フラッシュ・ボーイズ 10億分の1秒の男たち (文春文庫)

  • 文藝春秋
3.33
  • (0)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 48
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (408ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167913403

作品紹介・あらすじ

証券市場の民主化によってニューヨーク証券取引所とNasdaq以外の証券取引所が乱立するようになった2009年ぐらいから、ディーラーたちは不思議な現象に悩まされる。コンピュータスクリーンが映し出す各証券市場の売値と買値で取引しようとすると、ふっと売り物や買い物が消えてしまうのだ。その値が消えて、買う場合だったらば、必ずそれより高い値で、売る場合だったらばそれより低い値で取引が成立してしまうのだ。二軍投資銀行に勤めるブラッド・カツヤマは、なぜか株を買おうとすると値段が逃げ水のようにあがってしまう事に気づく。彼はドンキホーテのように、単身調査に乗り出す。するとそこには、私たちの注文を10億分の1秒の差で先回りしていく超高速取引業者「フラッシュ・ボーイズ」の姿があったのだ。巨大システムの詐欺と実態を暴いた傑作ノンフィクション‼本作に描かれた衝撃の実話が映画化‼カンザス~ニューヨーク間、1,600㎞を、直線の光ファイバーケーブルで繋ぐ‼『ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち』2019年9月27日より、TOHOシネマズ シャンテほか、全国ロードショー

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 時々新聞でも見かける”HFT(高速取引)”が何なのかよくわかります。ややマニアックな内容もあるので私には少し根気が必要でしたがなんとか読了。ウォールストリート、株式トレーディングに興味がある方、株系の投資をされている方、知っておいて損はないと思います。

  • 2008年のリーマンショック以降、電子化と規制で一変した米ウォール街。二軍投資銀行に勤めるブラッド・カツヤマは、何故か株を買おうとすると値段が逃げ水のようにあがってしまう事に気づく。そこには投資家を出し抜く超高速取引業者「フラッシュ・ボーイズ」の姿があった…。『マネー・ボール』の著者マイケル・ルイスが巨大システムの詐欺と実態を暴いたノンフィクション。

    序章 幻想のウォール街
    第1章 時は金なり
    第2章 取引画面の蜃気楼
    第3章 捕食者の手口
    第4章 捕食者の足跡を追う
    第5章 ゴールドマン・サックスは何を恐れたか?
    第6章 新しい取引所をつくる
    第7章 市場の未来をかいま見る
    第8章 セルゲイはなぜコードを持ち出したか?
    終章 光より速く

  • 実話だけに面白い。
    秒未満のセカイ、まさかアメリカの投資環境がこんな事になっていたとは。

  • 【株式市場で、巨大な詐欺が行われていた】何故か株を買おうとすると値段が逃げ水のようにあがってしまう。その陰には巨大詐欺と投資家を出し抜く超高速取引業者の姿があった。

全4件中 1 - 4件を表示

マイケルルイスの作品

ツイートする