バナナの丸かじり (文春文庫 し 6-96)

  • 文藝春秋
3.71
  • (1)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167916800

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 丸かじりシリーズ。期待どおりの面白さだった。
    今回の中では、ポテチの話と油揚げの話がすきだったな。

  • 定番のコラム。文庫版が出るたびに飽きずに読んでいるが、各話の長さがちょうどいいんだと思う。また添えられているイラストも面白い。今回自分が一番共感したのは焼き鳥で悩む人生という話。あるよね〜。

  • 2021年4月読了。

  • 【バナナの皮を踏むと本当に滑って転ぶのか?】嫌いは嫌い、好きは好き。鰻重っておいしいんだよねー! と叫びたくなる抱腹絶倒の東海林ワールド、「丸かじり」シリーズ第41弾!

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1937年、東京都生まれ。漫画家、エッセイスト。早稲田文学露文科中退。70年『タンマ君』『新漫画文学全集』で文藝春秋漫画賞、95年『ブタの丸かじり』で講談社エッセイ賞、97年菊池寛賞受賞。2000年紫綬褒章受章。01年『アサッテ君』で日本漫画家協会賞大賞受賞。11年旭日小綬章受章。

「2021年 『大衆食堂に行こう』 で使われていた紹介文から引用しています。」

東海林さだおの作品

ツイートする
×