満月珈琲店の星詠み (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.69
  • (211)
  • (362)
  • (341)
  • (63)
  • (18)
本棚登録 : 5755
感想 : 348
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167914004

作品紹介・あらすじ

満月の夜にだけ開く不思議な珈琲店。優しい猫店主が、極上のコーヒーとスイーツ、そして占星術で運命を読む「星詠み」で疲れた人々をおもてなしする。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 出生国という『運命のレコード』を詠む、猫の星詠みマスターがいる『満月珈琲店の星詠み』は、作者の望月麻衣さんがずっと書きたいと胸に抱いていた西洋占星術をモチーフにしたお話です。
    望月さんが西洋占星術に出会ったのは2013年の頃で、西洋占星術の情報を発信しているSNSの記事を読むようになられ、星の流れに従って行動するようにしたそうです。
    星の流れを意識し始めたことで、望月さんはどんどん開運し、その年の夏にWEBの小説大賞を受賞、作品の書籍化、コミカライズ、アニメ化もされたそうです。
    そして2015年から占星術講師の元で学ぶことになり、占星術をモチーフにした作品を書いてみたいと思われたそうです。
    そんなある日のこと、SNSで、桜田千尋さんというイラストレーターが描いた、猫のマスターがいる不思議な喫茶店、『満月珈琲店』のイラストを目にされて2019年桜田さんがオファーを受けて下さったそうです。

    私は、占星術にはあまり興味を持てなかったのですが、『満月珈琲店』のスイーツやドリンクにはため息がでました。
    「水瓶座のトライアル」
    「惑星アイスのアフォガード」
    「満月バターのホットケーキ」
    「満月アイスのフォンダンショコラ」
    「水星のクリームソーダ」
    「星屑のアイスコーヒー(朝焼けのシロップ入り)」
    「月光と金星のシャンパンフロート」
    「空色ビール”星空”」
    イラストを紹介できないのが残念です。
    表紙の絵も可愛いなと思いました。
    この作品の舞台になっている京都には、昔住んでいたことがあり、よく喫茶店にも友だちと探して行ったことを思い出しました。
    最近は、スタバにばっかり入るようになってしまって行ってないですね~。

    • くるたんさん
      まことさん♪詳しく丁寧なレビューをありがとうございます♡
      西洋占星術って、単なる占いとはまた違って奥が深いんですね〜!
      ちょっと興味が出てき...
      まことさん♪詳しく丁寧なレビューをありがとうございます♡
      西洋占星術って、単なる占いとはまた違って奥が深いんですね〜!
      ちょっと興味が出てきました。
      うまくいかない時はそんな時期なんだ、って思えそう(笑)。

      まことさんはどのスイーツに一番ときめきましたか⁇
      私はホットケーキとクリームソーダかな(*´∇︎`*)
      アイスコーヒーも眺めていたいです♡
      2020/09/28
    • まことさん
      くるたんさん♪
      この本の西洋占星術は一般的に使われている12星座とはちょっと違うものでしたね!
      初めて知りました。

      私は、くるたん...
      くるたんさん♪
      この本の西洋占星術は一般的に使われている12星座とはちょっと違うものでしたね!
      初めて知りました。

      私は、くるたんさんと同じホットケーキとアイスコーヒー、あとはシャンパンフロートも♡
      ホロヴィッツのレビューも楽しみにしています(*^^*)
      2020/09/28
  • 挫折中のシナリオライター、自分にも他人にも厳しいテレビドラマのプロデューサー、新たな道を切り開こうとする美容師…。
    思い悩んでいる彼女たちが行き着いたのは、満月の日だけ営業している〈満月珈琲店〉。給仕をするのは様々な種類の猫たち。そして彼女たちへのサービスは猫たちが選んだ飲み物やスイーツと…占星術?

