「対話」で広がる子どもの学び―授業で論理力を育てる試み

  • 明治図書出版
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (110ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784180285280

著者プロフィール

1946年、群馬県生まれ。お茶の水女子大学卒業、同大学大学院修士課程修了。お茶の水女子大学教授・理事・副学長などを経て、現在、十文字学園女子大学理事・特任教授、福岡女学院大学大学院客員教授、お茶の水女子大学名誉教授。学術博士。専門は、発達心理学、認知心理学、発達心理言語学、保育学。
著書に『発達心理学――ことばの獲得と教育』(岩波書店)、『幼児心理学への招待――子どもの世界づくり』『発達の心理――ことばの獲得と学び』(ともにサイエンス社)、『子育てに「もう遅い」はありません』(冨山房インターナショナル)、『よくわかる乳幼児心理学』(編著、ミネルヴァ書房)、『世界の子育て格差――子どもの貧困は超えられるか』(共編著、金子書房)、『言語発達心理学――読む書く話すの発達』(編著、放送大学教育振興会)などがある。児童書などの監修も多数。
ベネッセ「こどもちゃれんじ」の監修に立案時から25年以上携わるほか、NHK Eテレ(旧NHK教育テレビ)『おかあさんといっしょ』の番組開発、マルチおもちゃの監修など、多方面で活躍。

「2017年 『子どもの見ている世界』 で使われていた紹介文から引用しています。」

内田伸子の作品

「対話」で広がる子どもの学び―授業で論理力を育てる試みを本棚に登録しているひと

ツイートする