風の谷のナウシカ 2 (アニメージュコミックスワイド判)

著者 :
  • 徳間書店
3.98
  • (273)
  • (114)
  • (278)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :1705
  • レビュー :69
  • Amazon.co.jp ・マンガ (136ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784197735822

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この巻の中間までが,映画版の原作となります。クシャナ様が「手向けだ」と言って,髪の毛を切ってしまうシーン,すごくかっこいいです。

  • 本当に全然違う、面白い

  • 改めて感じるが、宮崎駿、相当歴史に詳しい。
    そうでなければこれほどまでの物語を自分の声で語ることはできない。
    これはスターウォーズのジョージ・ルーカスにも共通して言える。
    マンガという形でも一応の完結を見ることができる僥倖に多謝。

  • 『忍者武芸帖』に出てくる「ジバシリ」が、ここでは「そういう現象の気合の入ったやつ(原典ではネズミさんが固まって目の前のありとあらゆるものを喰ひ散らかして暴走するが、こっちのはものすごくでかい蟲さんが有毒の菌とかをまき散らしながら暴走するのである)」になってゐる。まさか後に特殊被差別民の呼称になる(『もののけ姫』で特殊な狩人の呼称として出る)とは思ってなかったし、「蟲使い」といふ皆さんは、大海嘯となんとなくしか関連しない。
     その蟲使いさんは、風の谷で差別を受けてた上に、セラミック鉱山で更に具体的な差別を受ける。はー。
     網野善彦歴史学における「凶悪な暴力機構は被差別民の保護みたいなものをやる」と言ふのは、既にある。
     アスベルー

  • 戦う理由があって戦争をするのではなく、戦争があるから戦うのだというテーマは度々取り上げられます。なんとなく、ジェレミー・レナーの『ハートロッカー』を思い出しました。

  • ペジテ市のアスベルと腐海から脱出したナウシカ。そのころトルメキア戦役がぼっ発しわナウシカは古い盟約によって、トルメキアの第三皇女クシャナ軍に従軍することになる。

  • クシャナ親衛隊に従軍するナウシカ。あの有名な台詞「その者青き衣をまといて金色の野におりたつべし」はアニメ版には出てこなかった反トルメキアの土鬼マニ族僧正から発せられたのは興味深い。土鬼諸侯国の皇弟のおぞましさよ!

  • ネタバレ メーウ"ェで腐海を脱出したナウシカとアスベルは上空で土鬼の浮砲台に遭遇、僧正が盲た老人。捕虜となったナウシカは土鬼の服をもらい僧正は「開戦前にクシャナが南下することを知っていた」という。ナウシカを救助にきたミトのガンシップの元に僧正を人質にしたふりして脱出、その際土鬼が王蟲の子を囮に群れを呼んでいるのに出くわし王蟲の血を浴びて服が青に。トルメキアの船で幼虫を群れに帰して金色の…というシーン。映画じゃここまでだもんね。土鬼が映画じゃ端折られてだいぶ違う構図になってるんだ。

    「南の森が助けを求めてる」って去っていく王蟲の声が気になって、トルメキアの進軍に志願してついていくナウシカ。ユパは腐海の奥の村で土鬼が王蟲を培養していることを知る。王蟲を戦に使うことに異議を唱えた僧正は命を落とす

  • 半分位で映画のトコが終わってしまった!!
    人間の醜さが随所に出ている。

  • もう2巻の時点で複雑になってきていて難しいが、ここから後5巻もあるのだ...果たして読み切れるのか...面白いから読破するだろうけど...

全69件中 1 - 10件を表示

宮崎駿の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

風の谷のナウシカ 2 (アニメージュコミックスワイド判)はこんなマンガです

風の谷のナウシカ 2 (アニメージュコミックスワイド判)を本棚に登録しているひと

ツイートする