五衰の人 三島由紀夫私記 (文春学藝ライブラリー)

著者 :
  • 文藝春秋
3.67
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (327ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784168130533

作品紹介・あらすじ

1970年11月、市ヶ谷台に赴く三島由紀夫は、手紙と写真、そして決死の『檄』を二人の新聞記者に託した。三島の最後の姿をバルコニーの下から見つめ、演説内容のメモを続けた著者が、そのうちの一人だった。なぜ三島は『檄』を著者に託したのか。雑誌記者と、時代を象徴した戦後を代表する作家・三島。二人の3年半に及ぶ交友の中で、三島はいかなる存在として立ち現れたのか。「あの時」から四半世紀を経て、世の喧騒から逃れ、戦中派作家としての心の変遷と戦後を描いた三島由紀夫論。新潮学芸賞受賞作!【目次】第一章 死者と対話するように第二章 初の体験入隊第三章 「四年待つた」とは?第四章 バンコクで再会第五章 プールサイドの会話第六章 『和漢朗詠集』の一句第七章 林房雄にからむ謎第八章 いつ死ぬ覚悟を?第九章 その前夜まで第十章 十一月二十五日第十一章 死後

五衰の人 三島由紀夫私記 (文春学藝ライブラリー)のその他の作品

五衰の人―三島由紀夫私記 ハードカバー 五衰の人―三島由紀夫私記 徳岡孝夫

徳岡孝夫の作品

ツイートする