    ファンタジーを交えた再生もの。占星術は若い頃は必死に自分の星回りを見ながら一喜一憂していたが、いつからか占い自体に関心を持たなくなっていたため逆に新鮮。
    ラノベっぽい軽い語り口ながら、登場する占星術は『出生図(ネイタルチャート)』なる、一人一人違う図を使った本格的なもの。じゃあ私の『出生図』は? と興味を持ったが、そこは巻末の参考文献始め、自分で調べて勉強してね、ということらしい。

    取っ付きにくい占星術の話も猫店員たちがワチャワチャしながら優しく説明してくれれば入りやすい。何より冒頭に掲載されているイラストのような美味しそうなスイーツや飲み物もついてくるのだから有難い。
    ちょっとささくれだっていたり、落ち込んでいたり、悩んで迷って立ち止まっている時に「そういう時期なんだよ」「今はそれで良いんだよ」と言われるだけでも心が軽くなるだろう。

    占星術を信じるか否かは別として、まずは「自分を知る」ことから始めるというのは納得出来た。自分が何を真に求め進みたいのか。本能のまま突き進めというのではなく自分の夢や目標、そうありたい自分と向き合う時間も必要だろう。

    登場人物たちにある繋がりがあって、最後には何故猫の珈琲店なのか、何故彼女たちが導かれたのかも分かって上手くまとまっていた。

  • 癒しを味わえた一冊。

    満月珈琲店がプレゼントしてくれる幻想的な時間。

    ちょっとお悩み中の人々と一緒に星詠みに耳を傾け、導きにこちらまで自然と素直に頷いていく感覚を味わえて心地良かった。

    スイーツやドリンクには心がキラキラときめき、目も喜ぶ。
    まさに読みながらゆったりとした癒しの時間を味わえた気分。

    天体の営みに人生が自然と組み込まれていること。ちょっと心が行き詰まった時は肩のチカラを抜いて、自分を見つめてみること。
    心がときめくようなスイーツをお供に…そんなメッセージが心と目に届けられる優しい物語。

    • まことさん
      くるたんさん。おはようございます!

      『満月珈琲店』はイラストがとても可愛いですね。
      この本はランキングでずっと見かけていたけれど、く...
      くるたんさん。おはようございます!

      『満月珈琲店』はイラストがとても可愛いですね。
      この本はランキングでずっと見かけていたけれど、くるたんさんのレビューを拝見して読みたくなりました。
      最近、読んだ本がちょっとハードだったので癒されました。
      でも、私、この本よりも、くるたんさんのレビューに癒された気がします。
      いつも素敵なレビューをありがとうございます♡
      2020/09/28
    • くるたんさん
      まことさん♪おはようございます♪

      ありがとうございますー♪

      この本はほんと、視覚的にも癒されますよね(◍︎•ᴗ•◍︎)
      ちょっとホッとひ...
      まことさん♪おはようございます♪

      ありがとうございますー♪

      この本はほんと、視覚的にも癒されますよね(◍︎•ᴗ•◍︎)
      ちょっとホッとひと息つきたい時にぴったり!
      最終話の繋がりにも癒されましたね〜♬

      私もまことさんのレビュー、毎回楽しみにさせてもらってます。
      やっと、まことさんを追いかけてホロヴィッツの その裁きは死を読み終えたところです(*´∇︎`*)
      2020/09/28
  • とても癒されます!
    疲れた時に読むのにピッタリな作品です。
    サクッと読みやすかったです。

    桜田千尋さんのイラストが綺麗。
    表紙をめくって最初の4ページが満月珈琲店のメニューのイラストがあって美味しそうで、食べてみたい、飲んでみたいと思いました。

    私も満月珈琲店で星詠みしてもらいたいです。

    • 青い夜さん
      私も星詠みして欲しいなぁと強く思いながら読んでました。というかその前に出された食べ物に釣られてるかも……
      私も星詠みして欲しいなぁと強く思いながら読んでました。というかその前に出された食べ物に釣られてるかも……
      2021/11/12
  • 満月の夜に突如として現れる”満月珈琲店”。
    迷えるお客にエールを込めて、とっておきのスイーツやドリンクを作ってくれるお洒落なトレーラーカフェ。
    しかも接客してくれるのは可愛らしい猫なんて、まさに夢のようなカフェだ。
    猫がお客に差し出すのはスイーツやドリンクだけではない。
    巧く世渡りできないお客を”星詠み”により、より良き方向へと導いてくれる。

    今まで知っていた星占いとは一味違う”星詠み”。
    その人の生年月日や出生地によって出来上がる”出生図”を基に、その人の過去や未来を見通す羅針盤のようなもの。

    巧くいかない人生をただ嘆いているだけではだめ。
    そんな時は一度立ち止まり冷静になって、星の導きに身を任せてみるのもいいものだ。
    自分のことは自分では分からない。
    星の導きによって、今まで知り得なかった本来の”自分”を発見できるかもしれない。
    星詠みの奥深さに感心させられた物語だった。

