大楠公 楠木正成 (徳間文庫)

著者 :
  • 徳間書店
2.60
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 10
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (414ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784195991831

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 三卷裡面覺得寫得最浪漫最抒情,個人最喜歡的反倒是紀行部分。不過當然寫作當時的時代氣氛相當濃厚(昭11),尊皇和戰時精神性的振奮感溢於言表,以當代的感覺來讀也不能說沒有矯情的感覺。不過大佛的文章真的很有大正文學的香氣,還有一種文學傳統累積起來的厚實感,真的是很有實力的作家。現在幾乎被人遺忘,讓人覺得有些悲傷。

  • 楠木正成のあらましがだいたい分かる本。3部構成で、1部が正成の人物像を説明。2部で死ぬまでと子供正行の戦。3部が大仏が関係史跡をめぐる構成。

    正成が幕末の勤王思想にマッチして注目された人物とは知らなかった。明治維新がなかったら、私など知ることもなかった人だと思うと、歴史のめぐり合わせは不思議なものだと感心させられてしまう。

  • 4195991838 414p 1990・10・15 初刷

全3件中 1 - 3件を表示

大仏次郎の作品

大楠公 楠木正成 (徳間文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×