映画を作りながら考えたこと 「ホルス」から「ゴーシュ」まで (文春ジブリ文庫)

著者 : 高畑勲
  • 文藝春秋 (2014年2月7日発売)
3.89
  • (1)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :36
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (391ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784168122033

作品紹介・あらすじ

ジブリ前史を総ざらい!『かぐや姫の物語』が話題の高畑勲監督。長年、宮崎駿とコンビを組んできた彼が赤毛のアンやハイジについても綴った貴重な論考集。

映画を作りながら考えたこと 「ホルス」から「ゴーシュ」まで (文春ジブリ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ジブリ作品に通底する超現実主義の根源が横溢する.周りの人達は付き合うのが大変だろうな.1言うと100返ってくる感じ.読むだけでも疲れ果てる.恐ろしや.

  • --------------------------------------
    所在記号:文庫||778.7||タカ
    資料番号:10224268
    --------------------------------------

  • 【ジブリ前史を総ざらい!】『かぐや姫の物語』が話題の高畑勲監督。長年、宮崎駿とコンビを組んできた彼が赤毛のアンやハイジについても綴った貴重な論考集。

  • 理屈で凝り固まってるけど一貫している論考は、知っている作品については興味深く読め、その映画やアニメに対する認識を深めさせてくれる。無論、未見の作品についてはその限りではない。

  • 高畑監督が書かれたアニメーションに関する文章をまとめたもの。
    論文集ではなくてエッセイ集に近い感じだったのですが、それでも高畑監督の情熱と博覧強記ぶりには圧倒されました…

    取材旅行の報告書やアンやゴーシュの音楽論など、読んでいて興味をひかれる部分がたくさんあって、個人的に満足度の高い一冊です。
    もっといろいろな映画を見てから再読したいと思います。

全5件中 1 - 5件を表示

映画を作りながら考えたこと 「ホルス」から「ゴーシュ」まで (文春ジブリ文庫)のその他の作品

高畑勲の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
いとう せいこう
有効な右矢印 無効な右矢印

映画を作りながら考えたこと 「ホルス」から「ゴーシュ」まで (文春ジブリ文庫)はこんな本です

ツイートする