    幻想的なイラストもとても素敵。
    宮沢賢治のアニメ映画『銀河鉄道の夜』を思い出した。

  • すごく良かった〜。

    ファンタジー?メルヘン?なんと言えばいいか分からないけど、ふんわりした感じの話。青山美智子さんの『鎌倉うずまき案内所』もそうなんだけど、古都の鎌倉、京都なら不思議な事が起こりそう。小さな路地に入ったら違う世界にいた、的な不思議な事。京都が舞台だから勝手に『和』をイメージして読んだけど、『洋』だった。

    現実で起こっている主人公の悩み、問題を猫が『星詠み』をして的確にアドバイスしてるから面白い。「迷子になった時は立ち止まって地図を確認するの。自分を知って、認めてあげないと、そこから一歩も動けない」この文章が私には響いた。その通りだと思う。

    『芹川瑞希』繋がりで話が進んでたから、てっきり彼女がキーパーソンかと思ってたけど、違った。最後まで読んで全部分かった時、すごいと思った。そして感動だ。色んな所でヒントがあったんだけど、最後で気持ちいいくらいに繋がった。

    読了後は優しさに包まれた。

  • 「満月珈琲店」からもう一歩、より小説に近づけたお話。前回がきっと好評だったのかな。
    少しづつ重なりあった短編でできているところは同じだけど、今回は西洋占星術をぐぐぐっと前面に押し出してきている。
    けっこう細かく書かれているけど、自分の占い結果ならともかくw、他人様の占いの結果にはさほど興味は持てないかな…。丁寧に説明されていたけど、やっぱりそこはちょっと斜め読みになってしまいました。
    物語の優しさや、作ってくれるスイーツはどれも素敵だったけど…その分だけ前作より星一つ減で。

  • 満月の夜にだけ現れる猫がマスターの満月珈琲店。
    ネーミングが素敵なスイーツやドリンク。
    そして悩める人に星を詠む。

    登場人物もどこかで繋がっていて、サクサクッと読める。

  • 「満月珈琲店の星詠み」

    1.購読動機
    喫茶店での珈琲含めた飲食を控える昨今の時代です。
    読者のみなさんのレビューを見ながら、
    ①喫茶店にいるかのような閑かな時間
    ②甘いものをゆっくりと味わう時間
    ③自分に向き合う時間
    ができそう と考えて、手にしました。

    2.ファンタジーが苦手な人にも是非
    私は、本棚のとおり、ファンタジーをあまり読みません。
    でも、私の購読動機①②③のいずれかの時間を欲しているならば、「満月珈琲店の星詠み」は是非に手にとって見ませんか?

    3.最後に
    読み終えると、満月珈琲店が生まれた歴史、そして、なぜ主人公のもとに満月珈琲店が現れたのか?も理解ができる内容となっています。
    なぞが謎のまま終わらせない、ありがたい小説です。

    #喫茶店で読書するのが好きなみなさんと繋がりたい

  • 占星術、猫、カフェという洒落た設定がありきたりな話だろうという先入観があった。

    読めば読むほどに占星術にはまり、自分の星は何なんだろう?と興味を持ち始めていた。

    最後には登場人物のつながりを理解し、
    美しいまとまり方だった。

全348件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

北海道出身、現在は京都在住。2013年にE★エブリスタ主催第2回電子書籍大賞受賞。2016年『京都寺町三条のホームズ』で第4回「みんなで選ぶ 京都本大賞」の大賞を受賞。その他の著作に「わが家は祇園(まち)の拝み屋さん」「京洛の森のアリス」「満月珈琲店の星詠み」(画 桜田千尋)シリーズ、『二宮ナズナの花嵐な事件簿 京の都で秘密探偵はじめました』『託された子は、陰陽師!? 出雲に新月が昇る夜』『空色DAYS』、『満月珈琲店』(作・絵 桜田千尋/文 望月麻衣)『京都船岡山アストロロジー』などがある。

「2022年 『わが家は祇園の拝み屋さんEX 愛しき回顧録』 で使われていた紹介文から引用しています。」

望月麻衣の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
凪良 ゆう
辻村 深月
村山 早紀
名取 佐和子
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×