霧笛 (徳間文庫)

著者 :
  • 徳間書店
3.75
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (414ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784195987513

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4195987512
    ── 大仏 次郎《霧笛 1933‥‥ 朝日新聞 198904‥ 徳間書店》
    ── 谷口 千吉・監督《霧笛 19520305 東宝》三船 敏郎&山口 淑子“ラシャメン”
     
     三船 敏郎の映画《羅生門》は京 マチ子に、《霧笛》は山口 淑子に、
    向って叫ぶ。芥川 龍之介の《藪の中》を、大佛 次郎が模倣したのか、
    あるいは映画のための演出と演技が、たんに類似したものか。
     
     三船 敏郎 俳優 19200401 China 東京 19971224 77 /
    http://d.hatena.ne.jp/adlib/20130425
     悪優列伝 ~ 六十余人の憎々しい男女 ~
     
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4003231236
    ── 大津 栄一郎・訳《ビアス短編集 20000914 岩波書店》月明かりの道
    ── Bierce, Ambrose Gwinnett《The Moonlit Road 1907‥‥ Cosmopolitan》
    http://www.hum.u-tokai.ac.jp/nichibun/computer2005/index/yabunonaka_mizuho.htm
     
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/B000JBB2MA
    ── 《現代文豪名作全集 1 芥川 龍之介 集 19530215 河出書房》吉田 精一・編
    ── 芥川 龍之介《藪の中 192201‥ 新潮》初出
    ── 黒澤 明・監督《羅生門 19500826 大映》
     
    (20140121)
     

  • 湯河原などを舞台とした作品です。

  • ・明治初年の横浜を舞台にした2編。
    ・「霧笛」はハードボイルドな明治物。悲劇的なラストは倒錯的なまでにハードボイルド過ぎるだろ。俺は何にせよハッピーエンド至上主義。
    ・明治の日本っていう「息子」が、白い神である欧米人、つまり「父親」に対して、畏怖し尊敬せずにはいられないんだけど、反感を持つし乗り越えたい、っていう複雑なコンプレックスが話の柱かな。「父親」の女を寝取るってとこはすっかりエディプスコンプレックス。当時の欧米人に対する感覚ってそうだったのか興味ある。
    ・「幻燈」は開化で先行きがわからなくなった士族の若者が、未来に希望を見出していく一転して明るい内容。素直に読めた。気持ちよく。
    ・ブラックが言っている「サムライ以外の日本人は低すぎる」っていうのは当時の欧米人の実感なのか?イザベラ・バードは必ずしも日本人の「質」が低いとは言っていないよね。「文化度」が低かったのは認めるけれど。
    ・2編ともヒロインが可憐で大好きになった。お花もお種も抱きしめたくなるようにかわいらしい。
    ・明治物といえば俺の中で風太郎なんだけど、また違って楽しめた。どちらも明治初年は見てきてないわけだけど、何が違うんだろう?風太郎の明治物には何か少し暗さがつきまとうんだよね。開化の暗部、というか。そういうのはあまり感じられなかった。

全3件中 1 - 3件を表示

大仏次郎の作品

霧笛 (徳間文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×