風の谷のナウシカ 3 (アニメージュコミックスワイド判)

著者 :
  • 徳間書店
4.01
  • (319)
  • (139)
  • (298)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 2275
感想 : 106
  • Amazon.co.jp ・マンガ (156ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784197755141

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「ナウシカ」の読み直しを再開する。間が空いても申し訳ない。これは思ったよりもしんどい作業なのだ。

    ちょっと前巻を思い出して欲しい。土鬼(トルク)軍の辺境のマニ族の僧正は言った。「その者青き衣をまといて金色の野に降り立つべし」「(その者は)そなたたちを、青き清浄の地へみちびく」だろうと。腐海は、この時代、全人類にかけられた呪(のろ)いである。そこから救う救世主に、果たしてナウシカはなるのか?

    その「問い」が、全巻を通じて囁き続けている。それが「ナウシカ」である。第3巻は、「指輪物語」における黒門の戦いのような厳しい 戦争場面が続く。映画や「英雄物語」ならば、これ以上にないスペクタルシーンであり、聞き手を惹きつける山場ではあるが、宮崎駿の手描き感溢れる絵柄からは、かえってどんどん悲惨さが増してゆく。爆薬で飛び散る肉体の描写。のちに「もののけ姫」でも一部描いたが、その比ではない。ナウシカは、その戦いに間接的に責任を負ってしまう。

    伝説の勇者ユパには、この預言を確かめる役割を与えられ、暫くは「森の人」の秘密と付き合う。

    一般的には、まだラストに向かうための「繋ぎ」の役割しか持たない第3巻ではあるが、今回再読して重要なことに幾つか気がついた。

    ひとつは、一巻目で明らかにされていた「トルメキア戦役戦線地図」がさらに拡大されたのである。これがもしかして、人類に残された最後の「ヒトが住める土地」なのだとしたら、なんと狭いことか!地球(だとしたら、ではあるが)の中では、ほとんど猫の額(ひたい)だ。それを2つの大国が共存するのではなく、激しい戦闘で殺し合う。なんという愚かなことなのか?と、神の眼を持っている私たちにはそう見えるのではあるが、トルメキア王国も土鬼諸侯国もそうではないのだろう。

    ひとつは、ナウシカと同じ雰囲気を持つ「森の人」の存在だ。
    「蟲使いの祖にして、最も高貴な地の一族。火を捨て、人界を嫌い、腐海の奥深く棲まう者。蟲の腸をまとい、卵を食し、体液を泡として住まう」。それは一巻目のナウシカの未来の姿なのかもしれない。しかし、3巻目で出てきたということは、これが作品のゴールではないということだ。

    その他、皇弟ミラルパの本格的登場、悲しいカイ(馬の機能をもち、鳥の顔持つ機動動物)の最期、等々注目すべき場面・設定がいくつもあった。

  • こんなに何十年も昔から宮崎駿はマクロな視点を持って世界を見ていたんだなぁと感服させられる。

  •  戦場の最前線をこれでもかと描く第3巻。トルメキア軍で人望の厚いクシャナは本国の兄皇子たちに裏切られていると知り、敵地にいる配下の連隊と合流しようとする。その過程で繰り広げられる凄まじい殺戮。参謀のクロトワは「ナウシカよく見ておけ これが戦場だ」と言い放つ。そのナウシカもまた不思議な力でトルメキアの兵士たちの信望を集めつつあり、クシャナは彼女を”戦友”と呼ぶようになる。
     映画のような単なる悪役にとどまらないクシャナの魅力が炸裂。彼女の率いる騎馬隊と共にナウシカが出陣する土鬼との激戦は何度読み返しても血沸き肉躍るが、同時に戦争の悲惨さ、他国を侵略する人間の愚かしさもしっかりと描かれている。

  • クシャナ麾下の兵士さえもナウシカには一目置いている様が嬉しい。アニメの筋からは離れ、土鬼諸侯国とトルメキアの両軍の戦闘に巻き込まれたナウシカの葛藤が見て取れる。トリ馬カイの最期は悲しかった。本書の定価を見ると消費税3%時代のもの。残念ながらページのあちこちに黄ばみも出てしまっている。しかし宮崎監督独特のタッチで描きこまれた物語は色褪せない。

  • 戦場を駆けるナウシカ。

    ナウシカは英雄になるのかもしれない。
    でもそれはナウシカの幸せじゃなくて。
    ただ目をそらせない人なんだ。

    クシャナさんもきっとそう。
    ナウシカの援護に駆けつけた装甲兵も。
    見るか見ないか、考えるか考えないか、感じるか感じないか。
    見える人には見えない人のことが分からない。
    見えない人には見える人がいることが分からない。
    きっとずっと分かり合えない。

  • 言ってみれば膠着の巻だが。
    ナウシカの気高さに、ドルクも、トルメキアも、カイも、身を捧げんと欲する。
    ここで森の人というものが。

  • ユパを助けたアスベルとケチャ。ユパから昔は王蟲以外に生命の源をあやつり欲するままに作り替えた術のことを聞いたアスベルは巨神兵もそのように作られたのかと骨格を掘り出した時のことを話す。一方ナウシカを伴うクシャナは腐海にのまれそうな村へ降りる。密閉して火を炊いた寺院で子供を拾うナウシカ。井戸には臭気に乗って迷い込んだウシアブ。兵士2人を逃がしウシアブに捕まったものの、王蟲の血を浴びた服によりウシアブが鎮静。土鬼の浮砲台の連隊を追従して蟲まで死んでいる飛び地の腐海へ。

    ユパ達の船は土鬼の追手に攻撃されて腐海へ落ちる。死んだか確かめにきた土鬼は森の人に会い撤退。腐海で暮らす森の人は3人を助ける。皇弟ミラルパは僧正の心を読めず帰還して薬液の沐浴。反逆者の汚名をきせられたクシャナの部下第三軍の元にクシャナが生還。非戦闘員の捕虜の解放を条件にクシャナと共に戦うナウシカ。劣勢の折1人で土鬼の馬を食い止めクシャナ軍は城に帰還したがナウシカ援護の騎士4人のカイは…。

  • 次次

  • 森の人登場。
    ドルクが腐海を広げることで戦争に勝とうとしていることが判明。

  • #2430-191

全106件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

アニメーション映画監督。1941年東京都生まれ。学習院大学政治経済学部卒業後、東映動画(現・東映アニメーション)入社。「ルパン三世 カリオストロの城」(1979)で劇場作品を初監督。1984年には「風の谷のナウシカ」を発表。1985年にスタジオジブリの設立に参加。「天空の城ラピュタ」(1986)、「となりのトトロ」(1988)、「魔女の宅急便」(1989)、「紅の豚」(1992)、「もののけ姫」(1997)、「千と千尋の神隠し」(2001)、「ハウルの動く城」(2004)、「崖の上のポニョ」(2008)、「風立ちぬ」(2013)を監督。現在は新作長編「君たちはどう生きるか」を制作中。著書に『シュナの旅』『出発点』『虫眼とアニ眼』(養老孟司氏との対談集)(以上、徳間書店)、『折り返し点』『トトロの住む家増補改訂版』『本へのとびら』(以上、岩波書店)『半藤一利と宮崎駿の腰ぬけ愛国談義』(文春ジブリ文庫)などがある。

「2021年 『小説 となりのトトロ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮崎駿の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×