肉体百科 (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (316ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167913564

作品紹介・あらすじ

シリーズ累計50万部突破!群さんのまわりは、いつも珍事噴出!! 世間の美意識の真逆をいく抱腹絶倒エッセイ集。電車の座席に自分の「尻拓」が残ってしまったら、どうすべきか? 歳をとったらひじまで梅干し化する現実を踏まえつつ、大股を開いて座っているおばさんに疑問を呈しながら、今日も我が道を歩んでいく。「明日できることは、今日やるな」が信条、世間の美意識の真逆をいく著者が、体について綴った抱腹絶倒エッセイ集! 目次を見てみると、「垢・ぼんのくぼ・すね毛・太もも・小皺・白髪・手相・わきが・痔・おなら・乳房・鼻の下……」と103項目がずらり。読み進めるうちに身をよじらせながら笑いがこみあげてきて止まらないエッセイです。●高校生のとき、男子の気を引こうと髪を伸ばしたら、「山伏」と言われる●人形の展覧会へ行くと、こっそり着物の裾をめくる人がいる●群さん、眉をいじりすぎて牛若丸のおでこのポッチみたいになる●「あなたは歯がきれいね。…あ、入れ歯なのか」と言われた母、激怒●通った高校の「体育館、マット置き場の秘密」群さんの、体に関する「やり場のない怒り第一位」とは!?(⇒答えは本の帯の裏面をご覧ください!)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【人間の肉体にまつわる抱腹絶倒エッセイ集!】目からウロコ、肉体にこんなドラマがあったとは! ひじの梅干し化の防ぎ方、もりもり盛り上がる二重うなじの恐怖…面白話一〇三篇。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

群 ようこ(むれ ようこ)
1954年、東京都生まれ。日本大学藝術学部文芸学科卒業。広告代理店に就職するが半年で退職。6回の転職を経て「本の雑誌社」に事務職で入社。やがて本名で『本の雑誌』に書評を執筆しはじめ、1984年『午前零時の玄米パン』でデビュー。同年退社し、作家専業となる。
代表作として映画のために書き下ろした『かもめ食堂』、ドラマ化された『パンとスープとネコ日和』など。

群ようこの作品

肉体百科 (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする