闇の平蔵 (文春文庫 お 13-18)

著者 :
  • 文藝春秋
4.14
  • (3)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 35
感想 : 7
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (359ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167913632

作品紹介・あらすじ

悪い奴は誰も、その男の顔を知らない――逢坂剛が描く〈火付盗賊改・長谷川平蔵〉シリーズ、第三弾。不届きにも、「闇の平蔵」と名乗る者が現われた。闇の平蔵は、「火盗改が、悪党どもを成敗処罰するのと引き換えに、捕り方の役人を同じように成敗処罰する」と公言し、火盗改や役人に強い遺恨を抱いている悪党を集めているという。その噂を聞きつけた長谷川平蔵組の斧八は、「闇の平蔵」の人集めへ潜り込んだ。「闇の平蔵」は、かつて、遊蕩していた頃の長谷川平蔵に何度も煮え湯を飲まされ、恨みを抱いているという。そこに来ていた紅一点・可久は「闇の平蔵」に、その話を信用してほしければ頭巾を脱いで顔を見せろ、お前は実は長谷川平蔵なのではないか、と迫る。闇の平蔵は頭巾を脱いだが、手下の斧八でさえ長谷川平蔵の顔をまともに見たことはなく、彼が長谷川平蔵なのかそうでないのか判断がつかない。だが、可久は、「この男は本物の長谷川平蔵だ」と言い、闇の平蔵もそれを認める。慌てた斧八だったが――(「闇の平蔵」)表題作ほか、全六篇を収録。長谷川平蔵に対抗心を抱く火盗改・松平左金吾が登場、新たな手下・可久も加わり、物語はますます深みを増す。まさに江戸を舞台にした潜入捜査。悪党どころか、手下たちも顔を知らない男・長谷川平蔵のハードボイルドな活躍を描く。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 逢坂剛の長谷川平蔵。まったく違う平蔵となっています。よく出来ており、充分に読み応えある作品だとおもいます。
    ただ、改めて池波正太郎氏の作品を読みたくなってしまうのは、何故なんでしょうか。
    江戸情緒、食の風景が、池波正太郎氏と違う大きな特徴かな。

  • 悪党や、手下たちさえ顔を知らない火盗改・長谷川平蔵。不届きにも「闇の平蔵」を名乗る者が現われて…。

  • 逢坂剛さんの「長谷川平蔵」シリーズの第三弾。六編の短編から作られるが、それぞれ時系列でリンクしていて楽しめるが、登場人物の描き方等が煩雑すぎて、少し読み理解しずらい。ここが、池波正太郎氏との大きな違いか!

  • 池波正太郎の鬼平犯科帳のように平蔵が表立って立ち回る事はなく、決して盗賊には顔を見せず、裏でじっとりと身を潜めながら手下たちを使い盗賊たちと知恵比べをさせる。「相棒〜」シリーズの作者らしい化かし合いのようなエピソードが面白い。
    「闇の平蔵」は平蔵を騙った偽物の話でしたが、このタイトルには2つの思惑が絡ませてあるような気がした。

  • 逢坂剛の描く平蔵は、池波正太郎の鬼平よりちょっと取っ付き難いし、取り巻く与力、同心、手先達も人情味がうすいように感じられるが、シリーズを読み進めるうちに逢坂平蔵の味わいが出てきた。本作は、心のひだをくすぐるようなそ人間模様や心模様もあり、一段とこなれてきた感じがする。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

逢坂剛
一九四三年、東京生まれ。八〇年「暗殺者グラナダに死す」でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。八六年に刊行した『カディスの赤い星』で直木賞、日本推理作家協会賞、日本冒険小説協会大賞をトリプル受賞。二〇一三年に日本ミステリー文学大賞、一五年には『平蔵狩り』で吉川英治文学賞を受賞。「百舌」シリーズや「長谷川平蔵」シリーズなど著作多数。

「2022年 『最果ての決闘者』 で使われていた紹介文から引用しています。」

逢坂剛の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×