小説 天空の城ラピュタ〈前篇〉 (アニメージュ文庫)

著者 :
  • 徳間書店
3.69
  • (29)
  • (24)
  • (64)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :290
  • レビュー :35
  • Amazon.co.jp ・本 (172ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784196695561

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 天空の城ラピュタ。
    それはパズーのお父さんが見た空に浮いている島。パズーはお父さんから、今は誰も住んでいない宮殿に、たくさんの財宝が眠っている伝説の島だと聞いています。そして、その空の宮殿を誰にも信じてもらえずに、詐欺師扱いされて死んでしまったお父さんのためにもパズーは、ラピュタを自分がいつか見つけるんだと強く願っています。そんなところへ空から降ってきた女の子、シータ。軍や海賊に追いかけられるシータを守りながら、パズーはラピュタの謎へ近づいていきます。

    シータはラピュタ人だけが作り得た「飛行石」を持つラピュタ姓の女の子。そんなシータにとって、ラピュタはパズーのようにワクワクさせる島には思えないのです。人の手で作り出された石で浮く島が、はたして、伝説の楽園なんだろうか…と。

    本作は、ほとんどの方がご存知のジブリ映画「天空の城ラピュタ」のノベライズ版です。
    さてさて、前編は軍とともに旅立ったシータを追いかけるために、パズーが海賊であるドーラおばさん一家と共にフラップターに乗って空へ飛び立つところで終わります。ドーラおばさん、憎めないお人柄です。彼女のダンナさんはさらってきた?天才科学者さんだったんですね。海賊稼業のための飛行船タイガーモス号やフラップターは亡くなったダンナさんの遺したもの。この2人とっても仲良かったんじゃないでしょうか。子どもたちと共に賑やかな家庭だったことでしょう。

    とにもかくにも、パズーはかっこいいです。今はまだまだ真っ直ぐな気持ちを持っただけのちっほけな少年だと思うのだけれど、これからシータを助けるためにドーラおばさんたちとの大冒険を経て、そしてラピュタの姿とその運命を見届けることによって、ぐんぐんと成長していくのでしょう。男の子って、ふと気づけば眩しくなってるものですよね。

    シータが、自分のせいで、パズーをひどい目に合わせてしまって…と謝ったときの彼の答え!
    「ううん、君がね、空から降りてきたとき、胸がドキドキしたんだ。きっとすてきなことがはじまったんだって」
    もう、何て可愛い子だ!お母さんの代わりにおばさんがギューッと抱きしめたくなりますよ。こんな素直でキラキラした言葉がすっと出てくる男の子、もう応援するしかないでしょう。頑張れ!パズー!

  • 20171121読了。

  • ラピュタの小説があるのに驚き読了。映画で描かれていない所もこちらでは書かれていて映画で話を知っていても面白い!ボブじいさんの行動の訳、炭鉱の現状の他、ドーラの豪気な考動の裏には緻密な計算や揺れる心が隠されて、彼女が更に好きになりました。ラピュタの映画が好きなら是非読んでみてほしい一冊。面白い。

  • 私は映像で見るラピュタの方が好きでした。

  • これもネットで小説があると聞いて。
    映画だと省かれたシーンや説明が詳しく書かれており、これを読んだあとに映画を見るとまた違った視点で楽しめるのがいいです。

  • あのアニメ天空の城ラピュタのノベライズ版。
    アニメの最初のシーンからシータを助けに行く手前まで。

    アニメでは飛空艇をドーラが襲う所から始まるけど、この小説はその前のシーンから描かれていて、ちょっと新鮮だった。
    原作を忠実に再現しているのでファンなら読むべき1冊であるが、忠実に再現しすぎているともいえるんでそういった意味では新鮮味がないかも。

  • いつのまにか、ウチにあった小説版。
    コレから冒険が起きるんだ!というワクワク感を感じつつ、それまでのパズーの日常も垣間見れて面白かった。
    「四十秒で仕度しな!」はキャッチーだよなぁ。

  • 好きな作家さんがおすすめされていたので読んでみた。

    台詞が文字に起こされていることで、読みやすく
    アニメでは語られていないことも書かれており、補足説明として読む分には良いと思う。
    アニメでやや違和感があった、飛行船の窓の外にいるシータを見つけたときのドーラの対応も
    小説では随分感じが違う描かれ方をしているし
    ムスカは冷酷で、親方の八つ当たりの仕方は酷く感じた。

    創作物全般に言えることだが、作者の意図を知って満足することもあれば
    自分が受け取っていたことと違いがっかりすることもある。
    たとえば、いくら落胆していたとはいえ、アニメ版と違ってパズーが「空から女の子が」の続きを伝えようとしたにもかかわらず殴り飛ばされるなどは
    がっかりした点のひとつ。

    これを読んで感心するのは、駿氏の大胆さと思い切りの良さ。
    このストーリーのどこをどう切り取り、どこまでどのように見せるか
    というところが非常にうまく、アニメがあのような素晴らしい冒険活劇に仕上がっているのだ。

    が、ストーリーとしてどうかと言えば
    こんなに面白みのないありきたりな話だったか、という意外な印象を受ける。
    アニメ映画を見ていない人がこれを読んでも、魅力的な冒険譚には思えないだろう。

    小説として言っても、作家が書いたものではなく
    飽くまでも編集の人間が書いたものであり
    駿氏の意図はきちんと酌み取っているのかもしれないが
    単なる文の羅列でしかなく、プロットや絵コンテを文章に起こしたものでしかない。
    小説として楽しめるかと言えば、否である。

  • 映画公開当時、小学生の頃に読んだ。その頃からパズーは人生のお手本。

  • 映画を思い出しながら、読みました。

全35件中 1 - 10件を表示

亀岡修の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
梨木 香歩
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

小説 天空の城ラピュタ〈前篇〉 (アニメージュ文庫)に関連するまとめ

小説 天空の城ラピュタ〈前篇〉 (アニメージュ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする