学級経営大全 (学級経営力向上シリーズ)

著者 :
  • 明治図書出版
4.00
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784183399229

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 読み終わって2日ほど経ってしまった。
    やっぱ読んですぐ感想を書く方がエネルギーもあっていい、、!

    人間関係の優先度をあげると書いていてまさにその通り!だと思った。
    いかに子どもと大人、子どもと子どもがつながれているか。
    そして、つながるためには大人の計画性を持った取り組みやシステムが
    やっぱり必要。
    なーんにもせずに見てるだけでは子どもたちはつながっていかない。
    今年度学級経営の要素の1つの必然的領域(人権やいじめなど)が
    自分としては弱かったなぁと感じる。
    やっぱり最初に自分の価値観を明示したい。
    大人と子どもがつながるためには大人の言行一致した態度が大切だなぁと思った。

    「試行錯誤が、能力を高める」という言葉を見て
    やっぱり自分は子どもに試行錯誤できる人に育って欲しいなぁと改めて思う。
    失敗を学びに変えてやり直していくそんな力。
    それを個人としてもしてほしいし、人とつながりながらもしてほしい。

    まずばやっぱりビジョン、ゴールイメージが大切。
    ビジョンは何のために目指すのか。
    またビジョンを子どもの姿まで細イメージ化する。
    そしてそのイメージに近づくためにどんな手立てをうつのか。
    最終は子どもの前から大人が消えて、透明人間になることだと思う。
    そのために計画性、見通しが大事。

    もうすぐ来年度。
    頭の中でいろいろ考えるけど一番大切なのは目の前の子ども。
    このことを忘れずに。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

上越教育大学教職大学院教授。
『アドラー心理学で変わる学級経営 勇気づけのクラスづくり』(明治図書)ほか、著書多数。

「2021年 『“先生の先生”による集中討議!2 子どもも教師も元気になる「あたらしい学び」のつくりかた』 で使われていた紹介文から引用しています。」

赤坂真二の作品

学級経営大全 (学級経営力向上シリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×