プワゾンの匂う女 (徳間文庫)

著者 : 小池真理子
  • 徳間書店 (1991年8月発売)
3.20
  • (0)
  • (3)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :36
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (446ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784195693629

プワゾンの匂う女 (徳間文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  石井由梨は、離婚した夫・津野田雄(つのだゆう)と友情関係にあり、今となっては誰よりも気兼ねなく相談もしあえる仲になっている。お互い恋人を作るのは自由であり、実際由梨にも彼氏がいるが、最近雄が知り合い、どうも熱を入れている様子の桂木庸子のことが気になっていた。美人で清楚な彼女には、性格が全く正反対の姉・蘭子がいると言うのだが…。

     今となっては珍しい題材ではないが、この時代に書かれたものとしては衝撃的だったのではないだろうか。ミステリーとしても読めるが、由梨と雄の友情(愛情?)がよく描かれていたし、こんな関係性もちょっといいなぁなんて思ってしまった。

  • これはよくある二重人格ではなくて、本人が同意しあってある意味共生していたというもの。
    その二人が復讐するという話で、ミステリーそのものとしても楽しめたけど、元夫と主人公の関係がなかなか切なく描かれていて、それが良かった。

  • 読み応えのあるサスペンス。
    時代が、1974年から始まるので、世界観に馴染むのに少し時間がかかりましたが…。
    バブリーな空気と、携帯ではなく家電全盛期。

    プワゾンという香水と、『私という他人』という本が懐かしく、他人事と思えませんでした。

    おおよそ筋に検討がついたとしても、伏線が回収されて行く流れにはスカッとさせられますね。

  • サスペンス長編。

  • この文庫の解説が偶然にも先日読んだ本の作者新津きよみさんでした。
    無意識に図書館で借りてみたのですが、こういうことってあるんですね。(2001.10.5)

全5件中 1 - 5件を表示

プワゾンの匂う女 (徳間文庫)のその他の作品

プワゾンの匂う女 単行本 プワゾンの匂う女 小池真理子

小池真理子の作品

プワゾンの匂う女 (徳間文庫)はこんな本です

ツイートする