    きっと自分も今生きていて、友人でも家族でも同僚でも、相手が発する言葉にぎくっとすることがある。違和感を覚えることや、私には当てはまらないな…と思うこともある。
    でもそれは、当たり前なのだ。で、どっちが正しいってわけでも、間違ってるってわけでもない。ただ、「自分とは違う誰か」がいるおかげで、「たしかな自分」を認識できる。みんなが同じだけ同じことができて、同じ考えをして、同じものを欲して…となってしまったら、「自分らしさ」にも気付けないだろう。
    相手と自分が違うからこそ、そこから「自分らしさ」を見つけられる。無理に人と合わせる必要もない、自分が相手(世界)に対してもっている「ちがい」こそが自分らしさなんだ。

    よく周り(世界)をみて、うまく馴染めないとか、うまく生きれてないとか思ったけど、みんなみんなが同じ考えで同じ生き方をするわけもないし、それじゃ自分らしさなんてどこかに行ってしまうし、わたしは私でいいんじゃないの、と思った土曜の夜でした。
    なんか前向きになれました。おやすみなさい。

  • 面白かったです。
    朝井リョウの文章はとても平易ですぐに読めてしまうのですが、内容はなかなかハード。

    小説中の「天才的な発明」がいまいち天才っぽくなく、かつそれによって生じた出来事も「ありえないかな」という感じでしたが、言いたいことは伝わってきました。

    この小説のようにどちらかに極端に振れている人はあまりいなくて、きっと誰の中でもどちら側の言い分も「わかる」と思いながら生きているのだと思います。人によって許せる境界線が違う、そのグラデーションを探るのが人間関係でしょうか。

  • とっても刺さるテーマだった。

    自分と他者、違うって知っていてもそれを受け入れることって難しいのかも。

  • いろいろ進化していく世の中、便利やけど人との関わりが少なくなっていくのが寂しいっていう雪子の考え方に共感した。
    話の中で親友同士考え方が全然違う部分に「この先どうなるんやろ」って思ってたけど、私とあなたがいるから自己と他者を見つけ出すことができるっていう終わり方に納得できた。

  • ゆっこサイドの考え方だったので
    かおりちゃんの合理性を追求した考え方にはついていけなくて、それでも親友を続けていけてるのは
    ゆっこがたくさん言葉を飲み込んできたからだったのに
    最後かおりちゃんの発明で曲がボツになった時
    妊娠がわかった時
    理不尽さに辛くなった
    夢を追い続けることの難しさと非現実さを痛感した

  • 結局どちらが間違っているとか正しいとかそんな話じゃなくて、違いをどの程度受け入れて、どの程度相手に求めるのか、という話だったのかな、、
    その一点で薫は固すぎた感じがした。
    話の展開自体は朝井リョウを読んでいる人ならば、ある程度読めるだろうけど、それでもとても考えさせられる。面白かった。

全244件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1989年岐阜県生まれ。2009年『桐島、部活やめるってよ』で小説すばる新人賞を受賞しデビュー。2011年『チア男子!!』で高校生が選ぶ天竜文学賞し、13年『何者』で直木賞、14年『世界地図の下書き』で坪田譲治文学賞を受賞した。

朝井リョウの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村深月
朝井 リョウ
瀬尾まいこ
平野啓一郎
朝井リョウ
森見登美彦
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×